<   2009年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

f0007926_15441638.jpg


クリスマスまで1ヵ月弱となり、
お茶の間のニュースでも、あちこちイルミネーションがきれいだよ~、
という話題をよく見るようになりましたね。
確かにきれいだとは思うんですが、
エネルギーの無駄遣いは地球温暖化につながるとか、CO2を減らそうとか騒ぎながら、
かたやイルミネーションには寛大・・・ってのは、
なんだかダブルスタンダードのような気が。
近頃は環境に配慮してLEDを使うとか言ってますが、
使うもんは使うんだから、同じじゃないか、と思ってしまいます。
きれいなイルミネーションを見ても、
手放しでは喜べない自分がいたりして(笑)

冬になると夜が長いですから、
イルミネーションで気分を盛り上げよう、というのはわかるんですが、
わざわざ地上に電球をばら撒かなくても、
真っ暗にして、空を見上げれば、ホラ、無数に散らばってるじゃないですか、星が。
地上の明かりもきれいかもしれないけど、
私は、夜空の星の方が、数倍美しいと思いますよ~~
街中では漆黒の闇なんてのはもう考えられないので、
ビルの間に垣間見える星の数はショボイと思ってしまいがちですが、
大山辺りに行って夜空を見上げると、そりゃもう、美しいの何の。
星のきれいな冬だからこそ、イルミネーションより暗闇の方が価値があると思います。

あちこち照らすのをやめて夜を真っ暗にすれば、
若い子も外をほっつき歩かなくなって、案外犯罪も減るのでは??
家族の団欒も増えるかもしれませんよ??
きれいな星空も見れるし、一石三鳥くらいにはなりそうですよね(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2009-11-28 15:56 | think
f0007926_1629476.jpg


南部町は富有柿の名産地とのことで、
毎年11月に「柿の種吹きとばし大会」が開催されることでも有名です。
優勝者はハワイ旅行に行けるらしい。

近頃、熟れた柿がすごく安くなってて、
とっても甘くておいしいので、ついつい毎日食後のデザートにしています。
クリニックをやってる友人が言ってましたが、
この時期になると、病院に来られる患者さんの血糖値が軒並み上がってるんだとか。
聞けば、
「柿がおいしくてねぇ・・・毎日5個食べてるんですわぁ~~」
だそうです(^_^;)
そりゃ、血糖値上がるわ(笑)

おいしいからといって、果物の食べすぎには注意です(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2009-11-27 16:35 | photo
先日日南町をポタリングしたときの画像。
里山は、すっかり晩秋の趣。
紅葉は終わっていましたが、
大地を埋め尽くした落ち葉の絨毯がすばらしかったです。
ネイチャーゲームがしたくなるような(笑)
f0007926_12294916.jpg


まるで林の主のような柿の木。
f0007926_12303134.jpg


冬桜も咲いていました。
f0007926_12331914.jpg


渓流には、所々に丸太橋が架かっていて、渡れるようになってます。
子供を連れて来たら喜びそう・・・(笑)
f0007926_12341459.jpg


遊歩道には、溜池が数箇所あります。
いいお天気だったので、景色が映ってきれいでした。
こちらは、溜池に咲く睡蓮。
f0007926_1235212.jpg

澄んだ水の中には、落葉した紅葉がぎっしり。
水温が低いせいか、腐ったりしないんですね。
まるで水中紅葉、って風情です。
f0007926_12374914.jpg


清水屋さんをあとにして、菅沢ダムまで足を延ばしました。
f0007926_12385515.jpg

ここも大きなダムですね。
ダム湖の日南湖を一周する遊歩道があるらしいですが、10キロあるようです。
f0007926_12395164.jpg


欄干にも紅葉。
f0007926_12403066.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2009-11-26 12:40 | photo
ただ、「カレーを食べる」という目的のためにだけ、
松江まで自転車で走ってきました(笑)
往復75キロくらいかな??(迷ったし(^_^;)

10時前に出発。
今回は、ロングライド初心者の妹も連れて行ったので、
距離が短い干拓地コースを選びました。
昼間は晴れ、という予報に反して、なんだか既に雲がかかる空。
安来の干拓地に着いた頃には、すっごい霧が出てきてびっくり。

f0007926_1402443.jpg


視界20メートルくらいか??
薄暗いし、霧の中からゾンビでも出て来そうだなぁ・・・(恐)
気温も一向に上がらない。
止まると寒いので、とにかく爆走(笑)

12時前に、ようやくたどり着きました。
目的地、「スパイス王国」です。
f0007926_1435416.jpg

松江市内から、八雲に向かう道沿いにあります。
隣のコーヒー屋さんもなんだか気になるんですが(笑)

お店に入ると、出迎えてくれるのはにこやかな笑顔のインド人スタッフ。
シェフもフロアスタッフも、ほんとにみ~んなインド人(笑)
カタコトの日本語で注文をとってくれます。
ちゃんと通じますので、ご安心を。

私が頼んだのは、キーマカレーとナンのセット。
f0007926_1465636.jpg

ナンがモチモチしておいしかったです。
カレーの味もいけましたよ。
お値段なんと690円!

