<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

f0007926_1446512.jpg

自分なりの贅沢といえば、
コツコツ貯めた貯金をはたいて自転車を買い、
ガソリンに頼ることなく自分の脂肪を燃料として使い、
たまの休みに近場をサイクリングして、時々おいしいものを食べる・・・
ささやかなもんです(笑)

そして、
国民の多くは、それぞれが身の丈に合ったささやかな贅沢で満足しているんだと思います。
だから、今回のAIJ投資顧問の損失隠し問題は、
現実生活から全く乖離してるような気がするのに、
それが翻って我々の倹しい生活を更に圧迫するかもしれない・・・と思うと、
腹が立つのを通り越して、日本脱出したくなってきますよね。

先日、国会に召致されて答弁してるAIJ社長の様子がニュースで流れていましたが、
「ささやかな贅沢で満足している一般国民」の目で見ると、
この人の言ってること、全く理屈が通っていません。
よくもまぁ、こんな平気な顔して、お茶の間の皆さんに嘘八百を並べられるよなぁ・・・
とても、何千万円もの報酬をもらってる大会社のトップの言うことだとは思えません。
ウチの甥姪の話のほうが、よっぽど筋が通ってますよ。
いいの??こんなオトナで???

日本の社会は、こんなオトナたちが動かしてるんですねぇ・・・
よくならないはずだわ・・・(^_^;)
[PR]
by nasuka99 | 2012-03-29 15:38 | weird
昨日は朝から快晴&2週間ぶりのお休みでした!
久々にまとまった距離が走れるぞ~~♪と朝からテンション↑↑です(笑)
先週末は雪が降ったので、山方面はダメだろうなぁ・・・と思い、進路を西へ。
島根半島に向かうことにしました。

f0007926_1519918.jpg

伯太川沿いの桜並木です。
まだまだつぼみも付いてないような雰囲気ですが、
あと2週間もすれば、ここも満開でしょうね~~
さすがに、白鳥はもう去っていました(笑)
その代わり、ちらほらツバメの姿を見ましたよ。
f0007926_15204486.jpg

荒島にある王陵の丘で小休止。
ここはツツジがきれいですね~~
そして、とりあえず松江市内に入ってランチタイムです。
f0007926_15215673.jpg


島根大学近くのオムライス専門店「ポムの樹」に行ってみました。
メニューの数がすごくて、選びきれませんね(^_^;)
とりあえず、本日のランチを注文。
卵がふわふわで、おいしかったですよ。

午後からは、本日の目的地、島根半島へ。
連れが、膝が痛いと言って途中離脱。峠越えからはひとり旅です(^_^;)
前回走った時は、新道トンネルを越えて加賀方面に出ましたが、
今回は、トンネル手前を西に向かい、多久地方から御津に向かうことにしました。

多久の里山地帯。
f0007926_1526539.jpg

あちこち梅が満開で、いかにも早春の里山の風情です。
温泉施設を横目で見ながら峠越えの山道へ。
講武地区はお茶栽培が盛んなのでしょうか。
あちこちに茶畑があります。
f0007926_152754.jpg

ちょっとした峠道を越えると・・・
目の前に日本海です!
f0007926_15302699.jpg

うっひゃぁ~~!
目の覚めるような青ですね~~!!
f0007926_15311486.jpg

御津の集落。かわいい町ですね♪
石州瓦の赤と、日本海ブルーのベストマッチ。
ここからは、島根半島の岩肌を辿って東へ向かいます。
東向きに走ると、自転車のすぐ左側が海!
f0007926_1536636.jpg

ちょっとコワイ・・・(^_^;)
眼下には、洗濯板のような奇岩が波に洗われています。
f0007926_15371597.jpg

昨日は西風が強く吹いていたので、結構波も荒かったです。

そして、御津を過ぎた辺りから眺めると、対岸にはこんなものが・・・
f0007926_15383739.jpg

島根原子力発電所です。
存在を知ってはいても、自転車で来れるほど近い距離だと思うと、複雑な気分になりますね。
海底には原子炉を冷却するためのポンプが通っていて、海水温が高く、
オマケに禁猟区域になってるので、魚の天国らしいです。
畳のような大きさのヒラメがいるというウワサも・・・(^_^;)
その原発の恩恵なのか、
この辺りの漁村は、看板やら休憩所やらがかなりきっちりと整備されています。
f0007926_15504382.jpg

こんな感じのいいベンチもあちこちに。

桜並木で有名なチェリーロードは、桜にはまだ早いと思ったので今回はスキップ。
そのままトンネルを抜けて野波地区へ。
f0007926_15492874.jpg

さくらんぼが生る桜の木でしょうか。かわいい花が咲いていました!

