<   2010年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

f0007926_174257100.jpg


子供の頃は、
「どうして大人はニュースばかり見るんだろう??」
と不思議に思っていたんですが、
大人になってその理由がわかりました(笑)

既に○十年と言う長い歳月を生きてるわけですから、
知らず知らずのうちに色々と経験を積み、
テレビドラマなどに代表されるフィクションには、
わざとらしさが先行してしまって、面白さを見出せなくなってるんですよね~
かといって、
まるで時間帯の穴埋め的なバラエティ系お笑い番組には全く興味がないし。
歳とともに自分の感性が変わってしまったせいもあり、
近頃、刺激的で脳が目覚めるような番組がなくなってしまったな~、と感じます。
まぁ、どちらかといえばテレビって受身ですから、
ドラマなどでシチュエーションを規定されてしまうと、
想像の余地がなくなってしまってつまらない、という部分もあります。
フィクションなら、テレビや映画よりも本の方が面白いですね~

そんな私が積極的に見るのは、ほとんど旅番組ですかね。
なかなか旅行に出かける時間もないですから、行った気になれると言うよさもあり(笑)。
海外には行く暇もお金もないので(笑)見てもあまり参考になりませんが、
国内モノだと、次出かける場所の参考にもなりますし。
それに、自分の行った場所とかが紹介されるのも楽しいですしね。

一口に旅番組と言っても、色々な見せ方がありますよね。
「いい旅夢気分」みたいに、タレントさんが温泉や観光地中心に出かけるのや、
「家族に乾杯」風の、ピンポイントでその土地の人々と触れ合う的なのや。
歴史上の人物や、過去の有名人の足跡を辿る系のもありますが、
私は結構このタイプは好きです。
坂本龍馬については、大河ドラマの影響もあって、
タイアップした旅行メニューも人気のようですね。
ただ受身なだけではなくて、情報収集にも使え、
更に実際に旅行に出ようと思わせてくれるような番組は、結構刺激的です。

私は、ついついサイクリングやトレッキングと重ね合わせて見てしまうんですが、
そういう部分では、近頃自転車や登山をテーマにした旅番組も増えてきました。
私がロードを買うきっかけになったのは、
NHKの「男自転車ふたり旅」岩手バージョンです。
自分だけの力で、こんなに遠くまで、しかも速く行ける乗り物があるんだ!
と、ある意味目からウロコでした(笑)
実際に手に入れて乗ってみると、マジで1日100キロくらいは楽勝だから更にウロコ(笑)

でも、先日の筒井道隆さんの大山サイクリングは、ちょっと??でしたね~(^_^;)
「自転車の旅」がテーマといいつつ(まぁ雨も降ったからでしょうけど)、
ほとんど自転車に乗っていなかったじゃないですか(笑)
準備された「ふれあい」よりも、雄大な大山をもっと走ってもらいたかったですね。
Tシャツにクロップドデニムジーンズ、そしてヘルメットという「フツーの格好」で、
ゆるい雰囲気のスチールロードに乗る筒井さんは、
いかにも「ポタリストのお手本」というような感じだったのに、
一緒に走ったのが、バリバリレーパン姿のトライアスリートというのもちょっと違うような(笑)
制作に何か中途半端なものを感じてしまい、あまり楽しめなかったのが事実でした。
役者さんはいいのに、モッタイナイことです。

自転車乗りたい熱をサイコーにシゲキしてくれる番組は、
やっぱり「ツール・ド・フランス」ですよ~~!
コレって旅番組ではなくマジにスゴイレースで、
出演者(選手たちとそのサポートの人たち)は、真剣に闘ってるんですが、
なんせその舞台となるフランスの田舎の風景がすばらしいし、
ステージごとにドラマがあるし、
自転車の威力を余すところなく伝えてくれるし、
どんな旅番組よりもコレが一番刺激的です(笑)
「作られたものではない」という魅力って、大きいですよね。
[PR]
早朝から出かければ、
午前中の涼しいうちに着くだろうと踏んで出かけた布部ツーリング。
でも、やっぱり暑かったです(^_^;)
昼までには帰ろうと思ったのに、
写真を撮ったりしてたら進まなくて(笑)、帰宅したのは午後1時過ぎ。
正午を過ぎると、風と日差しが変わってきます。
アスファルトで暖められた空気がまとわりついて、息ができないくらい・・・
やっぱり、この気温で日中のロングライドは危険ですな。