連れ二人はタンドリーチキンセット。
f0007926_148385.jpg

こちらも600円くらい。
3人で、しめて2000円ちょっと。安っっ!

夕方からは雨になりそうだったので、
食べるだけ食べてさっさと帰路に着きました。
同じ道をひたすら爆走(爆)
途中に、SPDペダルが落ちてたので拾って帰りました(大爆)

スパイス王国、なかなかいいです。
なくなって欲しくないので、皆で食べに行きましょう(笑)。
[PR]
by nasuka99 | 2009-11-25 14:11 | bike
さて、先日伺った日南町の「ときわすれ清水屋」さん。
ゆったりと広がる里山の中の一軒屋で、
家屋の前には緩やかに流れる渓流と、雑木林があります。
小鳥のさえずりと川のせせらぎしか聞こえないという、なんだか贅沢な場所(笑)

こちらが玄関。
f0007926_1781784.jpg

中に入ると広い土間があり、
段を上がったところに囲炉裏があります。
f0007926_1783497.jpg

暗かったので少々の手振れはご勘弁(^_^;)
でも、すごく雰囲気があって素敵でしょ??
昔話でも聞きたい気分ですよね~

この日は寒かったのでガラス戸が閉まっていましたが、
そのガラス越しに眺めた中庭。
f0007926_1785427.jpg

縁側に座って、ゆったりとお茶を飲むのもよし。

清水屋さんのメニューは、そばオンリーです。
温かいのと冷たいのと、それぞれ3種類。
プラス500円で定食がセットになります。
私は、ざるそばを定食のセットでいただきました。

こちらがセットの定食。
薫り高い生姜ごはんと、ほんのりおしょうゆ味の、ほくほくした野菜の煮物。
f0007926_1792735.jpg

絶品です!特に煮物!!サイコーーーー!!!

そしてこちらがざるそば。朝挽いて、茹で立ての新そばです。
f0007926_1794543.jpg

細麺でコシが強く、香りのよいおそばでした。こちらも絶品!

いやぁ、せせらぎを聞きながらいただくお蕎麦、おいしかったですよ~
日がな一日外を眺めて、夕焼けまで楽しみたいようなロケーションです。
まさに「ときわすれ」。
自転車も、心なしかのんびりしているような気もします(笑)
f0007926_1710219.jpg


清水屋さんは、今年から、冬の間だけ米子でお店をオープンされるそうです。
日南町での営業は、年内は11月29日まで。
このロケーションをご馳走にしたい方は、是非行ってみて下さい。
米子店のオープンは12月12日だそうです。
[PR]
by nasuka99 | 2009-11-24 17:55 | bike
今日は久々の快晴でした!
先週も出張で休みがとれなかったので、
今日は無理やり休んでそばポタ第二段です。

お出かけ先は日南町。
f0007926_22131092.jpg

「ときわすれ清水屋」さんという、
古民家を使ったお蕎麦屋さんです。
片道約30キロ。
日野川沿いから法勝川沿いを走り、国道180号に合流。
緑水湖の手前からはヒルクライムです。

10数キロに渡って、ゆる~い上り坂が続きます。
大山のようにきつくはないんですが、勝負が長い(^_^;)
こんな感じ。
f0007926_22331128.jpg


ついに頂点を極めたところで、日南町突入~~
f0007926_22342694.jpg


ここから清水屋さんはすぐです。
出迎えてくれたのは、こんなステキな里山の風景と・・・
f0007926_22351592.jpg

これまたいい感じの古民家と・・・
f0007926_22362011.jpg

そしてカワイイスタッフのはなちゃん!
f0007926_22365533.jpg


お蕎麦のお味は・・・最高でした!
続きは明日にでも・・・!
[PR]
by nasuka99 | 2009-11-23 22:37 | bike
先日自転車のペダルを買ったんですが、
その外箱に書かれていた表記がこれ。

f0007926_1442996.jpg



これ、み~んな「ペダル」のことですよね??(笑)
上4つくらいはなんとなくわかるんですけど、
下から3つ目と4つ目!
何コレ??みたいな(笑)
読めねぇ(爆)
何語??