野波に入ると、工事を示す看板が立っており、どうやら道路工事をしている様子。
「笠浦には抜けられない」というようなことが書いてあるんですが、
交通整理の人も何にも言わないし、そのまま走っていたらなんと行き止まり。
すさまじい追い風だったので、引き返す時はものすごい向かい風です。
思わず自転車を降りて押したほど(^_^;)
地元の人間じゃないので地名を書かれてもわかりません。
地図で通行止め箇所を示してくれればいいのに・・・とんだ体力消耗でした。

最後のひと踏ん張りで、峠を越えて境港方面へ向かいます。
f0007926_15555790.jpg

今まで走ってきた道が、絶景となって広がっていました!

波の音、磯の香り、真っ青な海原。
日本海の青は、独特ですねぇ~~!
桜が咲いたら、今度はチェリーロードを走ってみよう~~

こちらがコースマップです。

[PR]
by nasuka99 | 2012-03-28 15:58 | bike
f0007926_17481216.jpg


といいつつも、
なんと本日も雪のようなものが降ってました(^_^;)

駐車場に使ってるお寺と、神社の間の参道。
路肩に水仙の花が色を添えていました。
ここは、秋になるとコスモスが咲くところです。
季節の移ろいが、路肩の花で感じられます。

f0007926_17502054.jpg


梅だか桜だかわからない木ですが(笑)、
毎年、3月の中旬には満開になります。
今年は今でもつぼみがありますから、ちょっと遅いですね。
昨年の大雪のせいか、幹は根元の辺りから曲がってました。
それでも花を咲かせる健気な木です。

モクレンのつぼみもずいぶん膨らんでいました。
f0007926_17521989.jpg

暖かくなると一気に咲くんでしょうね。
[PR]
by nasuka99 | 2012-03-26 17:54 | photo
f0007926_16512858.jpg


私は、麻雀パチンコを含め賭けごとには興味のないタイプです。
加えてズボラでメンドクサガリなので、
株も一切やってません(やるとすれば、本当に応援したい会社の株を買うくらい)。
パチンコなどのギャンブルは、
結局胴元が儲かる仕組みになってるので、客は最終的に損をするわけです。
まぁ、遊園地に行ってもそれなりのお金は支払うんだから、
それと同じことだと思って割り切ればいいんだけど。
株をするなら、
経済や社会の状況を十分研究して、毎日レート動向をきっちりチェックするくらいの気持ちがないと、
株屋に任せっ放しだといずれ大損すると思います。
コレも結局ギャンブルみたいなもので、
得をする人がいれば、必ず損を出してるところがあるわけで、
自分がどっちにまわるかなんて、確実にわかるもんじゃありません。
余分なお金があればギャンブルも楽しいかもしれないけど、
キツキツな生活をしているモノとしては、むざむざお金を捨てるようなマネはしたくないし。

しかしながら、
自分はギャンブルなんてするつもりはないのに、
結局、納めたお金をギャンブルに遣われてたというのが、AIJ事件ですよね。
AIJに限らず、
生命保険にしろ年金にしろ、殖やすために「運用」しているわけだから、
ギャンブラーにお金を預けてるみたいなもんですね。
そしてAIJの破綻を契機に、中小企業の倒産が増えてるといいます。
社員の将来のために預けたお金で会社が倒産するって、
会社としては、泣くに泣けない話です。
同じく商売を営む身としては、とても他人事とは思えません。

そんな状況を尻目に、
AIJを破綻させた本人は、「もう100億あれば巻き返せた」などとほざいてるらしいです。
アンタ、そんなの無理!!!
パチンコでも、当てクジでも、
「あともう一回やれば」当たるような気がするんです。
コレが、確率の落とし穴です。
人間の思考回路も、結局確率に支配されてますから、
大数の法則に従って、物事は平均に回帰するはずだと思ってしまうんです。
ハズレハズレハズレと続けば、次の3回はアタリになる気がする。
晴れた日が何日か続いたら、明日は雨になりそうな気がするでしょ。それと一緒。
何度でも、無制限にトライすればいずれは当たるかもしれませんが、
モンダイは、そこに行き着くまでの投資です。
お金は、無尽蔵にあるわけではないですからね~~

しかもこの社長、45億円の報酬をもらってたそうじゃないですか。
こういうニュースを聞くたびに、
税金や年金払ってない人からは強制的に徴収するのに、
自分の不手際で損失出した人や会社からは、何故弁償させられないんだろうと思ってしまいます。

私たちの将来の年金も、なんだか暗そうですねぇ・・・(^_^;)
[PR]
by nasuka99 | 2012-03-24 17:26 | weird
f0007926_11545393.jpg


