<   2012年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今日もいいお天気。
どうも週末は雨のようだし、店のイベントも始まって忙しくなるので、
今月の朝ポタは今日がラストチャンスかも。

ということで、いつもの日野川沿いです。
f0007926_15812.jpg

今日も雲海が出てますね~~
ローカル紙でも、明地峠の雲海の特集をしてたので、
今の時期が見頃なんですかね~~

岸本の伯耆橋から日野川の西側を通る林道は、
昨年の台風による崖崩れでしばらく通行止めになってたんですが、
今朝偵察してみたら、通れるようになっていました。
ここが走れると、溝口までが楽になりますね~
f0007926_1524567.jpg

岸本と溝口の境界辺り。
f0007926_15244030.jpg

セイタカアワダチソウも満開。

林道を抜けてからいったん下って、更に日野川沿いを南下。
途中の神社には、立派なイチョウの木があるので、紅葉したらまた来なくては。
国道181とぶつかったところで横切って、上細見地区へ。
f0007926_15284363.jpg

人と自転車くらいしか通れないようになってる踏切がありました。
なんかカワイイですね(笑)
ちょうどやくももやって来ました。
f0007926_15293072.jpg


ここから折り返して米子方面に向かいます。
f0007926_1530568.jpg

のどかな田園風景が広がる上細見地区です。
柿の木もたくさんありました!
f0007926_1530468.jpg


久古付近から県道に入り、マイ坂の一つであるガーデンプレイスを目指します。
f0007926_15324326.jpg

スポーツ公園の生垣も紅葉してます。
今週末から、大山も紅葉見物で、たくさんの人出があるでしょうね~~
[PR]
by nasuka99 | 2012-10-26 15:34 | bike
f0007926_1343766.jpg

今朝は、深まる秋の1シーン、
里山の柿の木を求めてのポタリングです。
f0007926_13441273.jpg

どこに行っても柿木がありますね~~
植木代わりに庭に植えてらっしゃるお宅も多いですよね。
f0007926_13455237.jpg

平べったい富有柿はそのまま食べられるらしいですが、
細長い渋柿は、ドライアイスやお湯で渋抜きしてから食べるといいようです。
柿が生ってるからといってそのまま採ってかぶりつくと「渋っっ!」みたいな。
あの、柿の渋さといったら、しばらく舌が伸ばせない感じ(笑)
f0007926_1352669.jpg


そういえば、昨日だったかNHKでフルーツを使ったBBQを紹介してて、
柿やらイチジクやらリンゴやら、
皆網の上で焼いて食べていました。
オリーブオイルを塗って焼くんだと。
イチジクやリンゴはコンポートにして食べることがありますが、
柿って焼いたらどうなるの??
f0007926_13555679.jpg


ススキの穂綿がふわふわと朝陽に輝いています。
f0007926_13565427.jpg

こんな風景の中は、ミニベロでゆったりとポタりたいですね~~
f0007926_13583260.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2012-10-21 13:58 | bike
f0007926_1616477.jpg


先日、自転車仲間とポタ会をしたときに、ちょっと出た話題です。
自転車好きな人、特にロードバイクに乗る人は、
よく「M」だ(笑)と揶揄されるように、なんだか坂が好き。
分岐点で、登りと下りに別れていたら、
必ずと言っていいほど登りを選んでしまう・・・(笑)

交通量の多い幹線道路を避けると、必然的に坂道になる、という理由もあります。
いわゆる農免道路とか広域農道って、例外なくアップダウンが多いですからね~~
日本の国土は、その70%を山林が占めるわけですから、
登坂を避けることはほとんど出来ませんしね。

世の中には、1日に何本も峠を攻める坂バカと呼ばれるサイクリストもいらっしゃるようですが、
もちろん、私はそこまで行っていません。
行きがかり上「仕方なく」登るわけですが、
やっぱり、登るんだったら楽に登りたいですから、
日頃から坂を登って練習しよう、ということになるわけです。

というような理由で、
自転車乗り(特にローディー)の皆さんは、
どうも、「マイ坂」と呼ばれる、練習用の坂を持っておられるという話です。
有名どころでは、関東地方のヤビツ峠なんてのがありますが、
そこをどのくらいの時間で登れるかが、自分の登坂能力の指標となるらしい。

