「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

青山学院大学と大阪大学が共同で主催する、
「ワークショップデザイナー養成講座」という面白い講座があります。
ワークショップと言うのは、
従来の学校で採られている「教壇の上の教師VS机に座って聴く生徒」というスタイルを離れ、
実際に「体験」することを通して教える人と教わる人の境界を取り払い、
協働して新しい視点に到達する場、というコンセプトです。
私の中では、「ポストイットと模造紙とKJ法」みたいなイメージがあったのですが(笑)、
映像や建築、写真、絵画、演劇・・・使えるツールには様々なものがあります。

その中の一つ、「映像」を使って行うのが、今回の「逆転時間」です。
このワークショップは主にデジタルカメラの動画機能を使って行われていましたが、
この度、青山学院大学のチームが、
PodやiPhoneで気軽に使えるアプリを開発したとのことで、
その実験に参加してきました。

「逆転時間」とは・・・
簡単に言えば、撮った画像を逆再生するというものです。
例えば、紙をちぎるところを逆に再生すると、紙がくっつきますよね。
たったそれだけのことなんですが、映像で見てみると、魔法みたいで面白いんです。
でも、ただ逆再生するだけでは不自然な部分も出てきます。
これから行う動きを、逆に再生するとどうなるか・・・
そういうことを予測しながらストーリーを考える必要があります。
行動を逆向きに予測する・・・
エントロピーに逆らったこの思考は、なかなか難しいです(^_^;)

とりあえず、iPodの操作を覚えます。
f0007926_1028321.jpg

青学の学生さんに説明してもらい、子どもたちも真剣。

簡単な操作なので、子どももすぐに覚えました(普段からゲーム慣れしてるしなぁ・・・)
早速トライ。
f0007926_10295047.jpg

コレは、女の子が机から飛び降りたところを撮影して、逆再生する実験。
苦もなく机の上に飛び上がる自分を見て、姪っ子は大はしゃぎ(笑)
飛ばしたスリッパが戻ってきたり、滑り台を滑り上がったり・・・
子どもたちも次から次へと映像を作って大ハッスルしていました(笑)

f0007926_10322916.jpg


さすがに、大人のメンバーは凝った作品を作っていましたよ。
f0007926_10332499.jpg

しかし・・・
滑り台に登ったり、枯葉を集めてはしゃいでいる大の大人たちを見て、
周りの人たちはちょっと引いてたようですが(笑)

大人も童心に返れるワークショップ、
これからどんな面白いアプリが開発されるのが楽しみです(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2011-02-28 10:36 | curiosity
雨が降るとの予報だったのに、
集合時間にはすっかり道も乾いて、
まぁまぁ上出来のお天気となりました。
山陰ポタリング倶楽部写真部??(笑)の撮影会日和です~~
ゲストに山陰写真化狂会怪長のヲアニー氏をお招きして、
本日は、加茂川お地蔵さまストリートを米子港方面に向かってPho徒。

f0007926_20451966.jpg


わずか3キロほどの道のりなので、
1時間あれば十分歩けるよなぁ~~、と考えていたのですが・・・
甘かった(^_^;)

f0007926_2030967.jpg


自慢のデジイチを片手に集まった13人のメンバーの皆さま、
川に下りたり、空を見上げたり・・・
しゃがんで何かを狙ったと思えば、いきなり逆方向に歩き始めたり、
もう、ぜっんぜん前に進みません(爆)
まさに、三歩進んで二歩下がる亀仙人状態です(笑)

終点を米子港から駄菓子屋さんに変更し、
正午過ぎに無事撮影会終了~~
f0007926_20413099.jpg

・・・なんで1キロ歩くのに2時間もかかるの(^_^;)

午後からは、自転車を持ち出してポタリングへ。
帰るまでお天気ももってくれて、なかなか楽しい1日となりました。

ご参加いただいた皆さま、お疲れさまでした♪
[PR]
by nasuka99 | 2011-02-27 20:45 | photo
昨日の山陰路ツーリングは、
志多備神社の巨木を愛でつつ、
復路は広域農道も干拓地も避けて旧街道を走るコースを選びました。

