「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

昨日のサイクリングは、
花見の他に溝口町の楽楽福神社を訪ねることがもう一つのイベントでした。
この辺りには「楽楽福神社」が4つくらいあるみたいですが、
そのうち、日南町の東西楽楽福神社、そしてこの溝口町の神社が、
日野郡三楽楽福神社として崇拝されているそうです。

f0007926_1154182.jpg


国道に沿って走るJR伯備線のすぐ隣にお社があります。
遠くから見ても、
田んぼの中ここだけこんもりと鎮守の森が茂ってるのでよくわかります。

集落に通る道から神社まで、長い参道が続いています。
f0007926_1171214.jpg

田畑の中に突然現れる森の中のお社。
f0007926_1175868.jpg

すぐそこに住宅があったり、大きな道路が通ってると知っていても、
こういう場所に来ると何故か別世界を感じますね~~
f0007926_1185294.jpg

立派な龍のモニュメント。

お社の隣には、「孝霊天皇崩御の地」と書いてある鳥居があります。
f0007926_1110558.jpg

どうやら古墳のようですが、
JRを通すため、一部を削った、みたいなことが書いてありますよ(^_^;)
f0007926_11122813.jpg

※クリックで拡大

この神社のすぐ近くに、「鬼住山」という山があるんですが、
どうやらそこに鬼が住んでて、孝霊天皇とその息子の鶯王が退治した、
という伝説が残っています。
その際、住民が笹に包んだ団子を献上し、
それが「楽楽福団子」として販売されてるようです。

狛犬とご神木にも歴史を感じます。
f0007926_1117467.jpg


f0007926_11172832.jpg




[PR]
by nasuka99 | 2010-03-31 11:19 | hobby
待ちに待った休日の晴天!(涙)
RHC号に乗るのはまさに一ヶ月ぶりです。

今日は、お店のお客さまからの情報で、
道もよくて枝垂桜がきれいだという県道35号線を通り、
法勝寺川土手の桜から、岸本の菜の花を見て周ろうというサイクリングです。

まずは日野川から法勝寺川へ向かい、土手を走る。
f0007926_1624717.jpg

ここの土手沿いは、日当たりもいいし、
春は菜の花が満開です。
f0007926_16251256.jpg

桜はまだ二分咲き~三分咲きくらいでしょうか。
このまま暖かくなれば、週末には満開ですね~~
f0007926_16263756.jpg

お花見に向けて、いつものようにぼんぼりも飾ってあります。
f0007926_16272070.jpg


ここからは山越えです。
金華山の横を通り、ループ橋を渡ります。
教えてもらった通り、車もあまり通らない、きれいな走りやすい道です。
時々、こういう広域農道っぽいのは、
自転車のために作ってあるんじゃないか、などと思ってしまいます(笑)
枝垂桜は見つかりませんでしたが(まだ早いのかも)、
桜並木は何箇所かありました。
田んぼの広がる、いい眺めの道でした。

この辺りが頂点。
f0007926_16313751.jpg

8%もあったのかなぁ??
広いから、そんなに坂が気にならなかったんですが、
結構高いところまで登ったようです。
正面には大山が見えていました!
f0007926_16322765.jpg

先日の寒さで、また雪が降ったんですね~~
真っ白でしたよ。

ここからは気持ちのよい下り。
下りきると二部に出ます。そのまま南に進むと間地峠を越えて根雨に出ます。
進路を北にとり、まずは溝口町へ。
今日は、溝口町の楽楽福神社に寄るのも目的の一つでした。
詳細はのちほど。

溝口町からは、国道は通らずちょっと山側へ上がり、
10%と書いてある坂を登って岸本方面へ向かいました。
西側には国道が見えます。
途中で滝もあったりして、なかなかいい感じの道路でした。
笹の向こうに見えます??
f0007926_16384218.jpg

それなりに落差のある滝でしたよ。
大きな音がしてたので気づいたんですが、笹が邪魔で見えにくいですね~(^_^;)