そんな話をしたところ、
そうだ、私の「マイ坂」はどこなんだろう??と考えてみました。

よく登るのは、
シャトー尾高または植田写真美術館経由でガーデンプレイス(距離5km、平均勾配4.5%くらい)
こしきが丘経由花回廊(4km、4%ちょっとくらい)
中国自然歩道で赤松~明間(5km、7%くらい)
わざわざ坂だけ登りに行くんだったら、淀江の壷瓶山(1km、9%くらい)

ってとこですかね。

f0007926_16445327.jpg

「ポタ会するよ~」と声をかけたら集まった自転車たち。
ミニベロに折りたたみにMTBにロード・・・となんだかバラバラ(^_^;)
登り坂は、トルクの軽い小径車が楽な気がしますよね。
MTBやクロスのギヤ比だと、結構な勾配の坂も割と軽く登れます(速くはないですが)。
ロードを買うまでは、ロードだったらすごく坂が楽に登れるような気がしてたけど、
それは錯覚でした(笑)
エンジン次第ってことですよね~~(^_^;)

皆さまの「マイ坂」はどこでしょう??
いい坂があったら、是非ご紹介下さい(多分行かないけど(爆)
[PR]
by nasuka99 | 2012-10-19 16:52 | bike
f0007926_11222222.jpg

今朝もいいお天気だったので、日野川~法勝寺川サイクルラインへ。
f0007926_1123561.jpg

遮るもののない川の土手は、開放感があって気持ちがいいですね~~

南部町の特産物の一つが「柿」。
f0007926_11244926.jpg

柿畑はオレンジ色の水玉で彩られています。
今日は柿を買って帰ろう!!(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2012-10-19 11:25 | bike
・・・って、今年の神在月である旧暦10月11日~は、11月23日かららしいですから、
まだ一月以上も早いんですがf(^^;)
11月に入ると、ぐっと日の入りが早くなって、ロングライドが苦しくなりますからね~~

というわけで、新暦だけど行って来ました。
本日の目的地は、神さまがまず最初に集う地、佐太神社です。

島根半島から向かおうかと思いましたが、スタート地点の都合上、9号線側から。
先般玉造に行ったときの農道を逆に辿ります。
米子から伯太町に抜けて白鳥ロードを西へ。
途中の飯梨川です。
京羅木山までくっきり見える、サイコーのお天気。
f0007926_1153639.jpg

起伏のない、比較的まっすぐな道なのでスピードも乗り易いんですが、
にしても、時速28キロくらいで巡航できてる・・・???
何故??速くなったのか、私???
・・・と思いきや、追い風のおかげでした(笑)
脚は回すだけでスイスイと、魔法の絨毯です。
でも・・・行きにこれだけ楽な追い風だと、帰りはさぞ・・・(ーー;)

まぁ、帰りのことはあまり考えないようにして(笑)、スピード感を楽しみつつ走ります。
荒島の王陵の丘後ろに、新しい道ができてるんですが、
これがまた、広い上に車なんて全く通らないすばらしい?自転車専用道(笑)
f0007926_11584619.jpg

おまけにこの景色ですよ。是非走ってみてください!
揖屋までは、この道を走ると1時間かかりません(追い風の時はね)。

揖屋からは旧道を通って山陰本線の北側に出ます。
いつもながら、どうやって参拝するのか不思議な大橋川の中にある手間天神。
f0007926_126274.jpg

相変わらず主のようなアオサギくんもいらっしゃいました。
川面がかなりあわ立ってるので、結構な東風が吹いてるようです・・・(^_^;)

この神社のすぐ西側には、矢田の渡しがあります。
f0007926_128733.jpg

どうせ向こう側に渡らないといけないので、乗ってみようかな~、と思ったんですが、
あいにく時間が決まっていて、ほぼ通勤の時間くらいしか運行していないようです。
f0007926_129633.jpg

これを使うと、更に旅情に浸れるかも(笑)

