「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

先般大山一周ライドをしたときに、
御机で休憩して、ヒルクライムに向けて一応補給はしたんです。
ところが、九十九折の、傾斜のきついカーブを曲がったとたん、
腹から何かが抜けていくような感覚に陥り、踏み込む足に力が入らなくなって停車。
ハンガーノック一歩手前だったのかもしれません。
補給に摂ったのはクッキーだったので、エネルギーになるまでに時間がかかったのかも・・・
九十九折を過ぎて直線になった頃に効いて来ました(^_^;)

人間の身体は化学工場ですから、
スポーツをするときなどは、その状況に見合った食べ物が必要なようです。
運動前は、徐々にエネルギーに変わる食物、炭水化物系がいいらしいし、
運動中は、即効性のある飴とかスポーツドリンクがいいようです。
また、運動後は、15分以内に糖分を補った方がいいとのこと。
身体にためておけるグリコーゲンの量には制限があるので、
使い切った後、速やかに補給しないと、身体の中のたんぱく質を分解して使ってしまい、
筋肉を増強することができなくなるらしいです。
運動後に、牛乳等でアミノ酸を摂るのも有効みたい。
なるほど、風呂上りに牛乳と言うのは、伊達ではなかったんですね(笑)

スポーツをするには、適切に糖分を摂るのは必要なことですから、
特に長距離ライドのときなどには、薄皮あんぱんなどが定番の補給メニューになってるようです。
私は、あんぱんのパン部分をとっぱらって(笑)、ダイレクトに「羊羹」がお気に入り。
いつもコンビニで一口サイズの羊羹を買って持って行ってたんですが、
今朝、立ち寄ったローソンで、こんなモノを見つけました。

f0007926_14222535.jpg


アルファベットで書いてあるので、一瞬、新しいスポーツサプリメントか??と思ったんですが、
その名も”SPORTS YO-KAN”です!!(笑)
っていうか、フツーに羊羹です(爆)
いつも食べてたやつの、包装が変わっただけじゃん、と思うんですが、
でも、こういうデザインになってると、何となく効きそうな気がするのはプラシーボ??(笑)
次のヒルクライムでは、コレを使ってみよう♪
[PR]
by nasuka99 | 2012-05-31 14:25 | bike
昨日は午前中松江で仕事だったので、
早朝から江島大橋経由で向かっていたんですが、
なんと、ものすごい雷雨。
境港近辺は、どうやら雷雲の中に入っていたようです。
あちこちに稲妻が光り、どうやら落ちてるっぽい・・・
こえ~~!!!!と心で叫びながら車を飛ばし、なんとか脱出。
相変わらず、不安定なお天気が続きますね。

というわけで、昨日は走れなかったので、今朝は朝ポタに出かけてきました。
いつもの赤井出。
f0007926_1048233.jpg

紫陽花ロードはちらほらと色づき始め。
f0007926_10483240.jpg

ガーデンプレイスに向かって走ったんですが、途中、福岡堤に寄ってみることにしました。
f0007926_10492619.jpg

今朝は風もなかったので、逆さ大山がくっきりと映っていました。
このあたりの田んぼの風情もいい感じ。
f0007926_10501255.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2012-05-30 10:50 | bike
ジロ・デ・イタリアもいよいよクライマックス。
序盤からフースホフト、中盤にはフランク・シュレクなど、
結構なビッグネームが早々とリタイアしてしまいましたが、
後半の山岳ステージを迎えても、なんだかカヴェンディッシュが残ってるし、
イタリアの英雄バッソがどこまで粘るのかも気になるし、
何と言っても思わぬ展開に度肝を抜かれる山岳ステージは面白いので、
ついつい目が離せなくなってしまいます。
第20ステージは、最大勾配が22%の”壁”を登ると言うことで、
ああ・・・カヴちゃんはココが登れるんだろうか・・・また立ちゴケしないだろうか・・・
などと老婆心を抱きつつ、夢中になって観てました。

時差があるので、こちらでは夜も更けつつあります。
いつもは居間でくつろいでいる我々を尻目に、
ネコっちたちは大運動会を繰り広げているんですが、
今夜は彼らもなんだかおとなしい。
だもんで、こちらもゆったりとレース観戦を決め込んでいたんですが、
どうも静か過ぎるのが気になって、
22%モンティローロ壁決戦が一段落したのを機に、様子を見に行ってみました。