今朝はもっと晴れるかと思っていたのに、
どうやら雨雲の勢いの方が強かったようです(^_^;)
ちょっと薄曇の中の早朝ポタリング。
いつもバイパスの上から眺める田園地帯に侵入してみました(後ろに見えるのがバイパス)
f0007926_11571355.jpg

ここからは、大山が真正面に見えて、すごい眺めですねぇ~~
住んでる人がウラヤマシイ・・・

こしきが丘経由でグリーンパーク方面へ。
f0007926_11583266.jpg

左にあるのは梅の木です。
白梅も、ボチボチ花を咲かせていました。
f0007926_1159973.jpg


グリーンパークGCから二部方面に向かうと、
坂を登りきったところからずっと柿畑が広がっています。
f0007926_1204170.jpg

コレはなかなかの眺めですよ。
新芽が顔を出した頃に、また来よう!

本日のコース。

[PR]
by nasuka99 | 2012-03-22 12:01 | bike
f0007926_1649692.jpg


そろそろ冬タイヤを履き替えないといけないなぁ・・・
でも、明日の朝はまたみぞれ印が付いてたし(^_^;)
今年は、寒さに翻弄されっ放しの毎日でしたが、
今日を契機に、暖かい日が増えていくといいですね。
(暑過ぎるのはこまりますが)

明日からは、段々と陽が長くなって行きます!
朝ポタも、もっと早くから出かけられるようになりますねぇ~~♪
[PR]
今朝は、先日よりももうちょっと足を延ばして、
岸本付近まで菜の花の偵察に行ってみました。
f0007926_1052920.jpg

今夜からまたしても雨、ということで、ちょっとどんよりした空です。
でも、早朝だと、これくらい曇ってた方が大山がくっきり見えたり。
f0007926_1053813.jpg

日野川土手を走って、菜の花畑を目指す。
f0007926_10542351.jpg

伯耆町が近くなると、大山も大きく見えてきますね~~

JR岸本駅付近の菜の花畑は、まだまだ3分咲きまでいってないという感じでした。
こちらは、駅からちょっと離れたところにある畑。
f0007926_10555761.jpg

まだ一部しか菜の花畑になっていませんが、
咲きそろうと、大山とのコラボがきれいです。
f0007926_1059121.jpg


これから、どんどん咲いて、きれいな黄色に染まりますね!
[PR]
by nasuka99 | 2012-03-16 10:59 | bike
f0007926_940454.jpg


寒い寒いといってても、
自然はちゃんと春の訪れを表現してくれますね。
まだ背丈は低いですが、
田園のあちこちに、ちょっとした菜の花畑が展開中。

f0007926_94202.jpg


これからの季節は、朝ポタも色があって楽しくなりそうです。
f0007926_9433150.jpg


もうちょっと遠くまで行きたいな~~
f0007926_9435964.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2012-03-15 09:44 | bike
f0007926_13595550.jpg


日本家屋についてる「縁側」っていいですね~~
さりげなく南向きに作ってあったりして、
冬でも燦々と陽光が降り注ぎ、
サッシを締めていれば暖かいことこの上なし。
f0007926_1455733.jpg

猫じゃなくても、まどろみたくなります(笑)

洋風建築で言えば、ベランダ、テラス、またはサンルームというところでしょうか。
日本の縁側は建物に内包されてて、窓、昔なら雨戸で閉じることができる空間なんですよね。
その上、ほとんどが板張りの廊下になっていて、
そこから出入りできるように沓脱石(くつぬぎいし)が置いてあり、
座布団を敷けば、簡易長椅子(笑)みたいな使い方もできるし。
縁側から花火でも見られたらさぞ風流でしょうなぁ・・・
[PR]
by nasuka99 | 2012-03-14 14:13 | neko
f0007926_1410308.jpg


まもなく、あの日のあの時刻から1年が経とうとしています。
さっきまで一緒に笑ってた家族が、友だちが、職場の同僚が・・・
その、まるで底がないような恐怖や絶望は、
とても筆舌に尽くせるものではないですし、
1年経ったからと言って、何かのけじめがつくものでもないと思っています。

この1年、
色々な著名人や学識経験者、専門家、政治家の方が、
色々なことを言い、本を書き、壇上で語るのを聞きました。
でも、その中の大部分が、
私にはなんだか空虚に響いた気がします。

自分たちに必要なもの、必要な援助を一番知ってるのは被災地の人たちで、
あの災害をありのままに語れるのも被災地の人たちだけ。
本当に望むものが、彼らには届いているんだろうか・・・

「一年で区切り」とするのではなく、
私たちは、これからも謙虚に、311について自分ができることを考えていかないといけませんね。
[PR]