往復新山から伯太町に抜ける県道を走りました。
新山越えしたらすぐに現れる茶畑。
車で通るたびに気になっていたんです。
f0007926_15205764.jpg

私道っぽいところをこっそり上がってみると、
意外にも結構規模が大きかったです。
新茶の季節に来るといいですね~~

f0007926_15212952.jpg


ゲゲゲの大塚町を抜けて、白鳥ロードから宇波方面へ。
ココって、途中までは立派な2車線の道路なんですが、
突然すれ違えないほど狭い道に突入します。
まぁ、広瀬町辺りだといつものパターンなんですが(^_^;)
前回日南町で走った獣道のような県道と似たり寄ったり・・・
しかも、結構な勾配で、ぐんぐん高度を上げる・・・
暑いし坂だしヒーヒー言いながら走ってると、感じのいい集落に出ました。
宇波地区です。
なんだか牧場も(牛、いる??)
f0007926_1521120.jpg

立派な??廃屋。
f0007926_15211365.jpg

どうやら、「塩滝」なる滝があると書いてあったので、
布部とは逆方向ですが、とりあえず行ってみることに。
カラスのカラス避け??がお出迎え。
f0007926_1521928.jpg

なんだか水の流れる音はしますが、どっちに行っていいかわからない。
とりあえず適当に進んでると、「塩滝の由来」という看板を発見。
でも、どこに滝があるかわからなかったので、
適当に撮ったんですが・・・
f0007926_1521688.jpg

どう考えても、コレって塩滝じゃないですよねぇ・・・(^_^;)
まぁいいや、ということで、布部ダムへ。

以前、亀嵩に行った時以来です。
f0007926_15211618.jpg

こうやってみると、結構大きなダムですね~~
白椿湖をパノラマ撮影(クリックで拡大します)。
f0007926_15211973.jpg

今回は、つり橋を渡ってみることにしました。
f0007926_1521231.jpg

しっかりした板が打ってあるし、そんなに揺れないし、
つり橋にしてはあまり怖くなくてよかったです。
つり橋の向こう側は、自然公園のように整備してあるらしいですが、
東屋の入り口も草ぼうぼうだし、ちょっとお手入れ不足ですかね~~

この時点で11時前。
時間があれば、比田方面から帰ろうと思いましたが、
その計画は断念して広瀬町方面へ下りました。
月山富田城のある富田地区の奥の方は、
感じのいい里山が広がっており、尼子ナニガシのお墓など、
歴史の遺構も点在しています。
f0007926_15212636.jpg

(クリックで拡大します)
右側の坂の先が気になる・・・(笑)

ココから米子までがジゴクでした(爆)
とにかく熱風。早く帰らないと死ぬ!!!と思い、一気に走りました。
暑いと、疲れ方も尋常じゃないですねぇ。
往復70キロちょっとでしたが、コレくらいならまだ走れるって感じなのに、
今日はバテバテ。
水分も1.5リットル消費しました。
自転車乗りの皆さんも、十分注意して走ってくださいね(笑)

本日のルート(クリックでちょっとだけ拡大)
f0007926_2043735.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2010-07-27 15:39 | bike
f0007926_10235799.jpg


つい先日まで白い花を咲かせていたような気がするんですが、
もう実になっていました。
もしかして、初夏に撮った梨の花も、
美味しそうな実をつけてるんでしょうか( ̄¬ ̄) ジュル・・・

f0007926_10253336.jpg


でも、ヤマボウシの実はあまりおいしそうじゃないです・・・(^_^;)

通勤途中、ふれあいの里のヤマボウシです。
カメラはNEX+18-55mm
[PR]
by nasuka99 | 2010-07-25 10:28 | photo
せっかく梅雨が明けたのに、こんなに暑くては日中走れません(ーー;)
一応自転車通勤はしてるのですが、それでは物足りないし、
時々、夕方早めに仕事を終えて走りに出ています。
コレと言った目的もなく・・・まさに夕暮れポタリング。

