<   2014年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

f0007926_1642226.jpg

昨日は久々にPMも黄砂もお休みで、
曇ってはいましたが、空気がきれいで大山がよく見えました!
風も穏やかで、逆さ大山巡りにはもってこいでしたね~~♪

尾高の段々畑では、カモ君たちもお仕事中。
農薬も除草剤も最小限に控えた田んぼからとれたお米は、きっとおいしいでしょうねぇ~~

トライアスロンコースを走って本宮の下へ。
f0007926_16474994.jpg

淀江を通過し、大山町に向かいます。
f0007926_16422639.jpg

見る位置によって、山容が変わってくるのが大山の醍醐味。
大山町からは、北壁が望めます。
f0007926_16423287.jpg

この辺りの紫陽花も、満開になるときれいですよ~~
f0007926_16423991.jpg

梅雨時期の楽しみですね♪

天狗の公園付近から見た逆さ大山。
f0007926_1642293.jpg

田植えも終わると、梅雨と、暑い夏が待ち構えてますねぇ~(^_^;)
f0007926_16424384.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2014-05-28 16:55 | bike
NPJで5月21日に配信された
『【速報】大飯原発運転差止請求事件判決要旨全文を掲載します』という記事が、
なんと1.9万「いいね!」を表示している!
こりゃ、もっと伸びるんじゃないかと思ったりしますが、
この数字からも、原発事故と今後の原子力政策に対する人々の関心は高いと推定できます。
もちろん、この判決文には賛否両論あり、
支持する人は、「格調高い文面」「命の大切さを表現している」等々と言い、
(ネットで引くと、支持派はたくさん出てくるのでそちらを参考にどうぞ)
不支持の人は、
「裁判所に地震の危険性を評価できる専門性はない」
「田舎の裁判所が勝手に安全基準を決めるべきではない」
「幼稚な判決で、100%最高裁で覆るだろう」

等々と意見を述べています。

自分の意見や態度を決めるときに、自分が持っている「信念」だけに頼らず、
右と左両方の意見を照らし合わせて判断することが重要だと思いますので、
私は判決文と、それに対する不支持派の意見両方読んでみました。
そしてやっぱり、判決文はスゴイ!という結論に達したわけです。

何故スゴイかというと、
この判決文が、あまりにも「あたりまえ」のことを、ブレずに、貫き通してるからです。

アタリマエその1.
 人格権(個人の生命、身体、精神及び生活に関する利益)は、経済活動に優先する
アタリマエその2.
 原発は、いったん事故を起こすと長期間、大勢の人の人格権を侵す
アタリマエその3.
 「原発には安全性が保たれている」という主張には根拠がない

この3つのアタリマエ事項って、一般国民が一番言いたかったことだと思うんですよね。
そして、私が何より気に入ってる文言は、
『豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、
これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失である』
という一文です。コレ言い切るの、むちゃくちゃカッコイイ。
原発だけでなく、農業や公共事業に関わる政策にも、言ってやって欲しい一言です。

多くの国民、つまり、先般の「国民の貯蓄額1739万円」の平均に達しない7割の人たちは、
この判決文を読んで、
「自分たちのことを顧慮してくれるエライ人が一人はいる!!」
と、希望を持ったのではないでしょうか。
判決文の最後の文章、
『原子力発電所の稼動がCO2排出削減に資するもので環境面で優れている旨主張するが、
原子力発電所でひとたび深刻事故が起こった場合の環境汚染はすさまじいものであって、
福島原発事故は我が国始まって以来最大の公害、環境汚染であることに照らすと、
環境問題を原子力発電所の運転継続の根拠とすることは甚だしい筋違いである。』
というところでは、
「いよっ、大岡越前、名裁き!!」
と声をあげたくなるほどでしたよ(笑)

不支持派は、
原発の安全対策の充実や原子力規制委員会の安全審査基準、
また、巨大地震発生の不確実性を根拠に判決文を批判していますが、
判決文は日本国憲法に則ったものであって、
その憲法の基本は「個人の尊重」ですから、
その個人の尊重が広範囲に侵される可能性がある原発の稼働を排除する、
という裁判所の判断は、きわめて妥当なものだと私は思いました。

