人気ブログランキング |

ウソとコドモのココロ

中学1年の甥っ子が、
お昼のニュースで例の中川(元)大臣の泥酔会見を見て大笑いしてました。
この1週間、あの映像が毎日テレビで流され、
オマケに会見後の「防犯ブザー」騒動も暴かれ、
なんだか修学旅行で羽目をはずした学生さんをつるし上げてるような感じで、
気の毒だなぁ・・・と思いつつ、やっぱり笑っちゃいます。
立場が立場だけに仕方ないと思いますが、
この要職、おそらく彼には相当場違いと言うか、重荷だったんでしょうね。
気の弱い大臣だったから、うまく官僚に利用されてハメられたような気がしないでもない・・・

テレビを見てウハウハ笑ってる甥っ子を眺めつつ、
そういえば、私が中学生のときには、「黒いピーナツ」のロッキードがあったなぁ・・・と思い返しました。
テレビのニュースで、今思えば国会議員のような人たちが、
「私は何も知りません。一切記憶にございません」
とやってたのを、大笑いしながら聞いてたような気がします。
その時にあった学習発表会で、創作劇を上演した私たちは、
「一切記憶にございません」をパロディで取り入れて、
全校生徒を爆笑の渦に巻き込みましたもんね。
ということは、当時の中学生たちは、
国会でオトナたちが繰り広げるあの応酬を、失笑に値する茶番だと見抜いてたってことですよね。
覚えてるだろ、フツーーー!!って感じで(笑)

中川氏の件の会見についても、
自民党の人たちは「体調が悪いのなら、無理して会見に出なくても・・・」とか言ってますが、
アレって、誰がみても「体調が悪い」んじゃなくて「酔っ払ってる」だけじゃないですか。
何故そんな見え透いたウソをつくの??って思っちゃいますよね。
今朝も、甘利氏がテレビでインタビューに答えてましたが、
核心の質問に答えるときに、パチパチと瞬きを繰り返すんです。
そういうときって、ウソを言ってることが多いんですよ。
人間、ウソを言うときは、瞬きが増えたり、やたら目がウロウロと右上を見るんです。
嘘をつくための言語は左脳が仕切ってますから、
その左脳が支配する右側に影響が出るんですよね。
まだまだ言語的な発達をしきってない子どもたちは、敏感にそれを感じ取りますから、
オトナのウソなんてすぐに見抜いてしまうんです。
今思えば、私の政治家不信はあのロッキードの「記憶にございません」から始まったんだなぁ、と。

政治家をはじめ、テレビで嘘をつく大人たちは、
うまくやってると思ってるかもしれませんが、子どもにはちゃんとわかってます。
手本とすべきオトナたちが、こんなに簡単に嘘をついて、
そしてその嘘つきが国を動かしてるんだ、などという現実を、
モノがわかるようになってから、マトモに見ることができるでしょうか。
コドモのココロは繊細で、敏感で、まだまだ融通が利かないんですから、
その時期に与えられた印象は、ずっと尾を引きます。

世の中の先頭に立つ人たちは、そこのところも意識して欲しいですね。
将来を担う子どもたちの、柔軟なココロを欺瞞でいっぱいにしないで欲しいものです。
by nasuka99 | 2009-02-22 23:11 | psychology