先日は、いつもの赤井出方面まで走ってきました。
NEX+16mmパンケーキレンズの試し撮りも兼ねての散策です。
f0007926_113514.jpg

スウィングパノラマも使ってみたのですが、
広角単焦点を着けてると、どうも右側が黒く余ってくるようです。
この機能はズームを装着している時の方がいいみたい。

f0007926_113375.jpg

クローズアップレンズを着けて撮ってみました。
後ろの粒ボケはやっぱり流れ気味ですね~
でも、広角らしい歪んだ画像や、流れるバックも結構好きなんです。
目で見たままと言うよりも、ちょっと絵画チックなところも、
この手のレンズの面白さかも。

f0007926_113015.jpg

シーンモードに「夕焼け」というのが加わっています。
オートで写すよりも、多少アンバー側に振れるようです。
最近、夕焼けや料理を撮る人も増えましたからね~
特に女性をターゲットにしたコンデジやこの手のマイクロ一眼には、
至れり尽くせりで色んなモードが着いてますね。

ところで、
ツール・ド・フランスも、本日を入れて2ステージを残すのみとなりました。
毎晩毎晩私を寝不足に陥れてくれた闘いもそろそろ終わり・・・なんだか寂しいです(笑)
今年は、1位のコンタドールと2位のアンディ・シュレクのタイム差が8秒で、
今日の個人TTの結果では、まだどうなるかわからない状態。
色々とあった今大会でしたが、
前評判どおり、この2人でマイヨジョーヌが争われそうです。
今期の山頂決戦は、トゥールマレーというピレネーの標高2115メートルの峠でした。
ツールではこの峠を2度通過しましたが、
その眺めがすばらしかったんですよ~~
青い空をバックに、緑の山(木はあまり生えてない)に沿うように走るプロトン・・・
百数十台の自転車が一列のトレインを組み、滑るように稜線を走る様子は、
まるで夢のようでしたよ~~。いやぁ~、癒されました(笑)
あの景色も、自転車ロードレースの醍醐味ですね~~
[PR]
by nasuka99 | 2010-07-24 11:28 | bike
昨日は関西方面に出張でした。
バスで行ったんですが、夜帰宅してから聞いたところ、
何かのトラブルで山陽新幹線が止まってたそうですね。
もしもJRで出かけてたら、岡山で引返さなければいけないところでした(^_^;)

予定より早く仕事が終わったので、
おのぼりさん的ウォーキングを兼ねて、会社のある本町から難波まで歩くことにしました。
距離にすると2.5キロほど。
たいした距離ではないですが、
一歩建物の外に出ると、殺人的な光を放つ太陽が空のど真ん中に鎮座しています。
アスファルトの照り返しがまぶしくて、日陰の暗さがくっきり。
建物と街路樹で陰になってるところを選びながら歩き、
途中で心斎橋筋商店街のアーケードに避難しました。
このアーケードを南下すると、あっという間に道頓堀です。

でたっっ!!グリコ!!!!
f0007926_11345159.jpg

大阪には月1回くらいのペースで来るのに、
道頓堀なんてめったに出かけません。
何年ぶりだろう・・・
1985年、カーネルおじさんはこの橋から道頓堀川に投げ込まれたんですねぇ・・・
f0007926_11382896.jpg

未だに、阪神が勝つとファンが飛び込むという名所です。

このカニも名物。
f0007926_11393593.jpg

私がカメラを構えていたら、横で撮影してたおじさんが寄ってきて、
「すみません、シャッター押してもらえますか」とおっしゃるので、
いいですよ、どこを背景にしましょう??と訪ねたところ、
「カニをバックにお願いします」と。
カニをバックに、バッチリ撮ってあげました(笑)

帰り道、久世から蒜山辺りまでは夕立があったようで、
路面が濡れて、山には靄がかかっていました。
その靄が夕焼けで赤く染まって、田んぼの緑とあいまって美しいこと!
バスでなければ途中で高速降りて撮影に向かってたところです。
なかなかあんな風景には出会えません。
いやぁ~、すばらしかった・・・

P.S.本日のカメラはリコーGX200です(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2010-07-23 11:46 | walking
昨日歩いた大山寺のトレッキングコース、
「僧兵コース」と名前がついており、なかなか気持ちのいい山道でした。
南に行くと、桝水方面へ向かう横手道に続いています。
改めて歩くのは、中学生の時以来かなぁ・・・

新しい標識も立てられており、所々ベンチや東屋が置いてあります。
ゆっくりと散策するのにもってこいかも。
ヤマブキショウマの向こうに見える東屋。
f0007926_15501412.jpg

こんなところに本でも持ってきて読書しながらのんびりするといいと思いますが、
大山のブヨはすごく強力なんです。
刺されると赤く腫れて痒いの何の・・・
蚊に効くカトリス持ってきてもダメだろうか・・・(笑)
ヤマアジサイが花盛りでした。
f0007926_15501895.jpg