スイスイと松江市内突入。
f0007926_12959100.jpg

見慣れた街なのに、自分の脚で漕いでくるとなんだか新鮮です(笑)
f0007926_12103667.jpg

すっかりおのぼりさんになった気分で観光をば。
f0007926_12111377.jpg

お堀には亀の軍団も。
f0007926_12113662.jpg

いいポイントが見つからず、天守閣はちょびっとだけ。
f0007926_1212768.jpg

狭くて、歩行者さえ通行が困難だった塩見縄手も道幅が広がり、
なんと自転車レーンまで出来てました。
f0007926_1213185.jpg

と言っても、申し訳程度ですが(笑)、でも、あるのとないのとでは安心感が違いますね~~

松江市街を抜けて長閑な田舎道を爆走し、佐太神社到着。
f0007926_1214295.jpg

だぁれもいません(^_^;)
やっぱり、来月もう一回来るべきか・・・(笑)
f0007926_1215611.jpg

でも、せっかく来たんだからということでお賽銭を100円も大盤振る舞いして、
しっかり拝んで帰りました。

復路は、島根半島側を走ります。
f0007926_12163736.jpg

佐太神社がある鹿島町は、いわゆる原発のある町です。
田畑の広がるのどかな里山ですが、一山越えると島根原発。
山々に突き刺さった送電線の鉄塔の群れが痛々しい・・・(^_^;)
でも道はいい(爆)

舗装の行き届いた農道を東に向かい(向かい風がきつかった!)、
中海側に抜ける途中に「北山農免道路」という案内板を見つけたのでそちらを走ることにしました。
f0007926_12274042.jpg

嵩山(だけさん)が見えますね~~

程よいところで国道431方面へ。
おっと、先日托鉢にやって来られたお坊さんのお寺ですね。
f0007926_12295761.jpg

お寺は実在します(笑)
枕木山への標識。
f0007926_12302886.jpg

ここから、7キロに及ぶ激坂が始まるんですね。
もちろん、私は行きません(笑)

中海を挟んで、江島大橋、大山、大根島が見えます(クリックで拡大します)
f0007926_1232493.jpg

もうちょっと見通しがよければ大山がくっきりなんですが。

なかなか旅情に溢れたいい一日でした。
ルート図はこちら。

何気に中海一周(笑)
LSD向きのいいコースです。
チャレンジャーな人は、行きか帰りに島根半島の日本海側を走るといいかも。
[PR]
by nasuka99 | 2012-10-17 12:34 | bike
f0007926_14452533.jpg

先週の淀江町に続き、
今日の朝ポタでは大山町宮内地区のコスモスロードを目指しました。
稲刈り後の田んぼの中にはサイレージ用の草でしょうか・・・
ゴロゴロと転がっています。
上に乗って歩いたら面白そう・・・

いったんガーデンプレイスまで登り、
あけまの森を横切って大山町方面へ向かいましたが、
なんと行く手には雨が降っていたようで、路面はビショビショ。
思わず途中で引き返そうと思いましたが、
いつもの位置エネルギー貧乏性が出てそのまま下りまで頑張ることに(笑)

宮内地区に着く頃には、太陽も顔を出し、路面も乾いていました。よかった~~♪
f0007926_14534110.jpg


ここからコスモスロードです。
f0007926_14542521.jpg

いつもながら、この地区のコスモスはよく手入れされていますね~~
f0007926_14565718.jpg

大山が見えないのが残念!
f0007926_1456020.jpg

今朝はあいにく見通しが悪かったですが、
お天気がいいと、すっきり海まで見渡せます。
コスモスと風車のコラボもいいですね~~

f0007926_14573810.jpg

色とりどりのコスモス。
f0007926_14581133.jpg

道路沿いに2キロ近くコスモスが植えてあります。
手入れや管理も大変でしょうね。
f0007926_1511252.jpg

途中、通りかかった地区の方の話だと、
先週の土曜日が一番よかった、とおっしゃってました。
コスモスの見頃もそろそろ終盤でしょうか。
f0007926_1542059.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2012-10-15 15:04 | bike
f0007926_13181428.jpg


割と早い時間でした。
ちょうど洗濯物を干していたとき、玄関のチャイムが鳴る。
このくらいの時間だと、
おそらく町内の回覧板かクロネコヤマトか・・・
はぁい~、と返事をしつつ玄関に向かうと、
非日常的な出来事に色めきたったネコ3兄弟がわらわらと着いて来ます。
これでは玄関を開けられないので、戸を閉めたまま「どちらさまですか」と尋ねると、
どうやら、ご近所の方でも宅配便でもないような、落ち着いた男性の声が返ってきました。

