「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

いよいよ2010年最終日です。
今年の大晦日は、昨日からジワジワと攻め下ってきた寒波で、なんと大吹雪になりました。
f0007926_1284388.jpg

昨年の暮れも荒れましたが、今年はそれ以上ですなぁ・・・(^_^;)
いつも大晦日には、日吉津のジャスコまで年末年始の買出しに行くんですが、
さすがに50メートル先が見えないホワイトアウト状態では、
車に乗るのもオソロシイので近場で済ませました。

f0007926_12111244.jpg

今夜から更に積もるらしいですよ。
かまくらが作れそうな感じ(笑)
この分だと、明日もほぼ冬眠状態で過ごさないといけなくなりそう・・・
まぁ、これだけ降ると、返って何も出来ないという覚悟が決まっていいかもです(笑)
f0007926_12124421.jpg


今年のテーマは「challenge」でしたが、
大きなチャレンジと言えば、秋の三朝への自転車1泊旅行ですかねぇ。
鏡ヶ成経由で蒜山日帰りってのもありましたが、
一番のテーマだった「ツール・ド・大山」は、
天候不順が続いて結局かないませんでした。
来年は、何とかリベンジしたい!!!!

個人的に、
来年は公私共にちょっと大変な年になりそうです。
何とか乗り切るために、テーマはアレかな??(笑)

それでは皆さま、寒波に負けず、よいお年をお迎えくださいね!
[PR]
先日本屋をのぞいてみたら、
「市民が選んだよなごの宝 八十八」
という本が目に留まって思わずGET!

f0007926_16291124.jpg


H19年の秋から20年の春にかけて応募された300余の場所から、
88ヶ所を厳選して本にしたもののようです。
オールカラーで1000円。

内容もなかなか充実しています。
f0007926_16345893.jpg

旧市街地からちょっとした郊外まで、
神社仏閣、サイノカミ、景観、巨木、古の道標など、
エッ、近所にこんなものがあったの??と目からウロコの1冊。
最後のページに自分のお気に入りの場所を入れて88選が完成するという気の利かせぶり(笑)
地図も載っているので、探して訪ねてみるのも楽しそうです。

ポタリングにも、徒歩での散策にも使えそうでおススメですよ。
書店で好評発売中(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2010-12-29 16:39 | books
2011年、NHKで
「こころ旅プロジェクト」
という番組が企画されています。

番組HPにあるコメント欄から投稿すると、
採用されれば、どうもその場所に自転車でロケに行って放映するらしいです。
詳細はよくわからないのですが、
年間番組なんだろうか??

「自転車」というキーワードに惹かれます(笑)
私も投稿してみようかな~~

どんな番組になるのか楽しみですね♪
[PR]
by nasuka99 | 2010-12-28 09:21 | curiosity
自転車を巡る情報について、時々参考にさせて頂いてるこちらのブログで、
ちょっと面白い認知科学的な実験ビデオを紹介していたので、
興味のある方はトライしてみて下さい。

そんなに長いビデオではないです。
英語で解説が入りますが、
英語は苦手、という人のために一応通訳(笑)。

「白組は何回パスを出すでしょう」
というのが質問。



人間にとって、2箇所以上同時に注意を向けることはすごく難しいですよね。
でも、車にしろ自転車にしろ、
運転している時はかなりあちこちに気を配らなければなりません。
ふと何かに集中したとき、他のものは全く見えなくなるんだということは、
常に意識しておいた方がいいかもしれませんね。
[PR]
by nasuka99 | 2010-12-24 10:25 | psychology
f0007926_1618961.jpg


最近、新聞等でよく紹介されている言葉、「ロコモ」。
新種のダンスかな~~??などと思っていたら(笑)、
この症状が進めばなんと要介護状態にまで陥ってしまうというオソロシイ状態・・・
『ロコモティブシンドローム』、つまり運動器症候群のことでした。