この道は、リサイクルセンターの横に出ます。
ここから下るとすぐに岸本駅。菜の花畑です。
f0007926_164030100.jpg

ついでに大山&菜の花ポイントへ!
f0007926_16405875.jpg

午後からは風が強くて、マクロ撮影は難しかったですが、
菜の花も、ずいぶん咲いていました。
f0007926_1641335.jpg

春真っ盛り!という感じですね♪

ルートはこんな感じです。
[PR]
by nasuka99 | 2010-03-30 17:04 | bike
今日は山陰ポタリング倶楽部のポタ会始めの予定でしたが、
なんだかあいにくの雨・・・
集合場所の白鳳の里に着いた時点では、結構本気で降ってました(^_^;)

今回は、入部したて、自転車も買いたて(笑)の部員さんが2名いらっしゃったので、
自己紹介兼ねてお茶でもしようと喫茶室へ。
私は、以前から気になっていた「どんぐりソフトクリーム」をいただきました!

f0007926_14512862.jpg


う~む・・・見かけは確かにどんぐりっぽい色。
果たしてお味は・・・??
・・・何と言いますか、少しあっさり目のソフトクリームでした(笑)
っていうか、どんぐりってどんな味なのか知らないし(爆)
ココの喫茶室では、以前どんぐりコーヒーと言うのも飲んだことがあるんですが、
そちらも普通のコーヒーとさほど変わらなかったような・・・
まぁ、とりあえず食べてみた、ということで。
今度は、香取のヨーグルトソフトを食べてみなくては・・・!!

さてさて、
肝心のポタ会ですが、雨が降っていたのでとりあえず中止です。
朝の時点で既にやる気のなかった(爆)私は最初から持って行かなかったのに、
それでも、自転車を車に載せてきている人が4人もいました!
見上げたポタリング精神です。
お茶を飲みながら自転車の話題、カメラの話題などで盛り上がり、
そのうち雨がやんで日が差してきたので、
壷瓶山で撮影会でもするか!と言うことになり、
私以外の人は自慢のカメラを抱えて撮影現場に移動です。
私は、仕事もあるので帰ってきましたが、
現在はすっかり青空が見えているので、
どうやら「雨オンナ」はワタクシだったようです(^_^;)
皆さん、これからは私を誘わずポタ会してください(爆)

しかし・・・
今日のポタ会もどきでわかったことは、
皆さん、着々と「秘密兵器」を手に入れているということです(笑)
どこが不景気??(爆)みたいな。
それとも、
これらのマシンを買うために、
ツメに火を点すような生活をしてらっしゃるのでしょうか・・・
まぁ、私も3日間カレーで過ごしたりはしますけど(^_^;)

ともかく、今日は残念でしたが、次回は是非、青空の下、
思いっきりペダルを踏みたいですね~~
[PR]
久しぶりに晴れましたね~~♪
昨日はミゾレ(っていうか、雪)まで降って、どうなることやら・・・
と思いましたが、今朝は無事朝ポタ出来ましたL(@^▽^@)」

と言っても、近頃忙しいのであまり遠くまでは行けず、
そういうことで先日道に迷ってズッコケた上安曇の楽楽福神社を再探索することに。
どうやら、曲がり角にN新聞の集配所があるらしいので、
それを目印にしました。

それでもちょっと坂があった方がいいなぁ、と思って、
日野川土手から永江団地を抜けて、広域農道を通るコースを選択。
河川敷や、芝生状態になっている田んぼには、ヒバリをはじめ色々な野鳥がいます。
まっちゃんがいれば教えてもらうのに・・・(爆)
などと思いながら、もうすっかり花が落ちてしまった梅を眺め、
盛りになった菜の花を楽しみながら別所地区に到着。