広瀬町から峠を越える往路は、
春になったら大山と桜並木を眺めながら走ることの出来るいいコースです。
f0007926_1152755.jpg

勾配も5%程度なので、変速つきの自転車なら普通に登れます。
車もほとんど走ってないので、まるでサイクリングロードみたいですよ(笑)
新しく造られているR432もだいぶん出来上がっているようでした。
あの道が出来ると、交通量が増えるかも知れませんね~~

さて、スダジイ巨木の続きです。
志多備神社参道。切り干し大根が青空に映えています(笑)
f0007926_11555346.jpg

アプローチの階段は、新品でピカピカ、という感じですね~~
この先に更に古い階段があって、
登ったところが拝殿です。
f0007926_11565533.jpg

しっとりと落ち着いた感じのいい神社です。
この神社の鳥居の横にも、大きなスダジイがあります。
f0007926_11574699.jpg

初めはこれがそのスダジイかと思いましたが、
神社の奥に更に大きいのがあったんですね~。
でも、こちらの木もかなり大きいですよ。
f0007926_11585741.jpg


こちらが大きい方のスダジイ。
f0007926_11593428.jpg

大きすぎて自立が難しいのでしょうか・・・支えてありますね~~
f0007926_1202765.jpg

こういう巨木が残っているところがすばらしい。
日本人の心の中にある自然への畏怖が感じられます。
山陰は、巨木大国みたいですよ。知られざる巨木がまだまだあるのかも・・・

志多備神社からは、県道53号線を経て再びR432に合流。
風土記の丘に向かう手前に、神納峠というのがあります。
その峠に差し掛かるところに、
なんと宮内庁管理の「岩坂陵」というのがあり、
ここは、イザナミノミコトのお墓だと伝えられているそうです。
f0007926_125266.jpg

物々しいカンヌキつき。
f0007926_1254174.jpg

イザナミのお墓と伝えられているのは、
こちらの他にも数ヶ所あります。
さて、どこか本命なんでしょうかね~~??

ちょうどお昼時になったので、
9号線まで出て、阿太加夜神社の横にある「そば処 八束」に行ってみました。
f0007926_128922.jpg

すごく広そうなお店なので、以前から気になっていたんですよね~~(笑)
なんと庭園まであります。
f0007926_128572.jpg

プチ足立美術館みたいな感じ??
店内には、ギャラリーもあるようです。
平日の日替わり定食を注文。
f0007926_1295783.jpg

これに食後のコーヒーがついて1,050円。
なかなかリーゾナブル。とんかつも柔らかくて衣はサクサクでしたよ。

お店の前から9号線を横切って、旧街道へ入ります。
ココは、大和地方(姫路のあたりから?)から出雲までをつなぐ、
出雲街道の一部です。
こんな感じ。
f0007926_12254876.jpg

旧街道らしく、古い家並みが続いており、
あちこちに神社もいっぱい。
荒島付近に、丘の上に鳥居が建ってる不思議な神社もありましたので、
今度調査しに行かなくちゃ(笑)
この街道沿いに、東出雲→揖屋→荒島と走り、
荒島からちょっとだけ広瀬に向かって、米子付近で再び出雲街道に出合いました。

米子から松江に向かう場合、ルートは、
行きは広瀬からR432を使って行くのが楽しいし楽ですが、帰りとなると
・R431で大根島経由
・海側の中海干拓地経由
・山側の広域農道経由
がありますが、
大根島経由は江島大橋が鬼門だし、
干拓地は変化に乏しい上、工業地帯になっててトラックが多く、
広域農道はアップダウンがきつくて、とても走る気になれません(^_^;)
そこで、新ルートとして旧出雲街道を走ってみたわけですが、
コレがなかなかよかったです。
今度から松江に行く時は、このルートで攻めるかな(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2011-02-23 12:25 | bike
今日は待ちに待った「晴れ」ですよぉぉぉ~~♪♪
結構強い東風が吹いていたものの、
こんな日に走らずにおくものか!!ということで、
お気に入りの国道432号経由、八雲村~出雲街道をツーリングしてきました。