現代人は寿命が延びた上に、交通機関の発達で歩くことがなくなったり、
時間がなくて運動しなかったり・・・というように、
身体を動かさなくなることで、バランス感覚が崩れたり、筋力が衰えたりして、
自立度が低くなることを言うそうです。
高齢者だけでなく、
最近の若い子は、よくコンビニの前とか駅の階段とかにベタッと座ってますが、
友人が言うには、アレは座りたいわけじゃなくて、立っていられないからだ、ということでした。
先日のニュースでも、子どもの運動機能が低下してるって報道してましたしねぇ・・・
塾や、下手すりゃ学校にも送り迎えだから、
子どもも歩くことが少なくなってるのかもしれませんね。

ロコモ度のチェックはこちらの7項目だそうです。

1.片足立ちで靴下がはけない
2.家の中でつまずいたり滑ったりする
3.階段を上がるのに手すりが必要
4.横断歩道を青信号で渡りきれない
5.続けて15分くらい歩くことができない
6.2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難
7.家のやや重い仕事が困難

私は、今のところ大丈夫かも・・・(^_^;)

ところで、
プロの自転車ロードレース選手に、
「1キロ歩くのと100キロ自転車に乗るのとどちらが楽か」
と聞くと、「100キロ自転車」と答えるそうです(笑)
なんだか、長時間立っていられない選手もいるとか。
自転車に乗ることが日常?になると、自分の重力に耐えられなくなるんですかね(^_^;)
[PR]
年が経つにつれ、どんどん新しい道が造られ、
旧道も舗装されたり、拡張されたりして、なかなか昔の風景を留めなくなりました。
親の話によると、
私の実家の前(旧山陰道)はもちろん土の道で、馬車等も通っていたそうですよ。
私は、ボンネットバスが走ってたのは覚えてますが・・・(20代なんですけど(爆)

昨日のウォーキングは、どうやらその「旧山陰道らしい」辺りを、
R9とJR山陰本線に沿うように歩いてみました。

こちらは、伯耆大山駅を過ぎて、
伯備線と山陰本線が分岐する辺り。
f0007926_10545038.jpg


そして、こちらは、米子と旧淀江町の境界辺りです。
f0007926_1052138.jpg


遠くにお菓子の寿城が見えてますね(笑)
国道431が出来たので景観が変わってしまってると思いますが、
ずっと大山を南側に見て続いてるんですね~~
大山は、いいランドマークになったことでしょうね。
旧山陰道は、この国道の下を通るようなコースで続いています。

昨日の記事でご紹介した高架下付近にあるサイノカミ。
思わずレトロ加工をしたくなるような雰囲気です。
f0007926_10515714.jpg

山陰道は、このあともずっと淀江市街に向かって続いて行きます。

亀甲神社からは、進路を北にとって米子方面に向かいました。
日吉津ジャスコの近辺は、新興の住宅街になっていて、
どうやら道祖神はなさそうです(笑)

トタンの壁に実るアヤシイ果物を発見!
f0007926_10515587.jpg

食えるんかなぁ・・・

道路沿いの生垣にも、赤や黄色の実が生っていました。
f0007926_10515366.jpg

鳥たちのご馳走ですね(笑)

私のご馳走はコチラです(笑)
f0007926_10515145.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2010-12-22 11:18 | photo
今日は、午前中だけ晴れるという予報でしたが、
7時過ぎには既に雲が漂ってきて、なんだか昼までもたないような雰囲気。
2~3時間でも走りたかったんですが、あきらめてウォーキングに出かけることにしました。
ああ・・・年末までにあと1回くらい走れるだろうか・・・
晴れてる地域まで遠征しないといけないかなぁ・・・(^_^;)

f0007926_17375912.jpg


旧日野橋を渡って、旧道沿いを歩きます。
自転車では気が付かなかったけど、橋を下りた道路沿いに荒神社なんてものを発見。
なんと、そこにも道祖神がありました。
f0007926_17335069.jpg