巨大地震が起きるという保証はなくても、
「想定を超えた巨大地震が起きて原発が壊れ、甚大な放射能汚染に繋がった」
という事実が、現実的に「原発の安全性」を覆したのですから、
カール・ポパー風に言えば、
「原発は、科学的に考えられた強固な安全対策に守られているから絶対に安全」
という因果律への反証となっていることは間違いないです。
そうであれば、
福島原発の事故原因を徹底的に追及して、
こうすれば「絶対に」安全!という反証を以て、国民を納得させるのがまず筋でしょう。

裁判所が安全基準を決めるなとか、地震の発生率を科学的に証左すべきだとかと反論するのは、
そもそも、この判決文の趣旨からは外れているのではないでしょうか。
更に、↑リンクの石井孝明氏のコラムでは、
「一部の人の人格権を過度に尊重して、社会全体の利益、他人の価値観を尊重しない、
雑駁な議論を裁判所が行ったことに私は驚く。福井地裁の論理を使えば、
自動車や飛行機などの安全性の判定を、その規制法に基づいて、
「危険を感じて人格権を侵害される人のため」として裁判所が行えることになりかねない。」
と批判していますが、
そもそも日本国憲法が主眼を置いてるのは「個人の尊重」であって、
もっといえば、「社会全体の利益」を「個人の利益」より上とみるのは、憲法から外れていると思いますし、
自動車や飛行機を比較対象として持ちだしても、
判決文では、
「大きな自然災害や戦争以外で、
この根源的な権利(人格権)が極めて広汎に奪われるという事態を招く可能性があるのは
原子力発電所の事故のほかは想定し難い」
と明記していますので、反論になっていないんじゃないかと思います。

石井氏の批判の中で言えば「他人の価値観」は「公共の福祉」に当たるかも、と思いますので、
これだけが判決文に物申せると思いますが、
ならば、原発推進、反原発、とグループ分けするのではなく、
国民全体が、どんなエネルギーを求めるのか、どれだけのリスクなら覚悟できるのか、
更には、これからの未来、どんな生活を送りたいのか、
国民の考えとして踏み込んで議論するべきではないでしょうか。

利権が絡む限り(政治家や官僚の多くは利権に左右されるので)、
大企業寄りの政策になることは、今までの経験上間違いないでしょうし、
それを、「社会全体の利益」と断定されても困ります。
確かに、化石燃料を燃やし続けるのは環境上もよくないことですので変えて行かないといけないと思いますし、
でも、だからと言って対案は原発だけですか??ってことにもなります。
例えば、
脱原発がもたらすリスクの一つに、エネルギーの不安定性が入りますが、
多くの国民が「がまんできる」といえば、それでもいいんじゃないかと思います。

まぁ、この判決はエネルギー問題を裁いたものではないので代替エネルギー議論はおいといて。
この機会に、日本国憲法を読み直してみましたが、
結局、憲法というのは、まさに「こころ」の問題なんだなぁ~、と感じました。
科学論文ではないのです。
「一番大切なのは個人の尊重だから、それを達成できるように、考えて行動しなさい」
と言ってるに過ぎないんですよね。
特に、国家権力を戒めてるように感じるんですが、
今、安倍首相がやろうとしている「集団的自衛権」問題は、
まさにこの憲法の曲解ですよね。

言葉というのは曖昧で、確実に何かを表現できるものではないので、
解釈の罠が常に付きまといます。
それにブレーキをかけるのが、人間としての「こころ」の在りようなんでしょう。

原発問題も然りです。
[PR]
by nasuka99 | 2014-05-26 15:49 | think
f0007926_15293458.jpg

またしても朝ポタで逆さ大山の映る田んぼめぐりです。
今回は、長者原から南部町へ。
f0007926_15294547.jpg

道端にはブタナの群落。
この辺りも、水が張られた田んぼがきれいです。

岩屋谷方面に向かう道沿いに見えるのは、芍薬畑でしょうか。
f0007926_15293733.jpg

向こうに見えるのは、南部町の要害山。
f0007926_15294122.jpg

色とりどりのお花が青空と緑の山によく映えています。

農道を下って南部町方面に行くと、サギがお見合いしてる光景に出くわしました(笑)
f0007926_15294918.jpg

赤猪岩神社の近くから広がる三崎の田園地帯では、
まさにこの日が田植えだったようで、早朝から総出で仕事に励んでおられましたよ~~
f0007926_15293058.jpg


