「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

近頃凝ってるのがドライカレーです。
この時期、家庭菜園を持ってらっしゃる方から、色々と野菜をいただくのですが、
その夏野菜を何でも入れて作ります。

本日の材料。
f0007926_17261872.jpg

冷蔵庫をあさって見つけました(笑)
玉ねぎ、生姜、トマト、茄子、ピーマン、そして今日はカボチャも。
オクラやシメジなんかも合いますよ。
ゴーヤは・・・微妙(^_^;)

今日は鶏肉のミンチを使いました。
生姜を炒めて香りが出たら玉ねぎを投入。
玉ねぎが透き通ってきたところで鶏肉をどばっと入れて塩コショー。
f0007926_17292251.jpg

煮えにくい茄子から入れて、カボチャ、ピーマン、そしてトマトを炒めます。
順番とか分量とかは全てテキトー(笑)

ドライカレーは、煮込まなくていいから楽です。
野菜に火が通ったなぁ~、と思ったところでちょっとだけ水を加えて(分量はテキトー)、
味付けは、市販のカレールーで。
今日は「こくまろカレー」を使いました。
f0007926_1732079.jpg

小さいサイズのカレールーで、12~3人分くらい出来ます。
個人的な好みですが、
私はケチャップとヨーグルトを少々加えて味を調えます。
辛いのが好きな人は、最初に唐辛子を一緒に炒めるといいかも。

夏はカレーがいいですね~
このドライカレーはお手軽に出来て、野菜もたっぷり食べられますのでおススメ。
ご飯の代わりにナンを添えると、アジアンな気分に浸れますよ~~(笑)
[PR]
f0007926_17185795.jpg


<成人は18歳>「まだ子供、絶対反対」「大人を自覚、賛成」--識者ら

成人年齢が現行の20歳から18歳に引き下げられる可能性が出てきたことに関して、
賛否両論色々あるようです。
もし実現すると・・・ウチの甥っ子、今14歳だからあと4年で成人??
どっひゃ~~L(・o・)」
未だに風呂上り、素っ裸でその辺ウロウロしてるような幼稚なヤツなんですが(^_^;)

18歳はまだ子どもだからダメ、とか、自立が促されていいとか、
様々な意見が出ているようですが、
適齢期のお子さんをお持ちの皆さん、実感としてはどうなんですかね??(笑)

18歳が子ども、という意見に関しては、
このくらいの年齢になると、しっかりしてる子はしてるだろうし、
それに、18歳成人を機に学校でもきちんと教育すれば、
政治や選挙に興味を持つ子だって育つだろうし、
一概に「子どもだからダメ」というのはちょっと・・・って感じです。
私と同じくらいの年の人だって、今までほとんど選挙なんて行ったことなのよね~、
とアタリマエのように言う人が結構いますよ。
意外と、若者の方が積極的かもです。

それに、
親から見れば、18だろうが50だろうが(笑)、子どもは子どもですし。
どういうところに落ちるのか、ちょっと興味がありますね。
[PR]
by nasuka99 | 2009-07-30 17:44 | think
この度の蒜山ポタのメインイベントは、「蒜山ハーブガーデン ハービル」です。
サイクリングロードからは200メートルくらい登ったところにあり、
蒜山の眺めが大変美しいところです。
入場料は300円。レストランもあります。

ラベンダーの咲くこの時期に来ることが多いのですが、
年々花が増えてるような気がします。
f0007926_1423059.jpg


f0007926_14233180.jpg

ラベンダーの摘み取りも体験できます。
ラベンダー畑に入ると、ハチがせっせと蜜を集めていました。
案外と、こんなところで出会うハチって怖くないです(笑)
f0007926_14243872.jpg


こちらはエキナセア。テンニンギクとちょっと似てます(笑)
f0007926_14253046.jpg

ポリジでしょうか??ちょっと色が薄いような・・・
f0007926_1426663.jpg


ハーブは種類が多いし、なかなか覚えられません。
花壇には花の名前も書いてありますので、
一緒に写しておけばいいんですけどね(^_^;)

フェンネルと風見鶏。
f0007926_14273783.jpg


次に「食べ物」シリーズ(笑)
まずはブラックベリー。
f0007926_14281314.jpg

こちらはブルーベリー。
f0007926_14283987.jpg

何の実かわからないですが、一応食べ物コーナーへ・・・(笑)
f0007926_14291626.jpg


プランター周りには、可愛い置物もあります。
f0007926_14295963.jpg


ハーブの苗やプランター、こういった飾り物は、こちらのハーブ園でも販売しています。
園内には休憩用にベンチなども用意してありますので、
本でも持ってきて、1日のんびり過ごすのもいいかもです。
カメラ好きの人には、被写体満載(笑)