この辺りの地域では、道祖神を「サイノカミ」と呼びます。
いきなりサイノカミさんに出会えて幸先よさそう(笑)

JR伯耆大山駅の前から、佐陀方面へ。
こちらは中島神社というお宮さん。
f0007926_17333874.jpg

新しいサイノカミが祀られていました。
f0007926_17334317.jpg


レリーフのように、線画っぽくなってるのは淀江型のサイノカミなんだそうです。
少し歩くと、次の大畑神社が見えてきました。
f0007926_17333582.jpg

100メートルごとに神社があるって感じです(笑)
こちらのサイノカミは、結構年季が入ってます。
f0007926_17334076.jpg


15日がサイノカミのお祭りだったようなので、
どこにもわら馬が供えてありますね。
f0007926_17333324.jpg


サイノカミは、旅の安全、魔除け、子宝などなど、色々なご利益があるそうですよ。

それにしても、この辺りを歩くなんて初めてです。
こんな道もあったんだ~~!と新鮮な風景にオドロキ。
f0007926_17333014.jpg

高架下のトンネルの向こうに見える木の元には、どうやらありそうですよ・・・
f0007926_17332881.jpg


ありました!こちらにもサイノカミ。
こういう分かれ道にはちゃんと祀ってありますね~~
道しるべにもなりますね。
この道をまっすぐ行ったところには、佐陀神社がありました。
f0007926_17332589.jpg

佐陀神社のサイノカミ。
f0007926_17332116.jpg

男女の絵が描いてあるのと・・・
f0007926_17331761.jpg

石柱だけのものとありました。
ついでに狛犬。
f0007926_17332394.jpg

面白い型ですよね。
ちょっとユーモラスで、でも猛々しい感じ??

そして終点は亀甲(かめのこ)神社です。
f0007926_17331483.jpg

この神社には、サイノカミが9体祀られていて、文化財にも指定されているようです。
おお~・・・いるいる・・・
f0007926_17331231.jpg

でも、コレはちょっと現代風過ぎるでしょう(^_^;)
f0007926_1733851.jpg



亀甲神社は、決して大きくはないんですが、
何故か近隣の神社の分社?群までありました。
f0007926_1733566.jpg

神さまが集まる場所だったんでしょうかね??


もうちょっと周りたかったんですが、なんだかポツポツし始めたので本日はココまで。
ポタリングにもよさそうなコースでした。

本日のルートはコチラ
[PR]
by nasuka99 | 2010-12-21 17:59 | walking
先ほど夕食の買い物に出かけた先のスーパーで、
レジ前の棚に山積みにされていた「大山ピーナッツ」を発見!

f0007926_20275648.jpg


サラダ味とみそ味の2種類がありました。

大山で落花生の栽培が始まったと言う話は2年位前に聞いていましたが、
どうやら、年々作付面積も増えて収穫量が上がっているようですね~。
一度、落花生の花を見てみたいものです。

あっさりした塩味で、サクサクとおいしかったですよ!
年末の酒の肴にいかがでしょう??(笑)
[PR]
この秋から通っていた某講座、
いよいよ本日でスクーリング科目が修了しました。
あとは、最終の課題レポートを書くのみです。
毎月5日、週末の2日間を鳥取市通いと言うのは、結構疲れました(^_^;)
片道100キロ弱ありますからねぇ・・・
それでも、短い期間だったとは言え、
講座で知り合った「学友」は皆すばらしい人たちで、
これからも、ながぁいお付き合いが出来そうで、展開が楽しみなところです。

