JR境線ウォーク~~ゲゲゲの看板ふぉ徒・part1

f0007926_13113149.jpg

午後からの降水確率が高かったので、
自転車はやめておいて、ウォーキングに出かけることにしました。
懸案だった「JR境線・ゲゲゲの看板ウォーク」です(笑)
JR境線の各駅には、
正式な駅名のほかに、妖怪に因んだ愛称がついてるんです。
水木しげる先生画の立派な看板も立ってます。
その駅名看板を撮りながら、沿線沿いを歩こう!という趣向です。

最寄の駅から境港駅までJRに乗り、境港から米子方面に向かって歩くことにしました。
JR境線車内。
f0007926_1320611.jpg

この日は「目玉おやじ列車」だったので、
このように、背もたれいっぱいに目玉おやじが描かれています。
天井には鬼太郎の姿も。
f0007926_13205917.jpg

コレを見るだけでも、観光客は大喜びらしいですよ。

列車に揺られて30数分。境港駅到着。
駅の周辺には、観光客が、列車を撮ろうとカメラを持って待ち受けてるので、
なんだか私まで有名人になった気分です(爆)

境港は、もちろん「鬼太郎駅」。
f0007926_1323174.jpg

線路沿いに歩くと、まもなく次の馬場崎町駅。
f0007926_1324328.jpg

ローカル腺の駅は、このように狭くて看板までの距離がないので、
撮るのがなかなか難しいです(^_^;)
f0007926_13252396.jpg

このあともしばらく線路沿いに歩けます。
すぐに次の上道駅。
f0007926_13275037.jpg

ココは反対側から駅を眺めることが出来ました。
トリミングで拡大。
f0007926_13283926.jpg

一反木綿なんですね。
この駅の周辺には、伯州綿の畑が広がっています。
f0007926_13314663.jpg

綿栽培が有名だから、一反木綿駅なのかなぁ~~??

こうやって歩いてみると、一駅の間隔って、案外短いですね。
次は余子駅。
f0007926_13332496.jpg

こなきじじいなんだ~~(笑)
この町には、じ○いが多いとか??(笑)
そういえば、このあたりで「がん封じ地蔵」の案内板を見たなぁ・・・

次は高松町。
f0007926_13353423.jpg

沿線沿いには、結構神社も多いです。
こちらの神社は、敷地のすぐ横が駅。
f0007926_13362278.jpg

神社の境内からすぐに線路につながってるので、なんだか危なっかしいような・・・
境線は、住宅街を分断しているので、
あちこちに遮断機のない踏切があります。
人が横を通ると「踏み切りなので危険です」みたいなアナウンスが流れますが、
それでも、ちょっとコワイですよねぇ・・・
渡るのには勇気が要りそうですが、地元の方は平気で利用しておられます。

次は中浜。
f0007926_13392881.jpg

牛鬼ですね。
この辺りには、牛を飼ってるところが多いとか??(笑)
そろそろ空港が見えてきました。
実は、米子空港も、「米子鬼太郎空港」という愛称がついているんです(笑)

そして米子空港駅。
f0007926_13402339.jpg

この駅は、滑走路が延長された際、道路のルート変更に伴って新設された駅です。
駅舎は木造になっていて、まだ木の新しい香りがしていました。
米子空港とは、横断歩道で連結されています。

と、そこに列車が入ってきました。ねずみ男列車です。
f0007926_13423652.jpg

美人の車掌さんですね~~
カメラを構えてる人も何人かおられましたね~

空港を過ぎると米子市突入。
大篠津駅です。
f0007926_13443794.jpg

砂かけばばあ、ということは・・・ご想像にお任せ(笑)

このあたりでちょうどお昼になったので、本日はココまで。
f0007926_13455226.jpg

今が収穫時のにんじん畑と大山。
次回は、ここ和田浜から米子駅まで歩きますかね~~

境港から12キロくらいでした。
写真つきルートはこちらです。
[PR]
by nasuka99 | 2011-12-07 13:47 | walking