すると・・・
キャットタワーにも、座椅子にも、トイレにもネコの姿がありません。
エッ!?だって廊下との境の扉は全て閉まってるし、窓も閉めたし・・・なんで??
少々焦りつつ、縁側の明かりをつけると、あらら???
庭の雑草の間に、子ネコの姿が???
どう目を凝らしても、ウチのネコっぽいのが縁側の窓ガラスに映っているのではなく、
明らかに外にいるようです。
よく見ると、縁側のガラス戸がちょっとだけ開いてる・・・???
そんなバカな!!!
と何が起こったのかわからず、でも、焦って声を上げるとネコっちたちは驚いて逃げてしまうだろうし、
とりあえず連れに事態を知らせて、名前を呼んでもらうと、
何とか、ミケとシマの2匹は部屋の中に戻ってきました。

しかし、あと1匹、一番すばしっこいちび太くんの姿がありません。
名前を呼びながら、庭や近所周りを探しますが見当たりません。
(夜中にさぞ迷惑だったことでしょう(^_^;)
なんたって、今まで一度も外に出たことのない箱入りにゃんこです。
驚いてウロウロしている間に、道に迷って遠くまで行ってしまったのではないかと心配していたら、
なんだか、車庫の方で聞きなれた声が・・・

懐中電灯を点けて車の下をのぞくと、いました!
鳴きながら嬉しそうに床を転げまわっています(^_^;)
このチビはすばしっこい上に警戒心も強いので、無理に連れ出そうとするとまた逃亡する可能性も。
そこで、大好きなエサの缶詰で釣ることにして鼻先に出してやり、やっと回収成功(笑)
いやぁ~、大逃亡でした。
でも、皆無事でよかったです。

f0007926_10124767.jpg

何事もなかったように朝を迎えたちび太。

実はこのチビちゃん、扉のハンドルに飛びついて、開けると言う得意技を持ってます。
縁側のガラス戸は、クレセント錠なので、
どうやら、同じ要領で飛びついて鍵を外したようなんです。
クレセント錠は防犯用ではなく、外からも開けられやすいという話は聞いてるんですが、
まさか、中から開けて出て行くネコがいるとは思いませんでした(^_^;)
ネコも賢いので、一度成功すると覚えてしまいますから、
これからは、ちゃんと補助錠も掛けておかなければ。

大冒険後のネコっちたち、夕べはぐっすり眠れたようですよ(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2012-05-27 10:17 | neko
f0007926_13525245.jpg

今朝は久しぶりに弓ヶ浜サイクリングロードを走ってきました。
でも、このCRは、朝は自転車通学の中高生でいっぱいなので注意が必要・・・

先日の地方紙に、松江の畑のストロベリーキャンドルがきれいだ、というのが出てたので、
そういえば、数年前に弓ヶ浜でも見たなぁ・・・と思い出し、
どうなってるのか、確認を兼ねての朝ポタです。

弓ヶ浜では、ネギ坊主がまさに盛り。
f0007926_1435513.jpg

オオヨシキリの鳴き声もあちこちから聞こえてきます。

さてさて、いつぞや真っ赤に染まっていた場所に着いたんですが、
広がっていたのはマツバウンランの群落でした。
f0007926_1462340.jpg

昨年も見なかったような気がするので、近頃は栽培をやめておられるのかも・・・
少々残念でしたが、とりあえず、そのまま境港方面へ。
ちょうど片道が15キロを示した余子神社前で折り返します。

米子鬼太郎空港前を通ったとき、ちょうどANAの東京便が離陸するところでした。
f0007926_1492221.jpg

そういえば、今週末は美保基地の航空祭。
自衛隊機がひっきりなしに隊列を組んで飛んでます。
f0007926_14101370.jpg

昨年は、震災の影響で中止になったので、
今年はきっとにぎやかになるんでしょうねぇ。
臨時駐車場の標識も出来てましたが、
当日はスゴイ車と人だと思いますので、
行くんなら、JRか自転車がおススメですね~~
弓ヶ浜CRをサイクリングしながら見に行くといいかも??
f0007926_14132418.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2012-05-24 14:13 | bike
f0007926_1143612.jpg