そうだそうだ、ココにも迷って失敗した神社があった!
と、まずは船上神社に行ってみました。

細くて急な坂道に入ってすぐに階段があります。
f0007926_12104085.jpg



鳥居もな~んにもない、小さなお社が一つある神社です。
f0007926_1212091.jpg

f0007926_12121641.jpg

真下にある民家の犬にほえられながら参拝を済ませ、
次は楽楽福神社です。

予定通りN新聞の看板のある家屋の横を入っていくと・・・ありました!
f0007926_12133028.jpg

さほど大きな神社ではないですが、
やっぱり、歴史と言うか、何か重々しさを感じますねぇ。
f0007926_12143917.jpg

簡素な拝殿。
f0007926_12145769.jpg

狛犬のコケコケしい姿にも、年月の重みを伺えます。

楽楽福神社は、ここの他に溝口町、日南町にもありますが、
孝霊天皇を祀ると言われている神社です。
孝霊天皇は、2世紀半ばに鬼退治で活躍したと言われている方で、
「桃太郎」のモデルである吉備津彦と、
倭迹迹日百襲媛命(ヤマトトトヒモモソヒメノミコト)、
つまりあの「卑弥呼」のお父さんに当たるそうです。

でも、拝殿の屋根を見てみると・・・
f0007926_12254026.jpg

千木が地面に対して水平に切られています。
昔、このように水平だと女の神様、垂直だと男の神様が祀られてるんだよ~、
と教わった記憶があるんですが、
でも、こちらの屋根は鰹木(千木と千木の間に寝かせてあるある棒)が3本。
これが偶数だと女、奇数だと男だそうです。
どちらが優先なのかわかりませんが、ということは、両方か??
孝霊天皇と、その奥様が祀られてるのかも知れませんね。

昨夜は冷え込んだのか、
お手水の水は凍りまくりでした(笑)
f0007926_12294793.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2010-03-27 12:29 | bike
この時期里山歩きをすると、
目に付くのはやっぱり菜の花です。
f0007926_13123529.jpg

「菜の花」という決まった花はなく、アブラナ科植物の総称だそうです。
ですので、色んな菜の花が目に付きます。

こちらはキャベツ。
f0007926_13111885.jpg

こういう状態を、俗に「のぼる」と言います(笑)

ミズナでしょうか。
f0007926_13115117.jpg

小さい黄色がきれいでした。

こちらはチンゲンサイ??ナッパ??
f0007926_13122398.jpg

※どうも、コマツナのようです。

そして、 ブロッコリーにも!
f0007926_1313458.jpg


のぼった野菜で、畑もにぎやかですねぇ~~(笑)

::::::::::追記:::::::::::

こちらのページに、色んな菜の花が載ってます!
[PR]
by nasuka99 | 2010-03-24 13:13 | photo
f0007926_20365770.jpg


なんか、つくしって中から光ってるように見えません??
つくしライトって感じで(笑)
今にも爆発しそうな雰囲気もあるし。

f0007926_20381555.jpg


小学校のとき、
「春」をテーマにして作った詩が、
先生にほめられたのを思い出します(笑)

コブシの花が開くとき
線路の向うの横っちょの
つくしのぼうやが顔出して
優しい春を迎えます・・・

・・・・・・・(中間忘れました(^_^;)

・・・小さな子供のつくしんぼ
小さな体で背伸びして
大きな空に向かいます

・・・みたいな感じだったような。
もっと言葉は多かったと思いますが、
最初と最後しか覚えていません(^_^;)
「つくし」と言えば「春」というイメージだったんでしょうねぇ・・・

オマケです。
市内某所のソメイヨシノ。
f0007926_20443210.jpg

一輪二輪咲いてましたよ~~
週末は晴れるらしいですから、
一気に咲くかもしれませんね♪
[PR]
by nasuka99 | 2010-03-23 20:45 | photo
平城京遷都1300年記念(ナント”710”ステキな平城京!歴史で習いましたね♪)、
奈良ではせんと君が大活躍しているようですが(まんと君は見ないなぁ・・・)、
ここ山陰でも、
古事記編纂1300年記念でイベントしよう!と士気が高まっているようです。
先週は、NHKBShiの「新日本国風土記」でも出雲大社が取り上げられていましたし、
近頃朝ポタ神社めぐりをしてても、
こんなにたくさん古事記がらみの史跡があるんだ~~!
と再認識したところですから、
山陰の優れた古代文明を、もっともっと世に知らしめて欲しいと思います(笑)