「踏板」は中国語でしょうかね。日本でも通じそうですね。
[PR]
by nasuka99 | 2009-11-22 14:07 | bike
そのまんま!びゃははは (≧ω≦)b

八百一彦
[PR]
by nasuka99 | 2009-11-19 13:08 | fun
番宣&備忘録です。

11月21日(土)に、「男自転車ふたり旅」の2時間番組が放映されます。

NHKハイビジョンでの放映で、
午後12時~2時までが、蟹江さんと猪野さんのイタリアバージョン、
午後2時~4時までが、茂山さんと黄川田さんのチェコ・ボヘミアバージョンです。


前回放映されたときは1時間だったので、
倍の時間になって、新たなエピソードが盛りだくさんかも!
私が遭遇したデローザの走る姿が見れますよ~~(笑)

見逃した方は、NHKオンデマンドでも見れるそうです。
[PR]
by nasuka99 | 2009-11-19 09:34 | bike
f0007926_1603448.jpg
自転車ツーキニストの疋田智さんの著書、
「自転車の安全鉄則」が朝日新書から発売されています。
(詳細は、こちらも作家の斎藤純さんのコラムに書いてありますので、どうぞ参考にしてください。)


疋田さんにしろ、斎藤さんにしろ、
自転車乗りの方の著書では、「楽しく乗る!」につながる「安全に乗る!」ことについて、
ページを割いていらっしゃいます。
口(筆)をすっぱくして力説しないといけないほど、
日本における自転車マナーというのは悪い、ということでしょうか(^_^;)

実際、悪いんですけどね~
今も、このエントリを書いてる最中、
道路の右側を全力で疾走する高校生ライダーを何人も見うけます。
近頃は暗くなるのも早いので、
「無灯火、右側走行」という自転車にも山ほど出くわします。
ひどい時は、その状態で数人が併走していたりします。
事故が起こらない方が不思議です。
実際、10年前と比較して、自転車が絡んだ事故は増加しているとのことです。
(※警視庁の統計参照)

マナーの悪い自転車ライダーたちももちろん認識を改めるべきですが、
この本では、「自転車を車道の邪魔モノ」と位置づけ、
それを車道から追い出そうとする(つまり歩道におしつけようとする)行政側の思惑が、
数々の混乱を招いているのだ、ということを指摘しています。
本の中で、自転車が左側通行を守った上で車道を走ることによって、
現在の事故件数がいかに減少するか、
統計と事例に基づいて論じられていますが、まったくそうだ!と思ってしまいます。
本の評価にもありますが、
行政関係、警察関係の方には特に読んでいただきたい本ですし、
中学生あたりからは、教科書のひとつに挙げてもいいのでは??と思います。

私は、もちろん休日サイクリングも楽しみますが、
それ以前に、いわゆる「自転車ツーキニスト」です。
私にとって自転車は、趣味とレジャーのためだけではなく、
日々の通勤の相棒なのです。
昨今の「ポタリング」ブームでスポーツ自転車に乗る人が増えたとはいえ、
実際、街を走る多くの自転車乗りは、
私のように通勤や通学に使っている人たちではないでしょうか。
更に言えば、現状は車で通勤している人たちも、
片道10キロくらいの距離なら、晴れた日だけでも自転車通勤にすれば、
一月の半分くらいのCO2削減になりますしね。
そのためには、自転車は「安全に」「速く」車道を走れなくてはいけません。
車の代替に使えなくては意味がないですからね。

そういうことをすっきりまとめた内容です。読む価値ありです。
思うに、
登山や自転車が健康や癒しのために流行るようになって、
逆にそのせいで事故が増える、ということもあるのではないかと。
登山はお金もかからないし、登るだけで簡単そうだからと気軽に始めると、
装備不足で怪我や遭難の憂き目に遭う人が多くなったような気がします。
自転車も、町おこしや観光産業のツールとして使うのはすごくいいことだけど、
観光地を楽しく「併走して」おしゃべりしながら走るとか、
写真を撮るために合図もせずに突然止まるとか、
(私もやってましたm(..)m スンマセン)
そういうクセを身に着けてしまうという弊害もあるような気がします。
登山にしろポタリングにしろ、
まず、ルールの徹底をすべきですし、
(こと自転車は軽車両ですから、道交法が絡んできます)
山や自転車を愛するなら、自らルールを説くべきだと思います。
いつぞや、ヒルクライムを終えたサイクリストたちが、
大山から左側通行で一列に降りてきた姿は、カッコイイし感動モノでしたよ。

とりあえず、自転車に乗ってる人、乗る可能性のある人、
そして自動車のドライバーにも、是非一読して欲しい本です。
[PR]
by nasuka99 | 2009-11-18 16:30 | bike