「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今週から、やっと春らしくなってきました。
年明けからこっち、大雪に始まった災害が続き、
オマケに寒くてお天気も悪いとなれば、なんとなく気持ちも滅入ってしまうんですが、
とりあえず、自分を取り戻すために、まずは走らなくては!!
ということで、ほんっとに久々の長距離ライドに出かけてきました。

暖かくなったとは言っても、
数日前にはまたしてもみぞれが降っていたので、
どこに行こうかかなり悩みました。
とっとり雪みちNaviの画面をにらみつつ、
路面が濡れてないことを確認して、R180の峠を越えて、
日野町にちゃんぽんを食べに行くことに決定!
いつか見た風景さんが紹介しておられた根雨の四季というお店です。
チャンポンが評判という話は以前から聞いていたので、
あとは、休みでないことを祈りつつスタート。

まずは法勝寺川土手へ。
f0007926_14103672.jpg

桜はまだまだつぼみですね~~
ここ2~3日は暖かいようですから、一気に開花するかもしれませんが・・・

次は、緑水湖で休憩。
なんと、こちらには電気スタンド?がありました。
f0007926_14103380.jpg


そういえば、南部町はコミュニティバスを電気にしたというニュースを聞いた気がするので、
そのためでもあるかも知れませんね。
緑水湖を出ると、後は日南町との境界まで7キロの上り坂。
でも、平均勾配は4.3%程度なので、そんなにきつくはありません。
とりあえず、日南町に突入。
f0007926_1410324.jpg

このあたりで標高が450メートルです。
路肩には、まだ雪が残ってますね。
ここからはほぼ下りに転じて菅沢ダムまで。
f0007926_14102969.jpg

ダム湖である日南湖の周りには、サイクリングロードがあるらしいです。
ダムから更に高度を下げ、生山方面へ向かいます。
下りきったところでR183とぶつかるので、そこをR180に乗ったまま根雨方面へ。

ここからのR180では、快適なサイクリングが楽しめました。
f0007926_14254412.jpg

川あり山ありのパノラマ風景です。
道もほぼ下り基調だし、交通量も少ない。
気持ちいいです~~♪
15キロほど快調に飛ばして根雨の街中に入ると、
すぐに「四季」がありました。休みじゃなかった!
f0007926_14102755.jpg

定休日は月曜だそうです。
ちょうどお昼時なので、結構人が入ってます。
平日にこの賑わいとは・・・やはり人気店なんですねぇ。
私は、ちゃんぽんの小を注文。
f0007926_14102558.jpg

連れは得盛を食べてましたが、量がこの3倍くらいありました(笑)
洗面器に顔を突っ込んで食べてる感じです(爆)

エネルギー補給が済むと、一路米子へ。
このまま国道を走って帰ります。
江府の手前辺りから眺めた大山。
f0007926_14102381.jpg

こちらからだと、こんな風に見えるんですね~~

ところが、ココからがジゴクの入り口でした。
昨日の風は、そりゃあハンパじゃなかった。
午後からは北西の風に変わり、見事な向かい風です。
下り坂のはずなのに、スピードも上がらないし、
上り坂くらい体力を使います。
何度も煽られて倒れそうになるのをこらえながらの走行です。
溝口から花回廊までひと登りして帰ろうと思ってましたが、あきらめて岸本へ。
吉定の展望台で休憩。
f0007926_14102147.jpg

ここの桜もよさそうです。

向かい風は想定外でしたが、
久々の90キロ超ライドはいい気分転換になりました。
桜が咲く頃に、また出かけたいですね~~
ここもお気に入りのコースになりそうです。

本日のルートはこちら

写真つきルートマップはこちらです。
[PR]
by nasuka99 | 2011-03-31 14:37 | bike
f0007926_16105478.jpg


3月も終わりになって、
やっと春らしいお天気になってきました。
今週と来週は、そこそこ暖かくてお天気もよさそうなので、
この1週間で一気に咲くかも知れませんね。

f0007926_1612295.jpg


コブシも開いてきましたよ!
f0007926_16122793.jpg


被災地にも、早く暖かい春が訪れて欲しいです。
[PR]
by nasuka99 | 2011-03-29 16:12 | photo
昨年の暮れ、ふぉ徒に出かけた伯耆町の赤岩神社
そのすごい階段の話をしたら、子どもたちが是非登りたい!と言うので、
午前中出かけて来ました。

