トリックアート

メモです(笑)

昨夜、BSハイビジョンで放映の「迷宮美術館」で、「アート驚く絵画展」として、トリックアートの特集を放映しました。

中でも、東京芸大教授の木津文哉さんという方の絵がすごくよくって、
思わず欲しい!!と思ってしまったので、ココにメモ(笑)

木津さんのアートは、簡単に言えば「立体画」です。
キャンバスに描かれたものなのに、まるでその中に入っていけそうな絵。
独自の絵の具を使って、板は板に、金属は金属に、
ホンモノのように描くのです。
作業も細かくてすごいなぁ・・・と思うけど、その出来上がりたるや、
ノスタルジックで可愛らしくて不思議で、なんとも言えません。

それが平面に描かれているということを私は認識してるんですが、
私の脳ミソは立体にしか見てくれないんです(笑)
1/f揺らぎじゃないですが、
こういうちょっとした裏切りを感じることは、脳にとってはすごく刺激になるらしい。

木津さんの作品はこちらでも見れますが、
ちょっと作品が古そうなので、是非、「迷宮美術館」で見て欲しい!

10月8日(今夜)午後11時より、NHKBS2で放映されます。
[PR]
by nasuka99 | 2006-10-08 10:22 | curiosity