お地蔵さまと一緒に。
f0007926_15502138.jpg


整備されてるとは言え、片側は崖です。
f0007926_15502535.jpg

一箇所、木が倒れて斜面が崩落しているところがありました。
落石には注意注意・・・
トレッキングロードは、いったん南光河原に出ます。
f0007926_15502871.jpg

この川の水が冷たくて気持ちいいです♪
後が有名な「金門」になります。
f0007926_15503156.jpg


対岸に渡ってしばらく歩くと、
なんと!!??
f0007926_15503445.jpg

大山寺に着いてしまいました。
確か、ココって最近入場料がいるんじゃなかったでしたっけ??
こっちから来るとスルーですか??

お堂の裏手は、大神山神社への参道につながっています。
f0007926_15503751.jpg

私は、参道を更に北上し、寂静山に向かいました。
階段つきのいい道になってますね~
f0007926_15504894.jpg

子供の頃は、夏休みの都度訪れてはこの辺りを散策したものですが、
その頃は、細い小道がついていただけでしたが・・・
でも、ヘタに階段があると、返って歩数が安定しなくて、歩きにくいですよね。

この階段を登って、更に200メートルほど進むと寂静山山頂。
ココからは、北壁や山並みが望めます。
f0007926_15505060.jpg

反対側には弓浜半島も。
f0007926_15505281.jpg

ちょっと霞んでて見えにくかったけど・・・

中の原方面にも出られますが、ここで折り返して大神山神社に参拝することに。
f0007926_15504023.jpg

この石畳の参道、趣がありますねぇ・・・(歩きにくいけど)
f0007926_15504326.jpg

階段を登ると本殿です。

デカイ!!
f0007926_15504571.jpg

この神社へは何度も来たことがありますが、
改めて眺めると大きいですねぇ。
中国地方で一番大きなお社だそうです。

この辺りは、どこも鬱蒼と樹木が生い茂ってるので、木陰になってて涼しかったです。
やっぱり、夏は大山だなぁ・・・

今日のルート。写真つきの地図はコチラ
[PR]
by nasuka99 | 2010-07-21 16:09 | trekking
梅雨が明けたとたんに何なのこの暑さは!?って感じの毎日が続いてます。
猛暑を通り越して酷暑!
しばらく自転車に乗れてないので、走りたいのはやまやまなんですが、
こんな日に走ると命の危険が・・・(^_^;)
ということで、走る代わりに歩いて来ました。
避暑はやっぱり、山に限ります。

午前中は涼しいところでバイトだったので、出かけたのは午後から。
大山寺の南光河原駐車場に到着したのが2時過ぎでしたが、
結構車が止まってました。大山登山のお客さまでしょうか。
大山も今人気みたいで、休みとなると登山客で大賑わいだそうです。

とりあえず、登山口方面に向かいますが、
私の本日の目的の一つはコチラ。
f0007926_223413.jpg

登山口の近くにある「円流院」です。
水木しげるさんの妖怪天井が見物。
これだけ妖怪が集まってると・・・すごいです。
「どうぞ寝転んで見て下さいね~~」とアドバイスされました(笑)
f0007926_2234471.jpg


円流院をあとにして、向かったのはこちらのコース。
f0007926_2263831.jpg

「僧兵コース」というトレッキングコースで、
阿弥陀堂の横から、大山寺経由で寂静山~大神山神社~中の原あたりまで続いています。
登山道には人がそこそこおられましたが、
こちらのコースは人っ子ひとりいませんでした。
私の貸切トレッキングコース(笑)もちろん、熊避けの鈴も着けて行きましたよ。
写真も撮り放題。
f0007926_2234710.jpg

ツブツブが撮れてゴキゲン(笑)
お地蔵様も拝み放題!
f0007926_2235357.jpg

f0007926_2234980.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2010-07-20 22:18 | trekking
アメリカから帰省してる友人の帰国時期が迫ってきたので、
彼とその息子ちゃんを誘って、大山までブルーベリー狩りに行ってきました。
生まれも育ちも西海岸の彼(奥サマのお里が日本)には、
この日本の梅雨の気候には、かなりストレスが溜まったようです(笑)
昨日は梅雨明け宣言二日目の晴天!
5組のファミリーが集まって、大ハッスルのブルーベリー狩りでした。