先週ツール・ド・大山コースを走った時は、
自走疲れと突然のお天気の変化のため、大山寺には登らず帰ったので、
昨日は、午後からリターンマッチ。

今回は、ヒルクライムin大山のコースに従って走ってみました。
写真は、シャトー尾高からのヒルクライムがひとまず落ち着いた丸山付近。
なんと、この辺りにも麦畑が出来てるんですね~~

ヒルクライムin大山コースでは、ここまで登ってからいったんちょっとだけ下り、
その後、ガーデンプレイス方面へと登りなおします。
f0007926_11102481.jpg

開放感のある風景ですね~~
新緑の大山が美しい~~

小林ペンション村を越えたあたり。
f0007926_11122844.jpg

大山が目の前に迫ってきて、風景はサイコーなんですが、
この辺りから傾斜がきつくなってきます。
大山ゴルフクラブ前。
f0007926_11135252.jpg

コースの最大勾配区間ですかね。13%を超えています。
私も、調子のいい時はそのまま登るんですが、
このあたりで一息入れないと、この先が続きません(^_^;)
車もそこそこ通るので、自転車を降りて押して歩くのはさすがにカッコワルイですから(笑)
写真を撮るフリして休みます(爆)

ゴルフ場横の激坂区間を抜けると、
みるくの里までは緩い勾配で、景色を眺めながら気持ちよく走れます。
f0007926_11192348.jpg

みるくの里前到着。この日は定休日でした。
f0007926_11201198.jpg

仕方がないので、ソフトクリームはあきらめてヒルクライムを続けます。

桝水の下まで登ると、ここから大山環状道路と合流。
ツール・ド・大山の路面ペイントが描いてあります。
多少のアップダウンをこなすと、すぐに大山寺。
f0007926_1122207.jpg


この間の日曜日は、ここに愛輪家たちが集い、
初夏の大山を駆け巡ったんですねぇ~~
詳細は、ちゃりばか師匠じょにおさんのブログでもどうぞ!

午前中が仕事だったので、帰りの車の中でパンだけ食べて走ったものですから、
この辺りまで来るともうお腹の虫が騒ぎ始めて(笑)
既に時刻は4時前でしたが、いつもの田舎家さんに立ち寄ることに。
f0007926_11265368.jpg

こちらの建物も、新緑に埋まっていました!
f0007926_1129488.jpg

スイーツセットを注文。
f0007926_11274564.jpg

連れは厚焼き玉子サンド。
f0007926_112885.jpg

走った後の、胃の腑にしみます~~

ここからは、観光道路を下って帰宅。
いつも思うんですが、1時間半かけて登って、下りは10分少々・・・って、哀しいような(^_^;)
帰り道でもたい焼きを釣り上げ(笑)
f0007926_1130423.jpg

晩ごはん食べれるのか??(爆)


[PR]
by nasuka99 | 2012-05-23 11:31 | bike
今朝は、早朝より部分日食。
しかも日本では広い地域で金環食になるということで、
テレビでもネットでも盛り上がっていました。
山陰地方では、残念ながらリングになった太陽を見ることはできなかったんですが、
それでも、食分91%ということで、かなり深く欠けました。

昨夕の予報では曇りだったので、見れるかどうか心配でしたが、
朝起きたら、なんとすっきりとした晴れ。
こりゃいけるぞ!ということで、某Amazonでゲットしておいた日食グラスをそそくさと準備します。
f0007926_14243310.jpg

このグラスもピンキリで、
こちらは2枚セットで1200円ほどとまぁそこそこなお値段。
中には、事前に色々とクレームのついた商品もありましたからね~
Amazonからも、日食の日が近づいたとき、くれぐれも使用の仕方を間違えないように、
と注意書きメールが届いてました。
目のトラブルには要注意です。

このグラスが届いたとき、早速覗いてみると、ありゃ真っ暗、何も見えない・・・状態。
屋内の蛍光灯くらいじゃ光が入ってこないような作りです。
これで本当に太陽が見れるのか??みたいな感じでしたが、
実際に太陽に向けると、まさに太陽の部分だけが光って見えます。
これくらい濃くないと、網膜に影響が出るんでしょうねぇ・・・
子供の頃は、感光フィルムなどを使ってましたが、アレじゃ全然ダメってことですね(^_^;)