日野川土手には、松宵草が満開。
f0007926_15292722.jpg

この花を見ると、何となく梅雨を連想しますね(^_^;)
日野川の逆さ大山もどうぞ!
f0007926_15292332.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2014-05-25 15:39 | bike
めずらしく風のない朝ポタです。
日野川河川事務所のあたりも、全然小波立ってなくて逆さ大山がくっきり。
f0007926_11252681.jpg

ということで、今日のブログは逆さ大山特集その1です(笑)

古豊千の田んぼでも、田植えが始まってました。
f0007926_1125377.jpg

平野部は先週あたりからスタートしたようですが、
今朝もあちこちで田植えをしておられました。
赤井手もすっかり水鏡状態です。
f0007926_11253397.jpg


f0007926_11253021.jpg


シャトー尾高の横を上がって丸山方面へ向かう農道へ。
道路沿いの林の中には、可愛いピンクのタニウツギも咲いてます。
f0007926_1125569.jpg

今朝はこの農道で、上から滑降して来るたくさんのローディーさんとすれ違いました。
グループで走っておられるんでしょうか??
トライアスロンの練習かな~~

集団で走るのも一度やってみたいんですけどね~~
女子ローディーさんって男性に比べると少ないし、
おられてもカップルで走っておられたり、あるいはがっつりトライアスロン系だったり、
なかなか一緒に走れる自転車仲間って見つからないんですよね(^_^;)
オマケに、私はカメラ片手にポタポタ系だし(笑)

下槙原付近の田園です。
f0007926_11255377.jpg

この辺りの棚田もきれいですね~~
開けているので、眺めもいいですよ!
パノラマでどうぞ!(クリックで拡大)
f0007926_11254051.jpg


この後はガーデンプレイスまで。
f0007926_11254986.jpg

ガーデンプレイスでも1人ローディーさんを見かけました。
今日は自転車日和ですね!

オマケ画像。
逆さ自転車!
f0007926_11254674.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2014-05-18 11:36 | bike
f0007926_14422692.jpg

ってことで、今朝はいつもの赤井手方面へ。
山間部ではGWあたりに田植えが始まっていましたが、
平野部はこれからのようですね~~
稲の成長は早いので、
逆さ大山を狙ってるヒトは、早めに出動して下さいね(笑)

今朝はあまり時間がなかったので、どんぐり村まで行ってみました。
f0007926_14423643.jpg

逆さ大山の季節は、ブタナの季節!
f0007926_14423166.jpg

そういえば、
淀江に向かう農道にはタニウツギが咲いていました。
タニウツギと言えば、なんだかツールド大山を連想しますな~~

f0007926_14424045.jpg

センダンの花もそろそろ咲き始めています。
初夏らしくなってきました!
[PR]
by nasuka99 | 2014-05-16 14:47 | bike
f0007926_9112072.jpg

初夏の里山は、田植えを終えた田んぼがキラキラと光っています。
この日のライドも、そんな田んぼのある風景を求めて南部町~溝口方面へ。
f0007926_911951.jpg

カエルの鳴き声もにぎやかな田んぼ。
オタマジャクシもいるでしょうか~~
田んぼの中に足を入れると、ヌルッとしてて生温かいんですよね~~
あの感触、近頃の子どもたちは味わったことあるのかな??

