<   2011年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

f0007926_1703930.jpg


近頃”狛犬博士”として山陰地方(のごく一部の地域)にその名をとどろかせているtakesanさん
なんと、狛犬好きが高じて写真展まで開催しちゃう!!??という情報が乱れ飛んだので、
本日、仕事で忙しい中なんとか時間を作って(笑)、そのウワサの真相を確かめに行って来ました。

ウワサの場所は、松江市の先にある来待ストーン・ミュージアム。
その中にあるレストラン・Natureが現場らしい。
f0007926_1775221.jpg

このレストランも、たいへん手ごろでおいしいと評判なので、
気持ちは既に本日のランチ♪・・・って感じだったのですが、
そこはぐっと我慢です。
今日は、狛犬博士の写真展が優先!「団子より花」ってことで、
オーダーを取りに来たスタッフの方に、
「takesanさんの写真展というのは、どちらでやってるんですか??」と尋ねました。
スタッフのお姉さん、ちょっと目がテン状態になって、
「そちらに飾ってあります」と。
見れば、壁から窓際から、至るところに写真が披露してあるではありませんか!!
何で気付かなかったんだろう・・・ワタクシ(爆)
f0007926_17123969.jpg

ちょっと気合を入れすぎましたかね(^_^;)
f0007926_17125498.jpg

いつもブログで拝見しているんですが、
こうしてプリントして額に飾ってあると、また違いますね~~
まるでプロみたいです(笑)
f0007926_1795977.jpg


しっかり堪能させていただきました!
カタログの小冊子も可愛く仕上がっていましたよ~

さて、ゲージツ鑑賞のあとは、いよいよランチです(笑)
f0007926_17144970.jpg

でも、本日の主役は団子ではないので、ちょっとだけ。
f0007926_17151342.jpg

トマトソースの生パスタ、おいしかったです。
お米のスープは絶品でした!

takesanさんの写真展(とNatureのおいしいお料理)は、10月2日まで味わえます!
[PR]
by nasuka99 | 2011-09-30 17:16 | photo
f0007926_9372123.jpg


今年の彼岸花は、
二度にわたる台風の影響もあってか、なんだかちょっと元気がなかった気がします。

福岡神社の帰り道、
二部から三部付近を通りかかったときに目についた神社です。
「野上神社」と書いてありました。
福岡神社と何か関係があるようですが・・・
そちらの境内には、きれいな彼岸花が咲いていました。
f0007926_948613.jpg

あちこちに神社があって、すごく気になるんですよね~~(笑)
全部立ち寄ってみたい気もしますが、いくら時間があっても足りない(^_^;)
里山を走っていて思うのは、
ちょっと目立つ、形のいい山の下には決まったように鳥居があって、
地図には載ってないような神社が祀られているんです。
ああ、この山がご神体なんだなぁ・・・とよくわかります。

この辺りからは、大山も南壁が見えるんですね。
f0007926_9445313.jpg

初冠雪も近いかなぁ・・・(気が早い?)
[PR]
by nasuka99 | 2011-09-30 09:46 | photo
なんだか近頃伯耆町づいてますが(笑)、
先般のはまなんごに引き続き、町内の史跡めぐりに出かけました。

伯耆町の溝口から日野町に至るラインは、たたら製鉄による鉄製品の産地として繁栄したようですね。
日南町の印賀では、5世紀の鉄の剣が出土しているようです。
伯耆町にも一部たたら製鉄をした窯の跡があるということで、
この度はそちらを目指してみました。

その史跡、「藤屋炉床」は、南部町と日野郡根雨を結ぶ県道35号の途中にあるとのこと。
道路工事の際、発見されたそうです。
ホームページで調べたのですが、詳細な場所はわからず。
地図上には確かに「藤屋」という地名があるので、とりあえずそちらへ。
というわけで、南部町側から向かうことにします。
f0007926_13463657.jpg

法勝寺川流域に広がるこのあたりも、広大な田園地帯ですね~~
大山も正面に望めて、気持ちがいいです。
f0007926_1352792.jpg

彼岸花も、まだまだ咲いています。

桜並木が終わった辺りから、国道180号を離れて県道へ。
道は、谷あいの集落へと続きます。
f0007926_13534627.jpg

里山ムード満点ですね(笑)
東上という地名の辺りから、坂がきつくなってループ橋が見えてきました。
f0007926_13555357.jpg

ここも、広くて結構きれいな道の割には交通量が少ないので、まさに自転車向きです。
標識を見ると、溝口12キロで根雨が13キロ。
溝口と根雨って、1キロしか違わないの??