「私、枕木山にある華蔵寺の住職ですが、
檀家がないもので、改築に当たっての費用を托鉢しております。
皆さまの浄財をお願いしております」

というようなことを言われました。
華蔵寺なら私も知っています。
行ったことはないですが、結構激立派な?坂があるので、自転車乗りはトレーニングにも使うようです。
しかし、日々電話やら訪問やらの迷惑営業に慣らされてるワタクシの頭をよぎったのは、
「托鉢??新手の詐欺なんじゃ??」
というバチアタリな疑問(爆)

まぁ、それでもウチのカワイイ甥姪はお寺の子どもたちですから、
一瞬、彼らの行く末が見えた気がして無碍にも出来ず、
情けは人のためならず、ということで、小銭を握り締めて裏口から出てみました。

玄関に回ると、確かにお袈裟を着て笠を被った僧侶姿の人が立っておられます。
でも、お坊さんの衣装なんてネットでも買えるので(笑)、
衣を着てるからと言って僧侶とは限りません。
ここで、ホンモノの托鉢僧かどうかを見分ける方法の一つ、「足元」にチェックを入れてみました。

ホンモノの修行僧は、夏だろうが冬だろうが、素足に草鞋履きのはずです。
コレに対してニセモノは、白足袋を履くことが多いそうです。
このお坊さんは、しっかり素足。
まぁ、それだけでホンモノかどうか決定的に判断は出来ないんですが、
とりあえず「少ないですが・・・」と言いつつ差し出された絡子の上に小銭を喜捨して合掌。
この後も、あちこち托鉢に回られるんでしょうか・・・

しかし、托鉢僧も疑いの目で見てしまうご時勢、
なんだか情けないような・・・(^_^;)
[PR]
f0007926_11105044.jpg

この時期、景色の中で一番目立つのはコスモス、
香りなら金木犀、という感じでしょうか(笑)

そろそろ淀江町のコスモスロードも見頃だろうということで、
今朝の朝ポタでお花見してきました。
予想通り満開。
f0007926_1113723.jpg

多少つぼみがありますが、そろそろ散ってるのもあるので、
この週末くらいが一番なのではないでしょうか。
f0007926_1114712.jpg

コスモスも外来種と言うことで、駆除対象になってるようですが、
里山の風景にはすっかりなじんでいますよね。
f0007926_11182329.jpg

お天気のいい秋の日は、
こんな田舎道をどこまでもゆっくり走って行きたい気分ですね~~
[PR]
by nasuka99 | 2012-10-11 11:19 | bike
f0007926_15114466.jpg

春に引き続き、秋の大山も一周してみようキャンペーンということで、
昨日走ってきました!

春に走った時は、自宅から自走してヘロヘロになったので、
今回は大山寺まで車で上がって、正規のルートを走ろうという計画。
博労座の駐車場は、週末のバーガーフェスタの後片付けで使えなかったので、
南光河原のパーキングからスタートです。

平野部はお天気だったんですが、山方面は雲が出てきました。
f0007926_15185190.jpg

う~ん・・・すっきり秋晴れの大山を期待してたんですが、
なかなかうまいこといきませんね。
f0007926_15213871.jpg

大山寺から溝口ICに向けてのダウンヒル(この下りはコワイですねぇ~~)では、
指先がしびれるほど寒く感じられる気温。
サイクリングにはちょうどいい気候で、身体はずいぶん楽。
苦手な御机までの登りも結構スイスイ。
途中で見つけたマムシグサです。
f0007926_1526910.jpg

道路沿いには秋の花が一杯咲いていて、
それだけでも癒される気分です。

おなじみ御机の作業小屋到着!
f0007926_15274322.jpg

ここから鏡ヶ成まで九十九折の登りですが、
こちらも前回よりずいぶん楽に上がれました。
やっぱり、涼しいのはいいですねぇ~~
f0007926_1529227.jpg

烏ヶ山も、偶然雲が切れててスッキリと。
この辺りは、ナナカマド系がすでに紅葉してる模様。

鏡ヶ成から新小屋峠を越えると倉吉市に入ります。
前回通った時も気になったこの看板・・・
f0007926_15373744.jpg

こんなオソロシイ姿に描かれてるクマがなんだか気の毒(^_^;)
私たちはバッチリ熊対策の鈴を着けてツーリングしました!