午前6時過ぎ、早速見てみると、既に右上から欠け始めてました。
7時を過ぎると太陽はみるみる三日月状態に。
「すげ~~!」を連発しつつ、日食はクライマックスへ。
太陽が、薄い三日月状態になると、辺りはまるで夕暮れ時。
風も涼しくなったりして、
いやはや、太陽のエネルギーのすごさを思い知らされました。
日食についての科学的知識のない昔の人は、きっとコレ、オソロシかったでしょうねぇ。

写真を撮りたくても、そんな準備もしてないので、
日食グラスに無理やりレンズを当てて撮影したのがコレ。
f0007926_14374100.jpg

スゴイ手ブレ状態ですが、とりあえず、日食記念と言うことで(笑)

次にこのグラスを使うのは・・・2016年??
[PR]
by nasuka99 | 2012-05-21 14:37 | hobby
f0007926_17585497.jpg


ニャンモナイトになりたいけど、暑い・・・という感じでしょうか(笑)
しかし、この猫の手がカワイイ♪

明日はいよいよ日食ですよ~~
ピークは午前7時半頃らしいので、出勤前に見られそうです。
薄曇との予報ですから、
日食グラスがなくても確認できるかも・・・
[PR]
by nasuka99 | 2012-05-20 18:03 | neko
f0007926_16135818.jpg

今朝、早朝はすこぶるいいお天気。
すっきりと晴れて、逆光だというのに、
大山寺の家並みの瓦の色までわかるくらい。
風もさほどきつくなかったし、
今日はすばらしい自転車日和だなぁ・・・とうらやましく思いつつ走る出勤前の朝ポタでした。
f0007926_1616153.jpg

水を張った田んぼに映る逆さ大山もくっきり。
岡成池でも、珍しくひずみのない逆さ大山が見られました。
f0007926_16171879.jpg

このまま1日中走りたいなぁ・・・と後ろ髪を引かれつつ帰ったんですが、
午後からは、風も強くなって、お天気も悪くなってきましたね。
なんだか、最近のお天気はものすごく変わりやすいです。
しかも、変わり方がフツーじゃない・・・暴風とかヒョウとか(^_^;)

しばらく、天気予報チェックと、雨具の準備が欠かせません。
明日はツール・ド・大山本番ですが、
1日いいお天気であって欲しいですね~~
[PR]
by nasuka99 | 2012-05-19 16:20 | bike
f0007926_14301269.jpg


昨夕の米子市。
朝から生暖かい強い風が吹いてるな~・・・とは思っていたんですが、
夕方、徐々に空が掻き曇り、突然の雷鳴と共に、バラバラとものすごい音がしてきました。
外を見ると、大粒の雨・・・じゃなくて何かが飛び散ってる!!??
なんと、雹が降ってます!

路面は見る見る真っ白に・・・
逃すかシャッターチャンス!!!(笑)

ひっきりなしの稲光と轟く雷鳴の中、それでも、5~6分は降ってたでしょうか。
落雷で停電になった地域もあると聞きました。

ヒョウといえば、もう10年以上前になりますが、
秋祭りの夕方、すごく大きなヒョウが降ったことがありました。
そのときは、私の車も屋根がボコボコ(^_^;)
プラスチックのトタン屋根には穴が空くほど。
今回は、そこまで巨大なものは降りませんでしたが、
たかが水の固まりでも、空から降ってくれば凶器ですな。
今朝庭を見たら、ザクロの枝が折れてたし・・・

あちこち不安定なお天気が続いてます。
太陽ではスーパーフレアが起こるんじゃないか??という発表もあったし、
自然の影響力は絶大ですね。
ここのところ、天気予報から目が離せない日々ですねぇ・・・
[PR]
f0007926_112426100.jpg

ということで、今週末、20日に開催される「ツール・ド大山」に先立って、
新緑の大山を1周してきました。
自宅から自走して行ったので、大山寺までは登っていませんが(ズル)、
一応主要なところは走ってますのであしからずお許しください(^_^;)