カーブを曲がるとループ橋の上です。
f0007926_1358241.jpg

コレはコワイ!!!!(^_^;)
恐る恐る写真を撮りました(笑)

目指す炉床は、ここからはさほど離れてないはずです。
下りに入るので、見過ごして通り過ぎてしまわないようGPSで確認。
おそらくこの辺りだろう・・・というところに、思わせぶりな神社を発見。
f0007926_1402460.jpg

思った通り、この神社に向かう道の曲がり角に「藤屋炉床1キロ」と書かれた看板がありました。
狭い農道を登っていくと、舗装が途切れたところにそれらしきものを発見。
f0007926_1415470.jpg

ありました~~!藤屋炉床です。
f0007926_1421898.jpg

はまなんごの一件がありますから、またもやオソロシイ坂だったらどうしよう・・・と思いましたが、
こちらは、住宅地からそんなに離れていませんでした。
でも、なんだかあまり構ってないらしく、保存、大丈夫??って感じです。
f0007926_1434493.jpg

この炉床以外は、整地などで壊されて残ってないようなので、
一つくらいはちゃんと保存しておきましょうよ、みたいな。
たたらツアーでも作って、観光地化しないとすぐに廃れてしまいそう・・・

とりあえず目的は果たしたので、第二の目的地、福岡神社へ。
この神社では、毎年10月蛸舞式神事という奇祭が行われるそうですよ。

神社に行くまでの道も、谷あいののどかな山里といった風情で、のんびりと走れました。
上代で、廃校を使った食堂を発見。
f0007926_15162160.jpg

給食風のプレートを出すという話を新聞で読みましたが、
どうやら、この日はどぶろく用のお米の収穫があったようで、こちらで打ち上げでもしておられたのか、
結構車が泊まってました。

ここを過ぎるとすぐに福岡神社が見えてきます。
f0007926_15193637.jpg

道路沿いに鳥居が建っていましたが、
奥の山の中に見えるのが拝殿のようです。結構距離がありますね。
f0007926_15204113.jpg

神社の周りも、彼岸花に彩られたのどかな里山です。
拝殿からの眺め。
f0007926_15213116.jpg

着いたのがお昼前だったので、参拝を済ませてから神社に続く石段でランチ(笑)
傍から見たら、アヤシイ人だったかも・・・(^_^;)

帰りは、溝口のインター入り口横から花回廊を通って南部町に抜けるコースです。
なんだか、ヒマワリと彼岸花のコラボを発見。
f0007926_15241051.jpg

不思議の町溝口町ですねぇ~~(^_^;)

朝鍋ダムを過ぎて南部町朝金付近では、彼岸花があちこちに咲いていました。
収穫も真っ盛りですね。
f0007926_15253372.jpg


写真入りのルートはこちらです。
[PR]
by nasuka99 | 2011-09-28 15:26 | bike
今日も気持ちよく晴れたので、
早朝からいそいそと自転車を引っ張り出し、ポタリング開始です。
思いっきり里山を走って、初秋の風景を激写(爆)

f0007926_1717989.jpg

ススキと彼岸花のコラボもきれいです。
f0007926_17182092.jpg


里山を満喫して気分よく帰途についたところ・・・

ん??
何か、巨体が川の中を歩いてる??
目を凝らしてみると・・・
f0007926_17185932.jpg

シカ!!??
f0007926_17195446.jpg

立派な角の生えた牡鹿のようですよ。
って、ここって、かなり町中に近いところなんですが・・・
農作業の人もいるし。
f0007926_17204985.jpg

土手の下に消えていきましたが・・・この先は、田んぼしかないし。
一体、どこから来たんだろう??

