『みんなで畑!』プロジェクト

f0007926_9164031.jpg


退職したら、庭に畑でも作って・・・
なんて話をよく聞くようになりましたが、
人間、歳をとると土への郷愁に駆られるのでしょうか・・・(笑)

歳に関係なく(笑)、
自分の作った作物が育って、しかもそれを食べることが出来る!
というのは、なんとなく楽しいし、おトク感もあるものです。
でも、栽培方法がわからなかったり、
一人で黙々と作業をするのも面白くないないよなぁ・・・
と思う人も多いはず。

街の周りには、高齢化等で耕作を放棄された田畑が点在しています。
「ちょっとだけ畑もやってみたい」「家庭菜園を作ってみたい」
という思いをもった人たちと、休耕地への対策も兼ねて、
米子市の地域福祉ネットがこの度企画したイベント、
「みんなで畑!」プロジェクト。
休耕地を利用した、新しい街づくりの試みです。

農業のプロフェッショナルを講師に招き、
種まきから草むしり、肥料やり、そして収穫までを、
それぞれの時期に合わせたイベントを絡めながらみんなで楽しく作業しよう、
というもの。
出来た野菜を使ってカフェを開催したり、
マルシェで販売することも計画しています。

通年参加もOKですし、イベントごとの単発参加もOK。
4月17日(日)午後1時より、米子市の「笑い庵」で説明会がありますので、
興味のある方は是非話を聞きにお出かけ下さい。

チラシの画像を掲載しておきます。
クリックすると拡大します。

「みんなで畑」チラシ(表)
f0007926_9501390.jpg

「みんなで畑」チラシ(裏)・申込書つき
f0007926_21344958.jpg


笑い庵はこちら

[PR]