昨日から晴れているので、今日は階段も滑らず、きっと登頂できるでしょう!(笑)
この急な階段を駆け上がる子どもたち。
f0007926_14353089.jpg

あっという間に登頂(^_^;)
f0007926_14371581.jpg

下りはちょっと気をつけて・・・
f0007926_14373883.jpg


拝殿の上に張り出している大きな岩は、
11年前の鳥取県西部地震のときにも崩れなかったそうです。
f0007926_14401960.jpg

ロッククライマーが見たら、
思わず取り付きたくなるような岩でしょうねぇ・・・

伯耆町の里山は、梅も見頃です。
f0007926_14415373.jpg

岸本近辺には、そろそろ菜の花で黄色くなった畑が出来てました。
この週末くらいが見頃かもしれませんね。
[PR]
by nasuka99 | 2011-03-28 14:43 | family


震災で、開催を危ぶまれていた高校野球春のセンバツ大会ですが、
先日からその熱い戦いの火蓋が切られています。
今大会の選手宣誓の動画が↑。
ニュースでも見ましたが、とてもすばらしい宣誓でした。

しっかりと前を向き、一つひとつの言葉をかみ締めて、力強く謳いあげる野山主将。
画面を見ずに、声だけ聴くと更によくわかるんですが、
彼の言葉は、すんなりと、私たちの心に届くんです。
そして、その言葉によって、
彼の想い、言いたいことが、聴いてる人の頭の中にイメージとして浮かび上がります。

自分自身が過去に体験した災害・・・
現在、多くの人が辛い思いをしている震災の画像・・・
被災した人たちを支える自衛隊、警官、消防隊、そしてボランティアの姿・・・
そして、厳しい環境にもめげず、笑顔を見せる子どもたち・・・

おそらく、
私たち一人ひとりの経験値に合わせたイメージで、
この選手宣誓の内容をしっかりと理解できるからでしょう。
そして、そういうはっきりしたイメージを描けるのは、
野山君と言う一人の高校生が、
自分の思いを、自分の言葉で、一生懸命伝えようとしているからだと思います。

「言語」というのは、それ自体はただの記号でしかありません。
記号の羅列が意味を持つのは、そこに心が入るからでしょう。
つまり、伝えたいイメージや想いがなければ、
いくら言葉を発したところで意味をなさないということだと思います。
自分の思いを100%伝えるのは不可能に近いですが、
より100%に近づけるためには、お互いが共有できるイメージ領域を増やすことが必要です。
そしてそのイメージ領域は、言語だけでなく、
しゃべり方、表情、抑揚、ジェスチャー、間の取り方などの、
メタ言語、非言語によって伝わることが多いものです。
自分の中でより鮮明なイメージを描き、非言語で言語を支えながら伝えることが、
より多くの共有されたイメージを受け手に与える要因になると思います。

政治家が説明する言葉が私たちに理解できないのは、
彼らの中のイメージが鮮明ではない、つまり、それが自分から出た言葉ではないからでしょう。
話す本人が理解してないことを、
聞き手が理解できるはずがありません。

政治家やエライ人たちには、この選手宣誓を見て、
自分達に足りないものをきっちり学習して欲しいと思います。
[PR]
by nasuka99 | 2011-03-27 11:09 | psychology
f0007926_12132290.jpg


一般の「野焼き」は、法律で禁止されていて、
罰金等も結構高かったような気がします。
落ち葉焼きや焼畑、
とんど焼きやキャンプファイヤーなどの行事は例外として扱われるので、
田畑では、こういう光景が今も里山の風物詩という感じですよね。

犬の散歩も朝が早い。
f0007926_1614137.jpg


久々の大山を望んでの自転車ショット。
f0007926_16142945.jpg


今日も朝からミゾレが降っていましたが、
明日からはお天気も回復して春らしくなるようです。
[PR]
by nasuka99 | 2011-03-26 12:27 | photo
f0007926_1692738.jpg


久々に自転車で、いつものお散歩コースへ。
早朝はまだまだ寒いけど、
早くなった日の出にも、春の訪れを感じます。

f0007926_1616407.jpg

花が咲いたコウタイサイです。
花の部分も一緒に、炒めたりおひたしにしたりして食べるそうです。
苦味がなく、おいしいとか。
食卓に一品あると、彩になっていいかもですね~~

梅もボチボチという感じです。
f0007926_16182616.jpg


工事中だった道を避けて、
いつもは通らない路地を抜けると、
いい景色が広がっていました。
f0007926_16192665.jpg

山際にずっと道が走っていたので、
次回はもうちょっと遠くまで行ってみたいな。
[PR]
by nasuka99 | 2011-03-24 16:20 | photo
f0007926_16255794.jpg


穏やかそうな風景ですが、
ところがどっこい、風がきつくてしかも冷たい!
とても彼岸明けの天候だとは思えません(^_^;)

「今年は暖冬」なんて言ったのは誰だ!!??
冬が寒いと、また猛暑になりそうでちょっとコワイです。

f0007926_1628456.jpg


昨年は、この時期には既に菜の花ハンティングに行ってたし、
近所の桜は、チラホラ咲いてるのもあったような気がします。
今年は、コブシすらまだ咲いてない!