なんだか、ちょっと得したような休日でしたが・・・
シカ君、ちゃんと山に帰れたんだろうか・・・(^_^;)
[PR]
by nasuka99 | 2011-09-27 17:21 | bike
f0007926_11413246.jpg


昨日NHKスペシャルで、「クニ子おばばと不思議の森」という番組を放映していました。
番組に登場する”クニ子おばば”こと椎葉クニ子さん(87歳)は、
椎葉村(この村、もしかして”椎葉さん”一族の村なのかも)に嫁いで60余年、
ずっと焼畑をして生活しておられるそうです。
「水と火があれば、森から出なくても生きていける」という言葉が印象的でした。

詳細はこちらのサイトを参照していただくとよくわかると思います。
なんだか、民宿もやっておられるようです。
民宿「焼畑」(そのままですね)

植物の再生能力を利用した焼畑は、
縄文時代から受け継がれ、でも、今それをやっているのは椎葉さんのところだけなんだとか。
焼畑に適した気候を、空や雲や風の様子、そして鳥の声から判断し、
火を放つ前に、山の神さまに動物の安全と山火事にならないことを祈る。
そんな姿を見ていると、
本来、人間のあるべき姿って、こういうことなんだなぁ、と思ってしまいました。

ナチュラル・ライフ。

今流行の「エコ」や「スローライフ」などではなくて、
ホンモノの自然な暮らし。
その暮らしが身についてる人の生活。
「ロハス」なんてのは、所詮経済人のまねっこナチュラリズムなんだなぁ、という気がします。

こういう話を聞いてると、
政治でやってることなんて、すごく小さくてアホらしく感じますね(笑)
人間は、もっと大きなところで生きてるのにねぇ。
[PR]
by nasuka99 | 2011-09-26 12:10 | photo
今日は昨日以上の秋晴れですね。
朝から、あちこちでハタビが上がっていました。
今日は校区民運動会だとおっしゃってたお客さまもおられたし、
ウォーキングイベントもあちこちであるし、
ウチの店も開店休業かも(^_^;)
ポタリストのみなさん、今日走っておかないと損しますよ!(笑)

というわけで、昨日に引き続き本日も早朝ポタへ。
f0007926_10402862.jpg

日野川土手ジャンクションから、今朝は淀江方面へ向かってみました。

刻々と表情を変える田園。
f0007926_10414135.jpg

ハデに干された稲ワラの下では、ひこばえが伸びています。
こういう風景にも、なんだか大地の力強さを感じますね~~

尾高近辺の田園を走るときに、以前から気になっていたモノ。
f0007926_104745.jpg

田んぼの神さま??
お札のようなものが付いています。
f0007926_1222377.jpg

彼岸花は、まだつぼみが多かったですね。
来週くらいが咲きそろってきれいかもしれません(その前に、除草されないといいんですが)

本宮の下を通って淀江町へ。
f0007926_12231527.jpg

先般の台風12号で、本宮の集落も孤立して大変だったようです。
本宮へ向かう道は、まだ通行止めになっていました。

今日はサイコーのお天気!
f0007926_12242767.jpg

方向がよければ、きっと隠岐も見えるんじゃないでしょうか~~

淀江町のコスモスも、まだこれからと言う感じでした。
f0007926_1226156.jpg

f0007926_12271087.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2011-09-25 12:28 | bike
朝からすっきりと秋晴れ!
午前6時過ぎの気温は室内で19℃。絶好のポタリング日和になりそうです。
・・・とは言え、私は今日も仕事なので、やっぱり朝ポタで。
走らないと、損した気分になるし(笑)
f0007926_11325670.jpg

南部町の法勝寺川土手では、そろそろ彼岸花が見頃だということで、
本日の目的地はそこでキマリです。
日野川土手から永江団地、いつもの農免道路のコースで南部町へ。
f0007926_11345370.jpg