今日は、大山もきれいに見えていました。
f0007926_20543286.jpg

頂上が気持ちとんがって見えるのは、
雪が降って盛り上がってるせいでしょうか(笑)
f0007926_20554689.jpg

広瀬町にある道の駅で休憩。
伯太川沿いからこの広瀬町までは、桜並木が続いています。
この道の駅の周りにも、桜の木がたくさんありますので、
春のポタリングはさぞすばらしいでしょうねぇ~~。

松江方面に向かって国道432号の峠を目指します。
この道は、ホントに気持ちのいい勾配です。
途中の眺めもすばらしいですよ。
峠付近の駒返トンネル。
f0007926_20595856.jpg

このあたりの標高は300メートルありますので、
まだまだ雪が残ってますね~~。
ココからの下りが、雪解け水が溜まっててタイヘンでした(^_^;)

峠を下ったら、本日の目的地、志多備神社へ。
f0007926_2113572.jpg

昨年から行きたかった神社です。
樹齢数百年の、日本一のスダジイがあるそうです。

のどかな田園風景。
f0007926_2124422.jpg

ココが一面蓮華畑とか菜の花畑とかになったらステキでしょうねぇ~
田植えの時期もきっといいだろうなぁ・・・

犬に吼えられながら神社にお参り。
f0007926_2142768.jpg

鎮守の森全体が、スダジイの森になってるらしいです。
そして、こちらが日本一のスダジイ。
f0007926_2154237.jpg

すごく大きかったですよ~~
今にも動き出しそう・・・
「ロード・オブ・ザ・リング」に出てきた木の精みたいですね~~

たくさん写真を撮ったので、次回に続きます(笑)

ちなみに、本日のルートはこちら
[PR]
by nasuka99 | 2011-02-22 21:09 | bike
f0007926_17181174.jpg


写真、特に風景を撮るときに気を遣うのが「水平」。
コレをとるのって、案外難しいようです。
構図や被写体の雰囲気もバッチリなのに、
水平がとれてないばかりに、なんだか気持ちが悪くなることもしばしば。
近頃のデジカメには「水準器」なるものが着いてますよね。
私のRICHO GX200にも着いてるらしいのですが、使ったことはありません。
やっぱり、使うとまっすぐ撮れていいのかな??
グリッドを出して線に合わせることもできるようですが、
両者とも、ファインダー(あるいは液晶画面)から見てる絵の雰囲気に集中できないようで、
なんとなく使う気がしないんですよね。

私は、案外水平とれる方で、著しくしくじったことってないんですが、
でもたまに、ベストショットだと思われる一枚が歪んでたりして、悔しい思いをすることも。
レタッチソフトで角度を修正して切り取ることもありますが、
そうすると、オリジナルとはビミョーに違ってしまう感じもします。

↑の写真はそのまんまオリジナルですが、割とまっすぐに写ってますね(笑)
絞ったらゴミが付いてるのが目立って(^_^;)
見苦しくてスミマセン(笑)
(お掃除しなきゃ・・・)
[PR]
by nasuka99 | 2011-02-18 17:28 | photo
f0007926_180745.jpg


自分で撮ったこの画を見て、
「何かに似てるなぁ・・・」
と思っていたら、そうだ、毛細血管だ!!みたいな(笑)

植物は、地下に根を張ってそれこそ毛細血管みたいに水分や養分を吸収しますが、
冬枯れ状態だと、上下ひっくり返しても同じようなイメージだなぁ・・・(笑)

この時期なると、
これだけ葉っぱが落ちてる木の枝でも、
ほんのり色づいて見えるから不思議です。
これって、木のオーラなんでしょうか(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2011-02-17 18:04 | photo
f0007926_13162311.jpg