そのためには、
史跡周りの環境をモチっとイイカンジに整えることも肝心だと思いますが、
そのお手本となるのが、やはりせんと君の地元、奈良でしょう~~
奈良には、山の辺の道をはじめ明日香村、葛城古道、柳生街道など、
里山風景の中の史跡をうまぁく利用しています。
山の辺の道も、天理~桜井で15kmほどありますが、
きちんと案内板が立ってるので迷うことはほとんどありません。
感心したのは、
分かれ道の案内板に、バス停の方向と距離も示してあると言うことです。
もう歩けない~!と思ったら、気軽にバスに乗って帰れるのはポイント高いです。

しかも、
江原ナニガシの影響か、近頃は空前の神社ブーム。
出雲大社や須佐神社なども、
パワーと癒しを求める若い女性が引きもきらないらしいですよ。

こちらは、日本初の神社と言われる大神神社。
ご神体は、後ろにある三輪山です。
f0007926_1631124.jpg

山の辺ウォークをしている人を含めて、
次から次へと参拝客が訪れていました。
この鳥居も何やら雰囲気があっていいですね。
f0007926_10383861.jpg


こちらの主祭神は大物主大神。
蛇や水で表される神さまです。
ですから、お手水はもちろん・・・
f0007926_165153.jpg

蛇でございます。
f0007926_1653772.jpg

オオモノヌシと一緒に、オオナムチとスクナヒコナが配祀されているのが印象的でした。
淀江方面にポタるときによく通る小波の集落に、
「三輪神社」というお社があるんですが、
どうやら大神神社と関係があるようです。
オオナムチ(大国主命)といい、
やっぱり、奈良と山陰には、深いつながりがあるのでは??
と思わせる史跡です。

山陰でも、こういう歩きがいのある歴史古道を整備すると楽しいかもしれませんね。
松江から出雲まで、天平古道と言うのがありますが、
平田から西側は、ちょっと歩くのをためらってしまうような道ですからね~~(^_^;)
[PR]
by nasuka99 | 2010-03-22 22:26 | hobby
都会からこちらにお嫁に来られた方が、
あまりにも町に刺激がなくて(なんてったって、店が8時には閉まってしまう環境ですし)、
たまらず離婚して帰ってしまう、という事態に何度か出くわしたことがあります(笑)
かく言う私も、若い頃(5年前くらい??(爆)はにぎやかな都会に憧れたもんですが、
実際に暮らしてみると、どうも落ち着かず、
現在も、出張で大阪に出ると、梅田のあの人ごみに辟易してしまうことが多いです。
都会が落ち着く、という方もいらっしゃいますが、
どうも私は田舎の子で(笑)、どちらかと言うと自然に囲まれていた方が心地いいです。

ですから私にとっての「心の洗濯」は、里山トレッキングです。
自転車もいいですが、身軽に歩くのも楽しいですよね~~

ココからトレックスタート。
f0007926_10334022.jpg


放し飼いの鶏に出会ったり・・・
f0007926_10291719.jpg

菜の花なんて咲き放題だったり・・・
f0007926_10284866.jpg


紅色に染まった梅の木と、
白い花をつけたコブシが緑を背景に鮮やかです。
f0007926_10313374.jpg


自然は、春夏秋冬違う表情を見せてくれますね~
まさに、オートマチックに変わる絵画、という感じ。

たたなづく青垣を背景に、畝傍山と耳成山が見えます。
f0007926_1116457.jpg

のどかな田舎道。
f0007926_10331310.jpg

背後に見えるのは三輪山です。
このふもとに、大神神社が鎮座しています。

日本最古の公道といわれる山の辺の道。
古の人々が同じ道を歩いたんだなぁ・・・と思うと、感慨ひとしおです。
1日をゆっくり過ごすなら、やっぱりこんな場所がいいですねぇ・・・
第一、街中は、お金がないと楽しくないし(爆)
[PR]
by nasuka99 | 2010-03-21 11:14 | trekking
相変わらずお天気が安定しない3月です。
先日の京都トレイルも、山を降りた途端に雨が降ってきて、
間一髪と言うか、アブナイところでした(^_^;)
今日も、雨予報の合間の晴れということで、いそいそと朝ポタに出かけたんですが、
これがすごい強風!
南西に高気圧、北西に低気圧、みたいな気圧配置なんでしょうか・・・
夕方からは雨になるということで、
南西の風がものすごく強くて、踏ん張ってないと横に倒れそうな感じでした。