自走ルートで、まずはガーデンプレイスを目指し、小林ペンション村から52号線に入ります。
ツールド大山の公式ルートとは、溝口ICの上のほうから合流です。
f0007926_11311115.jpg

ツールド大山のコースは、大山寺を出発して桝水まで環状道路を走り、
45号線を下ってこの交差点で江府町方面へ向かいます。
今年から、試走やサイクリングする人にルートがわかりやすいように、
こんな案内標識が描かれています。
f0007926_11331687.jpg


出来立てほやほやという感じ。
この標識は、交差点や分岐点に描かれているので、わかりやすくていいですね~~
f0007926_11354592.jpg

よく晴れていて、暑からず寒からずのサイクリング日和。
f0007926_1137624.jpg

刻々と姿を変えていく大山が美しいです。

御机に向かう農道からは、近づいてくる奥大山の山々と烏ヶ山がくっきりと。
f0007926_11392761.jpg

そして御机茅葺小屋到着~~
f0007926_11423216.jpg

新緑に囲まれた姿もきれいですね~~
f0007926_1143556.jpg


さてさて、ここからは鏡ヶ成に向かっての九十九折の坂道。
このルートの難所その1、という感じでしょうか。
登りきると烏ヶ山が目の前です!
f0007926_11471915.jpg

鏡ヶ成の休暇村前でしばし休憩。
標高900mを超えると、気温は18℃。ちょっと肌寒いくらいです。
f0007926_11484345.jpg

平日なのに、割とお客さんが来ておられました。
やっぱり、新緑のドライブでしょうかね~~

鏡ヶ成から峠を越えると倉吉市です。
ここからは船上山への分かれ道まで長ぁ~い下り。
途中にある「いわなや」さんで、ランチ休憩。
f0007926_11582457.jpg

ニジマス定食1600円也!
こんなニジマスの塩焼きもつきます。
f0007926_11585763.jpg

ご馳走に出会えるのも、サイクリングの楽しみですね♪

さて、後半戦です。
両側に谷を見下ろす尾根道を軽快に下りながら、
雄大な景色を楽しめます。
f0007926_1251687.jpg

長い長い下り坂を降り切ると、何やら道路で作業中・・・
f0007926_1201415.jpg

なんと、ツールド大山の標識を描いてらっしゃるところでした!
ということは、ここから先は、まだ案内標識が出来てないってことね(^_^;)
週末の本番に向けて、急ピッチで作業が行われているようです。

船上山へと向かう農道は、くねくねとカーブが続く狭い林道。
f0007926_1224410.jpg

ほとんど車は通りませんが、その代わり、熊やイノシシでも出そうな雰囲気ですよ。
夏は涼しくていいでしょうね~~

船上山到着。
f0007926_124227.jpg

いつ見ても、この屏風岩はスゴイ・・・
なんか、モヒカン刈りのアタマみたいな・・・(笑)
f0007926_1263068.jpg

山肌を縫うように続く農道。
途中、登山中の中学生の団体に遭遇しました。

船上山めぐりを終えると、見慣れた風景が現れます。
f0007926_1284182.jpg

一息坂峠に向かうと、大山の北壁が目の前に。
f0007926_1293844.jpg

一息坂峠到着!
ここまで来ると、帰ってきたな~~という感じですね~~
香取からの大山。
f0007926_1210355.jpg

通常は、ここから川床橋を渡ってスキー場方面に登るのですが、
昨年の台風で道路が崩れて通れないため、今回は香取からいったん下るコースになってます。
試走の私たちはここで大山を離れ、帰途につくことに。
なんだか、空模様も怪しくなってきたし・・・
f0007926_121393.jpg

ツールド大山に参加される皆さんは、この勇壮な北壁を眺めるアップダウンをこなした後、
観光道路に沿って4キロの激坂をもがいて上がることになります(^_^;)
がんばって下さい!>ちゃりばか師匠もね♪

今年のツール・ド大山の参加者は、昨年の300人台から600人台へと倍増したそうです。
このルートは、80kmとは言え登るか下るかのどちらかしかなく、結構タフなコースですが、
大山のすばらしい眺めに癒されながら走れるのがウリ。
走り終わった後の達成感もひとしおですよ~~♪



写真付きのルートマップはこちらです。
[PR]
by nasuka99 | 2012-05-17 12:19 | bike