わが家から東の日本海側に向かって3キロほど行ったところに、
「弓ヶ浜公園」があります。隣は武道館とゴルフ場。
公園にはちょっとした子供用の遊具もあるので、
遠足等にもよく使われているようです。
近い割には、私はあまり行かないんですが・・・
なぜかと言うと、広い割に樹木が少なくて殺風景、
間を流れている川の河川敷が汚れまくり、
夏は日陰がないので暑すぎ・・・等々の理由があるんですが・・・(笑)

この公園は、
以前は「夢みなと博覧会」で使われた観覧車やジェットコースターなどが置いてあったんですが、
経営不振で撤去され、今では普通の空き地になっています。
まぁ、この辺りで遊園地を作っても、お客さんなんてないでしょう、って感じだったんですが・・・
それよりも、
木を植えたりお花を植えたりして、ハーブガーデンにでもすればいいのに、って感じです。
写真のベンチの後ろにも、樹木があるとのんびり出来そうなんですけどね。
[PR]
by nasuka99 | 2011-02-16 13:24 | photo
f0007926_17333634.jpg


また降りました。
午前中は、多少雪が残ってはいたものの、
2月も半ばともなると、さすがに暖かさを増す日差しで融けるのも早いです。

でも、ハトは集団で寒さをしのいでいるよう・・・
f0007926_17333387.jpg

湊山公園は、
大雪で折れた樹木の片付けもあり、あちこち進入禁止になっています。
城山への登山道も、彫刻ロードも通行止めになってたのは残念でした。

イガイガの実をつけたプラタナス。
f0007926_17333064.jpg

ぱっと見ではわからないですが、
春の芽吹きに向けて、準備が進んでるんでしょうね~~

今日は湊山公園経由でビッグシップまで、確定申告に行ってきました。
書類は全てホームページで作っていたので、チェックして提出するだけ。
にもかかわらず、結構待たされましたよ。
しかも、私を担当した税理士のおにーさん、
前の人が終わって椅子が空いた時点で、いきなりiPhoneをいじり始め、
次を呼んでくれないじゃないですか。
勝手に入って手続きを進めてやりましたけどね。
日当もらってるんだろうから、ちゃんとやれよと言いたい。

午後からお天気も回復してきたので、
たまらず自転車に乗って、近くの公園経由で帰ることに。
今日は公園のはしごですね(笑)
f0007926_17332071.jpg

なんと、ランドナー化しつつあるRSR-4くん!!!
・・・っていうのはウソで(笑)、
通勤用に、多少の雨でも走れるようドロヨケを着けたんです。
なかなかカッコいいでしょ(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2011-02-15 17:46 | photo
自転車に乗れない今日この頃、
何故だか登山関連の本にハマっています。
自分がトレッキング好きだということもありますが、
なんだか、自転車が趣味の人って、登山も趣味っていう人が多いんですよね~
(その逆はあまり聞きませんが・・・)
登山が好きな人は、ダイビングが好きというパターンもあるようです。
こういう人たちって、酸素が少ない場所が好きなんですかね(爆)

最近読んだのが、
「いまだ下山せず!」(泉 泰子著)と、「凍」(沢木 耕太郎著)で、
両方とも雪山遭難を描いたノンフィクションです(後者は、厳密には遭難していませんが)。
私自身は、雪のある山は、きれいだなぁ~とは思うけど、登ろうとは全く思わないし、
ましてや、ピッケルやロープまで使って岩登り(登攀)なんて絶対しません!
7千~8千メートル級の山に登る人たちって、
どうしてそんなところに行かないといけないんだろう??と不思議に思っていました。
でも、本を読んでると、何となくその気持ちがわかるような気がして来ました。