稲刈りがどんどん進んでます。

南部町の市山付近。
f0007926_113613.jpg

昨年偶然ここを通りかかった時は満開でしたが、今朝はまだつぼみのものもたくさん。
この辺りは緩やかな丘陵地になってるので、
あたり一面彼岸花化するとすごくきれいです。
コスモス畑も見つけました!
f0007926_11384267.jpg

今朝は、ココで2人組みの女性のローディーさんに出会いましたよ~~
私よりずいぶん若かったですが(^_^;)
私も、あのくらいの年齢から始めれば、もっと走れたかもしれないのに・・・残念(笑)

馬佐良の峠を越えて法勝寺へ。
法勝寺川沿いには、ずーーーっと彼岸花が咲いています。
f0007926_11415263.jpg

どこで撮ろうか、迷うくらいです。
f0007926_11422425.jpg

やはり、”G”の裏が一番たくさん咲いてますね。
f0007926_1143568.jpg

こちらも、まだまだつぼみのものがたくさんあったので、
満開になったらこんなもんじゃないと思いますよ。
もっと「毒々しい」感じ??(笑)

帰りも法勝寺川沿いを走って・・・
f0007926_1144425.jpg

彼岸花+田んぼ+大山をゲットです!(笑)

本日のコースはこちら
明日の日曜日は、是非彼岸花ハンティングへ!
[PR]
by nasuka99 | 2011-09-24 11:45 | bike
f0007926_1545689.jpg


『日本中枢の崩壊』の著者である古賀茂明さんが、辞意を固めたという報道が先般ありました。
ところが、その辞意を撤回したという報道もあったので、一体どうしたんだ??と思ったところ、
今日のこの「現代ビジネス」の記事を読んで、なるほどなぁ、と。

自民党時代、渡辺善美氏の下で公務員改革に乗り出した古賀氏ですが、
もちろん、官僚からの反発はものすごく、
そうこうしているうちに政権は民主党へと移ってしまい、
このタイミングで現在「経済産業省大臣官房付」という閑職に追いやられています。
仕事がないなら辞めるしかない、ということで辞意を表明されたわけですが、
この経産省大臣も、ここのところコロコロ変わるので、
このたび、枝野氏が役職に就いた折に大臣の意向を聞いたところ、
「辞めてもらってもいい」という返事があった、というような話。
詳細はリンク先を読んでいただいたらいいですが、
「脱官僚」「政治主導」を訴えている(はずの)民主党が、やっぱり官僚のご機嫌を伺うという体たらく。
更に、日本はフランスと並んで、未だに「原発推進」の姿勢を崩していないらしいです。
あれだけの事故を起こしながら、さすが原子力村というか、進歩がないというか。

私は、公務員という組織の特異性は、「誰も責任を取らなくていい」ということに尽きると思うんですが、
公務員に限らず、大きな会社、
そして、同じ立場の人が寄り集まってる商店街組織やNPO団体にも、同じ特徴が見られると思います。
そこで活動している誰もが腹を痛めないよう、皆で庇い合うわけですね。
当然、誰も責任を取りません。
官僚組織の頂点に立つ大臣でさえ、自分の責任で物事を決めないわけですから、
コレでは、日本は変わらないなぁ、と。

あれだけの未曾有の災害に遭い、
地球規模の汚染を撒き散らしながら、
誰も責任を取らず、それどころか国民に更なる負担を要求する国、ニッポン。
一度、破綻しないとどうにもならないのかも。

古賀さんの本も買ってるんですが、
読んでるだけで、腹が立って気分が悪くなるんです。
気分転換に楽しい本でも読みながらでないとついていけません。
だから、なかなか先に進みません(^_^;)
嫌なことって、目を背けて知らんふりしたくなりますが、
それでは、世の中は変わらないことを、この国が自ら教えてくれていますので、
私たちは、何とか踏み止まらないといけませんね。
[PR]
by nasuka99 | 2011-09-23 17:21 | think
台風一過で、ずいぶん涼しくなりましたね。
こちらでも、結構な風雨でしたが、
ルートに当たった東海~関東~東北地方は、風もきつくて大変だったようですね。
紀伊半島のせきとめ湖が心配ですが・・・
これ以上被害がないことを願いたいです。
12号で崩壊した大山の道路はどうなんだろう・・・
台風も16号まで来たから、17号以降はないといいんですが・・・

