人気ブログランキング |

むしとり

またしても双子っちが実家にお泊りだったので、
さきほど、仕事の前にちょいと虫捕りに連れて行ってやりました。

近所の公園。
街中なのでカブトやクワガタなどの大物はいませんが、
セミ、蝶、トンボ、コガネムシくらいなら捕虫可能です(笑)
f0007926_947127.jpg


子どもの頃は、虫捕りって結構難しいと思っていたんですが、
大人になると割と簡単に捕れるもんですね(笑)
「こっそり近づいて、一気に網をかける」というワザが出来るようになったのと、
(子どもの頃は、気が焦ってしまってコレができない)
あとはやっぱり、背の高さの違いでしょうな。

f0007926_9503522.jpg

アブラゼミです。
多い場合は、3~5匹群がるようにとまっています。
この後、コイツをゲットしたんですが、姪っ子がうっかり逃がしてしまった!(笑)
いずれにしても、捕まえてちょっと虫かごに入れて満足したら、
すぐに逃がしてやるんですけどね。

セミは我々の餌食ですが、我々は蚊の餌食になってしまいました・・・

ところで、
今年はクマゼミが光ファイバーを突き破って産卵し、
ネットが使えなくなるというトラブルが起きてるらしいですね。
どうして光ファイバーが好きなのかよくわかりませんが、
セミにしか見えない誘惑の光でも出てるんでしょうか・・・

先日、NHKの「ダーウィンが来た」という番組で、
アメリカのシカゴの住宅街に、17年に一度現れる「17年ゼミ」の特集をしていました。
このセミ、きっちり17年ごとに現れるので、街ではパレードまでして迎えるそうです(笑)
セミの幼虫の大群が家の庭を歩くさまは、
さながらゴキブリの群れ・・・すっごくキモかった(^_^;)
それが木に登って羽化し、一斉に鳴き始めるんですが、
その声といったら飛行機の爆音ぐらいの大きさで、
家の中にいても、とても電話さえかけれない状態らしい。
日本人が風流と感じるセミの鳴き声を、アメリカ人は騒音と感じるって言うのは、
こういう現状から起こってることなんですなぁ・・・

更にアメリカ人、
このセミを捕まえて、チョコレートコーティングして食べてました~ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー
滋養はあるんでしょうが、わたしにゃ食えません(^_^;)
興味がある人は、リンク先の取材ウラ日記をご覧下さい。キモイですよ(笑)