「いまだ下山せず」の方は、遭難した山仲間(正しくはその遺体)を発見するまでの物語で、
「凍」の方は、登山家・山野井泰史さんが難峰に挑み、生還するまでを描いたもの。
特に「凍」は興味深く、登山と自転車レースの共通点も発見できたりして面白かったです。
登山家の皆さんが、次から次へと新しい岩や峰に挑戦したくなるのは、
私が自転車で新しいルートや峠に行きたくてたまらないのと基本同じなんだなぁと(笑)
しかし、登山家の人たちが一番ハマる面白さは、
「命につながる選択をし続けなければならないこと」なのではないかなぁ、と思います。

私たちは、日々「選択」しながら生きています。
朝起きる時間から食べるものまで、全ては選択の上に成り立ってますよね。
「するか、しないか」「買うか、買わないか」であって、その真ん中はありえません。
でも、普段は何も意識することなく、選択生活をおくってるわけです。
ところが、
空気も満足にないような山に登り、想像を絶する低温の世界に入ると、
ルートの取り方、休憩の仕方、食事の仕方、その一つひとつが「命」に関わってきます。
選択することは、生きてることそのものなので、
それが強調される世界にいることで、自分の「生」がより実感できるのではないかと。
本の中で展開される山野井さんの選択の数々は、
私の想像をはるかに超えているし、その決断力たるやすごいものがあります。

そして、ラスト近くで、
何とか生きてベースキャンプに戻った山野井さんが幻覚を見るシーンがあるのですが、
こういうことが人体に起こるのかと、すごく興味をそそられました。
山に行く人がジンクスをかつぐのもわかる気がします(笑)

毎日を何となく流されて過ごしている者にとっては、刺激になる本ですね~~
ナンチャッテ登山者(ワタシ??σ(^^;)の方にも、
是非読んで欲しい本ですね~~。
[PR]
by nasuka99 | 2011-02-14 14:51 | curiosity
新鮮な海鮮丼が食べたい!!
以前からそう思っていました。
近くに境港があるから、行ったらすぐに食べれるじゃん、と思うんですが、
案外近所だと出かけられないもので(笑)

で、今日は午前中、所用で鳥取まで出かけたので、
それじゃあ、ランチは賀露港で海鮮丼だ~~!!と言うわけです。

時間があったので、立ち寄った道の駅で、松葉ガニの生簀を発見。
f0007926_163860.jpg

一匹千円で売ってました。動いてるし(^_^;)
こうやって見ると、カニってやっぱりグロテスク・・・
最初に食べた人ってスゴイ・・・(笑)

道の駅の横には、パワースポット白兎神社があるんですが、
朝っぱらからすごくにぎわっていました。
若いカップルがわんさか。
パワースポット効果はスゴイですねぇ・・・

そして用事を済ませて、お昼前に賀露港に到着。
お食事処「賀露幸」で、海鮮丼を注文。
さぁ、あこがれの海鮮丼です!(笑)
f0007926_1664711.jpg

単品で1050円、定食にすると1370円。
まぁ、そこそこですかね。

トッピングに山芋が使ってありました。
f0007926_168634.jpg

とろろご飯も好きなんですよねぇ・・・
連れは、魚定食を注文。
f0007926_1691497.jpg

焼き鯖が一匹丸々載ってます。

お味はですねぇ・・・
まぁ、普通でした(笑)
貝が硬すぎて噛み切れなくて、食べるのをあきらめました(^_^;)
普段から新鮮なお刺身を食べてるので、
そういう意味ではあまり感動がなかったのかも・・・
都会から来た人とかには嬉しいでしょうね。
連れの定食の鯖は焼きたてではなく、
焼いておいたものを温めたもののようです。
日曜日は忙しいから、作りおきをしておくんでしょうかね。
海鮮丼も出てくるのが早かったので、こちらも作りおきかも・・・
もうちょっとマイナーなお店に行ったほうがいいかもね(笑)

鳥取では、「モサエビ」を名物にしようとメニューを開発中のようです。
港の鮮魚市場でも売っていました。
モサエビ丼とかモサエビラーメンなども開発しているようですので、
出来たら一度食べてみたいですね~~
[PR]