明日からしばらく晴れマークになっていました。
この時期に開催される色んなイベントに影響が出ていたので、
これからのイベントには、差支えがないといいですね。

台風前に、ケータイカメラで撮った写真。
f0007926_1111984.jpg

この日の朝ポタには、デジイチに70mm単焦点を着けて行ったので、
広角撮影が出来なくて、
なんとか彼岸花と田んぼと大山を入れたいと思い、携帯電話のカメラを使ったわけです。
私が使ってるのはsonyのサイバーショット携帯ですが、
16.2メガピクセルのカメラが付いていて、それなりの画質になってます。
記録程度なら、差しさわりのないレベルですよね。
走りメインのツーリングなら、別にカメラを持って行かなくても大丈夫そうです。

先日友人達と食事に行ったときも、カメラを忘れたのでケータイでパチリ。
f0007926_1155410.jpg

コンパクトカメラ並みに、シーンモードもついていて、その中の「料理」を使ってみました。
接近戦もOK。
f0007926_118114.jpg


ところで、ウワサによると、私が使ってるauから、iPhone5が発売されるとのこと。
本当でしょうか・・・???
真実なら、機種変更したい気も・・・でも、まだローンが残ってる・・・(^_^;)
[PR]
by nasuka99 | 2011-09-22 11:10 | photo
「まさかの友は真の友」と言いますが、
果たしてコイツは、私の"a friend indeed"になってくれるでしょうか・・・(笑)
f0007926_1685822.jpg

トピーク レースロケットHP・マスターブラスター

「なんじゃコレ??」
と思われた方もあると思いますが(笑)、
実はコレ、携帯用の自転車空気入れなんです。
ロングツーリングに出る場合、
先日みたいに途中でパンクしたとき、街中なら自転車屋さんに持っていけるかもしれませんが、
山の中だと自力で何とかしないといけません。
予備チューブとタイヤレバー、そしてこの空気入れがあれば、
何とかふもとまでは下りれるでしょう・・・(^_^;)

大きさは、これくらい。
f0007926_1685177.jpg

長さは18cmです。
写真上のほうに着いてるフタを開けると、中からホースが延びてきます。
f0007926_1684930.jpg


このホースには弾力性があるので、空気を入れる時は自由が利いていいかも知れません。
先端がバルブにつけるノズル部分ですが、コレ一つで仏式と米式両方に対応します。
f0007926_1684190.jpg

図にあるように、ノズル部分をくるくると回すと・・・
f0007926_1684728.jpg

仏式バルブ用になります。
そして、コレを自転車のバルブに入れ、またくるくる回してネジで固定します。
f0007926_1684551.jpg

外れなくていいですね。

しかし、モンダイは入れやすさです。
小型のポンプは、高圧タイヤだとポンピング回数も多くなるし、力も必要です。
試しに、クロスバイクのチューブに入れてみましたが、
ちょっと重くなってきたな~、と言うところで止めて、40psi(約3bar)くらいでした(^_^;)
ロードのタイヤだと、7barくらいは入れないといけないので、かなり時間がかかりそう・・・

今まで使っていた空気入れとの比較。こちらもトピーク、ミニマスターブラスターです。
f0007926_1684380.jpg


ミニマスターブラスターのほうが、大きい分入れやすいんですが(圧力計も着いてるし)、
26cmくらいあるので、サドルバッグには入りません。
ボトルホルダーに着けてるんですが、自転車を換えた時にいちいち面倒だし。
まぁ、3~4barまでは楽に入ることがわかったので、
ガソリンスタンドくらいまでの緊急避難にはOKでしょう。

使う機会がないのにこしたことはないんですが、
お守り代わりと言うことで(^_^;)
[PR]
by nasuka99 | 2011-09-21 16:31 | bike