でも、お家の庭にはサンシュユの木でしょうか・・・
黄色い小さい花が一杯ついていて、春の息吹を感じます。
春は黄色からですね~~

ツクシ畑を発見!
f0007926_1634328.jpg

田んぼ一面、ツクシに覆われていました!
収穫しておひたしにしたらいいかも(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2011-03-22 16:35 | photo
「4月下旬のお天気!」とアナウンスがあったかと思うと、
次の日にはみぞれが降る。
三寒四温どころじゃない。三凍四暑とでも名づけたくなる早春の気候で、
膨らみかけたつぼみも凍ってしまいそう・・・

f0007926_17183469.jpg


だからなのか、菜の花が咲かない。
青空に輝く、たくさんの黄色い花を早く見たい。

ジシュクではなく。
[PR]
鳥取県は、西日本にある2府5県とともに、
「関西広域連合」というネットワークを作っています。
地方行政の独立に向けて、大変いい試みだと思っているのですが、
早速、そのネットワークの力が発揮されています。
地震が起こった3日後には、
広域連合でそれぞれ支援する地域を決め、
職員の派遣を行う等の速やかな行動を開始しています。
国レベルになると手順が煩雑になって即決できないことも、
地域の自治体のレベルならすばやく対応できる。
今回のような広域にわたる災害時には、
このような初動フットワークの軽さが望まれるような気がします。

その鳥取県ですが、
被災者の県内への移住を受け入れるということです。
県内にある職員住宅等の公営住宅を無料で貸し出すほか、
お子さんの就学相談も受け付けるそうです。

原発の問題も不透明で、
災害は長期化すると思われます。
鳥取県の被災者支援相談窓口に、是非連絡を取ってみてください!

☆連絡先
鳥取県生活環境部くらしの安心局住宅政策課
 所在地 鳥取市東町1丁目220番地
 電話 0857-26-7411

◆追記です。

鳥取県では、本日より救援物資の受付も始めました。
各市町村に、物資受付窓口を置くそうです。
期間は3月18日~25日まで。
物資は、同じ品目で分類し、箱に詰め、明細を書くことが必要と言うことです。
詳細はこちらのページでご確認を。
[PR]
地震発生から1週間経ち、
今日のニュースによると、被災地までの道路や、
物資等を輸送するための滑走路も一部復旧したとのことです。
輸送ラインの確保で支援が進むと思われますが、
日本はまた寒波に見舞われ、
被災者への支援は一刻を争う状況であることに変わりはありません。
たった1000キロしか離れてないのに、陸続きなのにモノが届かないもどかしさ。
きっと、非被災地の人たち皆が感じてることだと思います。

でも、そんな私たちにも今、何かできることがあるはず。
そう思って、いくつか思いつくものを挙げてみました。

・義援金を送る(お金は、いつでもいくらでも必要です)

・必要な物資を送る
 →個人では受け付けていないので、最寄の自治体に相談する
 →モンベルでは、店頭で受け付けているそうです。

・個人的な物資を、個人宛に送らない
 →そもそも配達をしてくれる業者がない、トラックのガソリンが不足している

・被災地に回せるように、ガソリン、灯油等の消費を抑制する

・正確な情報を、正確に伝える
 →チェーンメールや、偽義援金サイトも登場しているようです。
 →特に原発事故に関しては、極度な放射線への警戒感から、
  色んなウワサが出回って、支障が出てきてるようです。
  気をつけましょう。
 →放射能分野の基礎知識
 →社会心理学学会の地震関連ページ 

・むやみに安否確認の電話をかけない
 →電話が鳴るたびに、休みたいのに休めない、重要なお知らせが届きにくくなる、
  というようなことがあるそうです。

他に何か気をつけることがあれば、教えて下さい。
こちらは親切心で行うことも、被災地にとっては迷惑になることもあるかと思います。
必要なときに、必要な支援が行えるように、準備しておくことも大切です。
[PR]