日野川土手を南に向かったんですが、モロに向かい風でしょ。
途中で土手を降りて田んぼの中を走ることにしました。
あちこちで菜の花が満開です。
f0007926_1233932.jpg

この辺りを通るたびに気になっていた神社へ。
f0007926_124129.jpg

土手のすぐ横に鎮座しています。
調べてみたら、「金毘羅大権現」となっていました。
あの金毘羅さんと関係があるんでしょうか??
f0007926_1253297.jpg

背には土手、前には田んぼ。
f0007926_126232.jpg

鳥居をくぐって続く一本道が、なんとなくトトロめいた雰囲気ですね(笑)

相変わらず向かい風ですが、がんばってもうちょっと南側にある八幡神社へ。
f0007926_1273245.jpg

日野川に架かる八幡橋のすぐ近くに鎮座しています。
なかなか立派な神社です。
f0007926_1281146.jpg

狛犬のショットも。
f0007926_1284491.jpg

さっきの金毘羅大権現さまでは狛犬を撮らなかったなぁ・・・(^_^;)
手を離したら自転車が倒れそうで、
撮影に集中できません(汗)

ココから先般見つけられなかった下安曇の楽々福神社を目指すつもりでしたが、
あまりの強風のため、撤退することにしました。

帰りも、途中まで田んぼ道を走っていたら、こちらでも神社を発見。
f0007926_1211988.jpg

田んぼの中にこんもりとした森があって、
小さなお社がありました。
地図では「高田神社」となっています。
半径500メートルくらいのところに3つも神社が!

こういう風景は、後世に残したいですね~~
[PR]
by nasuka99 | 2010-03-20 12:17 | bike
先日、(またしても)出張ついでに上洛し、
京都一周トレイル東山コースの続きを歩いてきました。
今回のコースは、前回歩いた伏見稲荷~将軍塚からちょっと北上して、
蹴上~銀閣寺までのおよそ8kmです。
トレイル自体は、前回と同じくひたすら登って下ってまた登るの山道なので紹介省略(笑)

今回のメインは、大文字山です。
そうです、あの、「五山の送り火」で有名な、「大」の字が書いてある山!
標高も、ココが一番高くて、430メートルくらいでしょうか。
かなりの絶景らしいというウワサは聞いていましたが、
たどり着いてビックリ。まさに絶景でした。
f0007926_15441094.jpg

霞んでいますが、
京都市街がまさに一望です。
三角点は、周囲が森なので視野はあまり広くないのですが、
向いに西山、眼下に京都御所や二条城の森などを俯瞰すると、
高いところまで登ったなぁ・・・と感動しますよ(笑)

そして、ちょっと下っていよいよ大文字焼きの火床へ。

f0007926_15463285.jpg


すごいです。
急斜面に火床がしつらえてあり、真下に京都市の街並みが迫っています。
送り火に備えて山肌がむき出しになっているので、
山頂よりもかなり眺望がいいです。
銀閣寺からだと、登山道も整備されていますから、
気軽な服装でハイキングに来ておられる方も結構ありました。

ここが「大」の字の要です。
f0007926_15491440.jpg

五山の中では一番標高が高いのでしょうか・・・
北方向に妙法、舟形、そして左大文字と、五山のうち3つが見渡せました。
f0007926_15503686.jpg

ここから送り火を見るといいかもなぁ・・・(笑)

4年間京都で生活していながら、
五山の送り火は一度も見たことがありません(^_^;)
お盆なので、たいてい帰省してたし。
京都トレイルなんてもんがあることはもちろん知らなかったので、
こんな風景が身近にあるとは想像できませんでした。
京都近辺にいらっしゃる方は、一度登ってみる価値がありますよ。

京都は寺巡りだけではない!ということを改めて実感(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2010-03-19 15:53 | trekking