大山のふもとでブルーベリー狩りができる農園は結構多いんですが、
今回選んだのはそのうちの1つ、比較的近場の「あきた農園」さんです。
こちらは、園内食べ放題で入園料だけなら300円、
持ち帰りパックつきだと500円(子どもは350円)です。
大山を望む絶好のロケーション。
f0007926_1338638.jpg

園内も広々です。
f0007926_1338321.jpg

眼下には、弓浜半島が広がります。
f0007926_13382623.jpg

早速ブルーベリー狩りを楽しむお子さまたち。
f0007926_13381788.jpg

品種が色々と植えてあるんでしょうかね。
木によって、味が違います。
f0007926_13574544.jpg


味見をしながらおいしい木を見つけては、実を頂いてパックに入れます。
f0007926_13381497.jpg

どれだけ食べたのか・・・全くワカリマセン(^_^;)
f0007926_13375740.jpg


私が到着した時間はそこそこでしたが、
10時も過ぎると、次から次へとお客さまがお見えになって、
あっという間に駐車場もいっぱいになったそうです。
バケツで採ってる人も多かったですよ。
ブルーベリー狩り、密かにブームなんでしょうか・・・(笑)
でも、園内は広大だから、あまり窮屈さは感じません。
めだかの水槽もありました。
f0007926_13382024.jpg

アメリカ帰りのご家族にも、いい思い出になったようです。
紫陽花の英名も聞いたのですが・・・忘れた!(爆)

帰ってから、戦利品を使ってコンフィチュールを作ってみました。
名前はシャレてますが簡単です。
ブルーベリー250グラムに対して砂糖を100グラムくらい加え、
鍋に入れて加熱するだけ。
20分ほどでおいしいブルーベリーソースの出来上がりです。
f0007926_13375348.jpg


こりゃいいわ。
ブルーベリー狩り、マイブームになりそうです(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2010-07-19 13:53 | family
ポタリングの相棒として新規採用したsonyのNEX。
ハス撮りに使ってみたところ、おおむね満足いく使い心地でしたが、
どうも、マクロ撮影が苦手という弱点がありました。
まぁ、そのうちマクロレンズも発売されるだろうし(高いだろうけど)、
主な被写体は風景と自転車だから(笑)そんなにこだわることもないか、と思い、
いざと言うときの花撮りまたはグルメ撮りには、
クローズアップレンズで間に合わせることにしました。
f0007926_12273883.jpg


MARUMIのMC+4というやつです。
番号が大きくなるほど倍率が高くなる(近くまで寄れる)ようです。
+3でも十分かと思いましたが、
コレを使うのはよほど寄る時なので、大きい方を選びました。

クローズアップレンズなしで撮影。
f0007926_12274516.jpg


クローズアップレンズをつけて撮影。
f0007926_12274826.jpg


どちらも、ピントが合う最短距離からです。
クローズアップレンズを着けると、結構寄れるもんですね。

こちらもレンズなし。
f0007926_12275344.jpg


レンズあり。
f0007926_12275161.jpg


ボケ具合もそこそこです。
まぁ、緊急避難的な実用レベルには耐えるのではないでしょうか。

早速次のポタで使ってみよう!
[PR]
by nasuka99 | 2010-07-19 12:35 | photo
明日18日は、トライアスロン皆生大会が開催されます。
昨年は大雨で途中で中止になりましたが、
今年はお天気になりそうでよかったですね・・・って、かなり暑いと思いますが(^_^;)
運動する人には、多少曇ってて小雨がパラつくくらいがちょうどいいかも・・・

最近、店の前をよくローディーが通るんですが、
皆さん、店の中を覗き込むようにして行くんですよね。
ほとんど男性なのに、ウチみたいな店に興味があるのかなぁ??
・・・なんて不思議に思ったり。
あるいは、
店の中に私のロードが置いてあるからそれを見てるのかも!!
・・・なんてうぬぼれたりするんですが(笑)、
自転車は見えないところに置いてあるのでまずそれは考えられない・・・

あるとき、ふと、
そうだ、あのヒトたち、ショーウィンドウに映った自分の姿を見てるんだ!!
ということに気づきました!(笑)

こんな感じですから・・・
f0007926_18414545.jpg

そりゃ、よく映るでしょうなぁ・・・

ローディーって、案外ナルシスト・・・(爆)
[PR]