でも、これってやっぱり┐( -"-)┌ だよね・・・

うちは、某オレンジ系の○日新聞と、地方紙を一部購読しています。
先日、何気なく、地方紙の1面下のコラム(天声人語みたいなやつ)を読んでいて、
目が・になってしまったのですが・・・

それは、「蛍の光」について書かれたコラムでした。
かいつまんで書きますと、

・「蛍の光」に歌詞について、目からウロコの思いをしている
・なぜかというと、「あけてぞけさは」の意味の誤解が解けた
・小学校で歌詞を覚えて以来、
  「あけて」
  「ぞけさ」
の二つの意味がつながらなかったが、
  「あけてぞ」「けさは」
だということが判明してすっきりした
・係り結びというのは、まさに「雅の修辞」である(結論)

ということだったのですが、このコラム読んだとき一瞬絶句。
私も、小学校のときにこの歌詞は知っていましたが、中学の時にはすでに、
「あけてぞ けさは・・・」の「ぞ」は、強調するときに使う助詞みたいなものだ、
という認識はあったので、フツーに「杉(過ぎ)の戸を開けて、別れる」と思っていたのですが、
ぞけさですかぁ・・・(^_^;)

これは、私が「重いコンダラ」だと思い込んでいた(爆)のに似てると思うんですが、
問題は、このコラムが「1面に書かれていた」ということです。
「読者の広場」とか家庭面の笑えるエピソードとして書かれていたのなら、
私も「ふふ」と笑って済ませますが、一応「天声人語」と同じ位置づけのものだし、
それを執筆すると言うことは、やはり文筆を生業とする人でしょう。
それが、今の今までぞけさじゃあなぁ・・・
面白くもないし、「目からウロコ」なんて感心も出来ないし。

コラムの内容も、場所に応じて選ばないとねぇ・・・
なんとなく、この新聞の品位を疑ってしまいました(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2006-10-07 16:59 | weird