というわけで、
昨日の講座では、記念?に、仲間と学食に行って「学生」気分でランチ(笑)
鳥取市内にある某国立大学(って一校しかないだろう~)のカフェテリアです。
季節限定メニューとか、サラダバーやデザートまである充実ぶり。
私は、限定メニューのチーズフォンデュハンバーグとサラダバー、
デザートにフルーツヨーグルトを注文(と言ってもセルフサービスですが)。

f0007926_22451151.jpg


ライスもM、S、SSのサイズがあります。
そして驚いたのはレシート。

f0007926_22463864.jpg


わかります??
なんと、カロリーと摂取塩分量が出るんですよ~~(笑)
いいですよねぇ~、このシステム!
ウチの台所にも着かないかなぁ・・・(爆)

お味も、なかなかのものでした。
いやぁ、安かろう不味かろうというイメージだった学食ですが、
近頃はちょっとしたファミレス並み・・・いや、それ以上かもしれません。
大学がたくさんある地域なら、学食めぐりも楽しいかもしれませんね~~(笑)
[PR]
f0007926_14481432.jpg

生垣や、林の中で赤い実をつけるモチノキの仲間たち。
冬になると、なんとなく色がないと思いがちですが、
この実って、きっと白い雪にも映えてきれいなんでしょうね~~
ちゃんと目立つ色になってるんですね。
赤といえば、トウガラシもぶら下がっていたり。
f0007926_14481171.jpg

魔除けっぽい感じになるかも・・・

旧溝口町から旧岸本町に向かう田畑の中の街道沿いには、
昔ながらの蔵のあるようなお家も点在しており、
なかなかの雰囲気です。
f0007926_15123779.jpg

日野川沿いの国道181号線は、
古くから関西方面と結ぶ主要道路として発展しており、
江戸時代からは「出雲街道」と呼ばれていたそうです。
きっと、旅人の往来も多かったことでしょう。
そういう事情もあってかどうかわかりませんが、
この街道沿いには、道祖神があちこちに祀られています。
f0007926_1448433.jpg

こちらは赤岩神社の道祖神。
年代の違うものが3体あるようです。
f0007926_1448192.jpg

道祖神、またの呼び名を賽の神、障の神、幸の神などと言ったりするそうです。
もともとは、現世(うつしよ=人間の世界)と常世(とこよ=神霊の世界)の結界とされ、
村の境界や、霊が集まるという四辻などに祀られることが多いとか。

こちらは、水浜地区の四辻にあった道祖神。
f0007926_14475060.jpg

比較的新しそうですが、
このように男女が描いてあるのは、子孫繁栄にも関わっていたかららしいです。
色んな信仰が合体してるみたいですね~~

岸本駅の近くにある日御碕神社の道祖神。
f0007926_14475237.jpg

わら馬がお供えしてありますね~
天狗のような鼻の人は猿田彦神かもしれません。
この人、元祖道祖神らしいです(天孫降臨のとき、道案内をしたんだとか)。

民俗学系の本で読んだんですが、
日本古来の神さまは山の神で、その神さまが春になると田んぼに降りてくるので、
そのお迎えを、馬でするそうなんです。
その日が来ると村の代表者が馬を牽いて、
馬が立ち止まったり、ビクッとしたりして「神さまが乗った」ことになるまで歩くんだそうです。
その風習が形骸化してわら馬になったのかなぁ・・・と勝手に解釈してますが(笑)
いずれにせよ、このわら馬を含め、
お正月の飾り物は、神さまを迎えた後とんど焼きで燃やされます。

こういう話を聞くと、
日本人は、このようなエピソードで森や水源を守って来たんだなぁ・・・と改めて感心します。

日本で道祖神が最も多いのは長野県の安曇野で、
出雲神話の島根県は、最も少ない地らしいですよ。
鳥取県西部地区にはそこそこあるようですね~。淀江や大山方面にも結構あったし。

古くからの街道を歩くと、
なんだか色んな想像がアタマを駆け巡りますねぇ・・・
頭の横をお団子に結んだ人が前を歩いてるような錯覚に陥りますよ(笑)

道端で見つけた皇帝ダリア。
f0007926_14475679.jpg

花回廊まで行かなくても、ここで見れるじゃん(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2010-12-16 15:48 | photo