峠からの下りでも、絶景が広がります。
f0007926_15393094.jpg

湯梨浜町の風車もバッチリ!!日本海がひろ~~い!

下りの途中でランチタイム。
今回も、いつもの「いわなや」さんで。
f0007926_15403460.jpg

ここのニジマス定食1600円也は、ホントに新鮮でおいしい。
汗で塩分を失った体には、アラ汁がサイコーでした。

ここからも、まだまだ下りが続きます。
途中の一向平展望駐車場から。
f0007926_1542237.jpg

下り終えて谷を越えると、反対側の山に向けてのヒルクライムが始まります。
ツール・ド・大山の案内ペイントには、
「船上山まで13キロ」と描いてありました。親切だ!

そして船上山到着。
f0007926_15442116.jpg

この日は、屏風岩もくっきりと見えてましたねぇ~~
f0007926_1544524.jpg

個人的には、この絶景を眺めるルートが結構お気に入りです。
船上山は、ススキでも有名ですよね。
f0007926_15455497.jpg

まだちょっと早いでしょうか。
時期になると、ススキの海になるようです。

船上山を越えるとすぐに大山町に入ります。
ここまで来ると、帰ってきたなぁ~という感じ。
一息坂峠までの登り。
f0007926_16481420.jpg

眺めはいいけど、疲れた体にはちょっとキツイ(^_^;)
f0007926_16484141.jpg

北壁をバックにススキが揺れる・・・秋ですなぁ・・・

一息坂峠からは隠岐島もバッチリ見えました!(クリックで拡大します)
f0007926_16492734.jpg

この日は本当に海側の展望がよくて、隠岐も丸見え!
建物まで見えそうなほど空気が澄んでました。

さて、一息坂を越えたらいよいよ香取の激坂です。
とはいえ、大山直登よりもかなり楽なんですが。
昨年の台風で橋が通れなくなってから初めての登坂。
f0007926_16513154.jpg

こちらが、土砂崩れで橋が流されたという川床です。
舗装もし直されて、きれいな赤い橋が架かっていました。
f0007926_16522558.jpg

近辺では復旧工事がまだ続いています。
本当にお疲れさまです。

おかげで、私たちは香取からの気持ちのいい森の登坂を楽しむことができるようになりました。
上の原スキー場に着く頃は、そろそろ夕暮れ時。
f0007926_1654285.jpg

大山一周約80キロですが、
速い人は、3時間かからずに走られるようです。
ヘタレなワタクシは、たっぷり5時間かかります(^_^;)

南光河原駐車場までは、坂を避けて大山寺の参道を通りました。
このたびは、足湯にも湯気が立ってましたよ(笑)
f0007926_16554154.jpg

この参道は石畳になってるので、
パヴェ気分を味わいたいヒトにはおススメです(笑)

こちらがルート図。

ほんっとに上りか下りしかありませんよ~~(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2012-10-10 16:57 | bike
f0007926_10315555.jpg

久々の朝ポタです。
例によって日野川土手方面に向かったら、
山の向こうに雲海が漂っていました。
f0007926_10334540.jpg

方向的には南部町??
どこの山でしょうかね~~
場所がわかれば行ってみたい気も・・・

赤井出の親水公園で彼岸花でも・・・と思ったんですが、
この辺りではもう終わり。
近くの中学生が朝錬中。
f0007926_10412921.jpg

淀江町までコスモスでも見に行くかなぁ・・・
と思ったところで、なんとまさかのカメラ電池切れ!!!
これだからサードパーティーは・・・(ーー;)

すっかり写欲を失ってしまったので、
トレーニングモードに切り替えて、ガーデンプレイスまで登ることにしました。
背中には、重たいだけの無用の長物と化してしまったカメラ(笑)
いいトレーニングになるかも(^_^;)

というわけで、ここからはケータイカメラです。
f0007926_10514546.jpg

今朝はよく晴れていて、大山もくっきりと見えてました。
振り返ると米子市内。
f0007926_10524616.jpg

こちらもきれいに見えてます。

台風と言う不確定要素はあるものの、ここしばらくは秋晴れのいいお天気が続くようです。
今のうちに、自転車を満喫しなくては・・・!
[PR]
by nasuka99 | 2012-10-05 11:29 | bike