人気ブログランキング |

久々に中身をアップグレード

パソコンと言うヤツは、
MS-DOS時代に比べて格段に進化したものの、
某MS社の陰謀で、どんどんスペックのアップグレードが求められます。
Vistaについては某社の営業からもあまりいい評価を聞かないし、
XPに必要なスペックの3倍くらいの性能が必要になるようなので、今のところ様子見。
しかし、市販のソフトの方は徐々にVista対応のものが増えており、
アップデートをしようと思うと、「推奨メモリ:1GB」などと平気で書いてあるし・・・

現在店のメインとして使ってるSOTEC製のPCを買ったのが2005年。
当時、メモリは512MBもあれば充分でしたが、
ソフトのアップデートやら追加やらしていたら、なんだか動きが鈍くなって来ました。
グラフィックソフトを使ってると、フリーズすることもしばしば。
でも、メーカー製のPCってヘタに中身をいじると動かなくなることもあるから、
あえて構うのをやめていたんですが(何度も憂き目に遭ってるので)、
さすがにメモリくらいは増設しないと・・・と、重い腰を上げることにしました。

3年も前のになると、すでにマニュアルがどこにあるかわからず(^_^;)
でも、フタ開けて中身を見るのも面倒だなぁ・・・と思っていたら、
とても便利なソフトを教えてもらいました。
その名も「CPU-Z」
マニア?には結構メジャーなユーティリティソフトらしいです。

PCのスペックを書き出すソフトは他にも色々あるのですが、
コレのすごいところは、メモリのメーカーや型番、キャスレイテンシィまで表示されるところ。
今までもメモリが合わなくて動作しないことが結構ありましたが、
コレなら、ネットでオーダーするときでも安心してできます。

ソフトをダウンロードして解凍し、exeファイルをクリックすると、すぐに計測してくれます。

私のPCのCPUの性能。
f0007926_15203632.jpg


そしてこちらがメモリ。
f0007926_15215137.jpg

エッ、ヒュンダイ製??

また、別のソフトですが、こちらの「PCView」というソフトは、
CPUの情報だけでなく、ネットワークの情報や、
インストールされてるアプリの情報も出してくれます。

パソコンをアップグレードする時や、
トラブルを解決する時には、知っておかなければならないPC情報。
便利なソフトたちではありますが、
ネットワークを通して外から侵入されたら、あっという間に情報バレバレ、
ってのもわかる気がしますなぁ・・・(^_^;)
by nasuka99 | 2008-01-15 15:29 | PC