法勝寺土手からループ橋方面へ。
ココも久しぶりだなぁ~~
f0007926_911319.jpg

ほとんど車は通らない道なんですが、その割にトラックが多いので注意です。
ぐるっと回って先に見える橋の上に行くと・・・

おなじみこちらの風景。
f0007926_9112734.jpg

橋を渡ってもうひと登りすると伯耆町に入ります。
下る時には、目の前に大山が見えますよ~~
f0007926_9112376.jpg


下り終えると、そこは二部の集落。
f0007926_911443.jpg

のどかな風景が広がってますねぇ~~
f0007926_911161.jpg


帰りは国道を通って岸本経由で。
ここから眺める大山もいいカタチです。
f0007926_9111638.jpg


帰宅途中、どらドラパーク(米子市民球場)の前を通りかかると、
前の道が通行止めの上、大賑わい。
f0007926_9105761.jpg

おお、そうでした!
この日は、広島VS阪神の公式戦が米子で開催される日だったのです。
なんと4年ぶり。
f0007926_911139.jpg

午後5時前でしたが、
球場には続々ファンが集まっていました!お祭りですね~~
この日は、米子出身の広島のピッチャー、クリアレン君が投げたそうで、
広島も勝ったし、ファンもご機嫌だったでしょうね~~
[PR]
by nasuka99 | 2014-05-15 14:39 | bike
立夏も過ぎて日差しは夏っぽくなってきました。
日中は暑いくらいですが、まだ朝晩や、風は涼しくていいですね~~
沖縄は梅雨に入ったとか・・・
ついこの間正月を迎えたばかりのような気がするのに、
田んぼにはもう苗が植えられる季節になりました。
f0007926_1356329.jpg


昨朝のポタリングは、花回廊から溝口に降りて、岸本経由で帰宅。
水を張った鏡田んぼに、景色が映ってきれいです。
f0007926_13583814.jpg

鯉のぼりも逆さになって泳ぐ。
f0007926_1359260.jpg


お弁当でも広げて、田んぼの畔で頂きたいようなのんびりとした風景。
写真を撮ったりしながらしばらく眺めていると、JRの警報機が鳴りました。
特急だろうか、普通列車だろうか・・・とカメラを構えると・・・

f0007926_1403039.jpg


なんとサンライズ出雲!
タイミングよく、逆さサンライズをゲット!!
ココはなかなかいいポイントですなぁ~~♪
[PR]
by nasuka99 | 2014-05-11 14:01 | bike
4月からは、本職の他に副業のバイトが入ってるので、
本来店休日である火曜日に丸一日休むことが出来ません。
昨日の火曜日はなんと振替休日に当たったので、久々に朝から休みがとれました!
お天気もよさそうだし、こうなるともう走るしかないです!!
何日も前からワクワクして、
あそこにもここにも行きたい!!とどこに行こうか迷ってたのですが、
これだけ晴れれは、もう大山しかない!
f0007926_13593497.jpg

ということで、いつもの赤井手から。
淀江方面に向かうと、ボタンがきれいに咲いていました。
f0007926_1404468.jpg


大山町の田んぼでは、
今年初の逆さ大山をゲット!
f0007926_14202977.jpg

この日は、田植えをしてらっしゃるところが多かったです。
いよいよ早苗シーズンですね!

名和方面まで広域農道で走り、県道277号線でとりあえず香取方面へ。
f0007926_1412077.jpg

名和方面からの登りは、芝畑が広がって、まるでヨーロッパみたいですよ。
f0007926_142883.jpg

周りのお家も、心なしかナンチャッテヨーロッパ風(笑)
この芝畑を過ぎたところに、なんとヘリコプターが泊まっていたので何事かと思ったら、
どうやら、前日に大山で遭難騒ぎがあったようです。

この県道は比較的勾配が緩やかで、香取展望台のすぐ下に着くので走りやすいです。
f0007926_1445739.jpg

お昼前に展望台到着。
こちらで、下で買ってきたおにぎりを補給。
更に上の展望台まで行ってみることにしました。
f0007926_1444891.jpg

香取の登り。直線で勾配が8%くらいかな。
f0007926_1462967.jpg

台風で通行止めになるまでは、ココがツールド大山の最後の登りコースでした。
この直線にくじけて、脚が攣る人が続出したとか。
「香取魔の直登」と呼ばれる所以ですな(笑)

実は、私も2日前の毛無山登山の疲れが癒えておらず、
こりゃ攣るかな~~、とちょっと不安だったので、
展望台まで行って下ろう、と密かに考えておりました。
f0007926_149248.jpg

ところが、展望台に着くとこの景色!
いつも下から眺めているスキー場がすぐそこです。
こりゃやめられませんがな(笑)
というわけで、更に上に行くよん。

川床橋到着。
f0007926_1410590.jpg

新緑がきれいですねぇ~~

スキー場に向かうクネクネ道を登り、ついに大山寺到着!
f0007926_14142446.jpg

よく晴れていて気持ちいいですな~~
しかし、強風の上、風が冷たい。
登る時は追い風でよかったんですが・・・

GW最終日とあって、大山寺も賑わっていました。
f0007926_14153344.jpg


帰りは、みるくの里経由で下ります。
f0007926_14164186.jpg

放牧場には沢山の牛が~~!!
なんと牧歌的な風景!
f0007926_14171341.jpg

多くの観光客が路肩に車を泊めて、撮影にいそしんでおられました。
f0007926_14174622.jpg

みるくの里もすごい人だったので、今回ソフトクリームはパス(^_^;)
夏山シーズンはこれからなので、また登りに来たいですね~~

ルートはこちら。


[PR]
by nasuka99 | 2014-05-07 14:21 | bike
先日出かけた毛無山カタクリ登山のコースマップを、Everytrailにアップしました。
写真もくっつけてありますので、
興味のある方、これから登山を考えてらっしゃる方は参考にどうぞ!

毛無山カタクリ登山

私は、鳥取県側から登りました。
登山口へは、伯備線、武庫駅の踏切を越えた県道から向かいます。
俣野川ダムを過ぎ、
木造の校舎が美しい俣野小学校の前を過ぎると、
「毛無山登山口」の標識が見えてきます。そこから更に5キロ進んで、
コンクリートの巨大なタンクのある広場まで上がり、そこに車を泊めて出発。
トイレはないので、どこかで済ませてから登ってくださいね~~

f0007926_1349560.jpg


登山道の幅は狭く、尾根歩きなので、
急登と平坦を何度か繰り返す、という感じです。
4合目に、ウド山の山頂と、展望台があります。ここからの眺めもすばらしい。

5合目を過ぎた辺りからカタクリが咲き始めます。
f0007926_13505942.jpg

8合目がカタクリ広場になってますが、
ココを過ぎると、山頂が目の前に見えてきます。
f0007926_13503767.jpg


岡山県(新庄村)側からの登山口もあり、
こちらから来られる方の方が多かったですね~~
岡山県側の登山口にはビジターセンターもあり、休憩施設やトイレもあるので便利そうです。
それに、岡山側から上がってきた方が、白馬山を周る周回コースで歩けます。
次に行くときは、ちょっと遠出でも、岡山側から上がった方がよさそうですね~~
[PR]
by nasuka99 | 2014-05-07 13:54 | trekking
岡山県との県境にある毛無山に登ってきました。
標高1200メートルちょっとで、
鳥取県側の登山口から山頂までは2キロくらい。
急登と尾根歩きの繰り返しでアップダウンが多いですが、
片道1時間ほどで登れるお手軽な山です。
眺望もいいし、なかなかいい山ですよ。

f0007926_16345861.jpg

(クリックで拡大します)

5合目を越えた辺りから、
登山道沿いがカタクリで彩られます。
f0007926_1634416.jpg

8合目付近には「カタクリ広場」なる群落も!
f0007926_16344550.jpg


山頂は、岡山側からの登山客も含めて、結構な賑わいでした。
ほぼ360度の眺望が開けますが、
山頂そのものはとっても狭いので大混雑(笑)
なんと、空には環水平アークなるものも出てました!
f0007926_16345486.jpg

なんか得した気分♪
この現象、今日はあちこちで報告されたようですよ。
(Yahooの見出しにも載ってたし)

新緑に染まる大山南壁。
f0007926_16345053.jpg

毛無山からは三平山まで縦走できるようです。
是非チャレンジしてみたいですね~~

詳細はまた次回ということで!
[PR]
by nasuka99 | 2014-05-04 16:39 | trekking