蒜山をポタリングするとき、いつも同じコースを周回するのが物足りなくなったら、
こんなところに足を延ばしても楽しいですね。
上り坂になってますが、まぁ、降りて引いて歩けばいいし。
サイクリングコースからは3キロくらいですし、帰りはらくちんです(笑)

今回の地図。
ひまわり畑とこいけさんは赤丸の場所です。
(※クリックすると、ちょっとだけ拡大します)
f0007926_14341851.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2009-07-29 14:34 | photo
4ヶ月ぶりのまる1日休み!
しかも梅雨の晴れ間!!
こりゃ、もう行くしかないでしょう~~~♪

f0007926_1842211.jpg

大根に彩られる蒜山高原!
この時期、コレを食べない手はない。
f0007926_18424832.jpg

甘くておいしかったです♪
やっぱ、車に食わせるより人間が食うべきだよね(笑)

紫陽花が咲くサイクリングロードを出発。
f0007926_18442557.jpg

少々曇ってはいましたが、
あまり晴れすぎているのもこの時期はキビシイので、
涼しい風を浴びながらゆっくり走るのにはもってこいのお日和。

ひまわり畑をながめながら・・・
f0007926_18554341.jpg

向かったのはこちら。
f0007926_18474624.jpg

SPCの初オフ走行会でお騒がせした「こいけ」さんです。
本日も、生醤油うどんをいただきました。
f0007926_18504236.jpg

こちらでは、お客さんが来てからうどんを打たれるのか、
結構出てくるまでに時間がかかるんですが(30分くらい??)、
コシがあっておいしいうどんです。
天ぷらが名物らしく、サクサクしていてこちらも美味。

お昼を済ませてから向かったのは・・・
f0007926_18535067.jpg

標高600メートルちょっとのところにある、「蒜山ハーブガーデン ハービル」です。
この時期は、ラベンダーが満開で、いい香りがしてとってもきれいでした。

で、ココではコレ。
f0007926_1855971.jpg

ラベンダーソフト!
ホントにラベンダーの香りがするんですよ。
バニラが濃厚で、おいしかったです。

ハーブガーデンの花たちは、また明日にでも。
[PR]
by nasuka99 | 2009-07-28 18:56 | bike
ツールでがんばってる日本人のエントリを書いてたらこのニュース。

高齢者は「働くしか才能がない」=遊び覚えても遅い-首相発言

細田・自民幹事長:「首相ぶれた」と皆、楽しんでいる 「国民程度表す」

55年体制以降、ほぼ安泰の一党政治をやってきて、
きっと感覚がマヒしちゃってるんでしょうなぁ、このヒトたち。
思いっきり国民をバカにしてますよね。
あんたらがバカにしてる国民にバカにされてるってことがわかってないんだろうか。
腹を立てるのもバカバカしく思えてきますわ(^_^;)

政治家やお役人の一連の「失言」を見てると、
彼らがいかにこの国の人たちを見下してるかよくわかりますね。
普段からそう思ってるから、発言として出てしまうんでしょうな。

ゴルフでも登山でも、
高齢者ができる遊びは沢山あるし、
今まで一生懸命働いてこの国の屋台骨背負ってきて、
アンタタチ政治家と官僚を肥やしてやったんだから、
その上また税金搾り取るための金づるにしなくてもいいじゃん。
それより、年金きっちり出してよね、と言いたい。

私は、80歳になっても自転車に乗りますよ!!・・・生きてたら(爆)
[PR]
by nasuka99 | 2009-07-25 18:26 | weird
この3週間、毎晩私に活力を与えてくれた?ツール・ド・フランスもいよいよ終盤。
今日がヴァントゥー山ゴールで、明日はいよいよシャンゼリゼ・ファイナルです。

サイクルロードレース自体は、日本ではマイナーなためか、
民放やNHKで中継されることはめったにないですね。
(以前はNHKがツールの放映やってたらしいですが)
ですから、今回みたいにじっくり観戦するのは初めてなんですが、
毎日200キロという行程の中に、人間社会の縮図というか、
そんなものが垣間見れるのがかなり興味深いです。
ただのスポーツというより、文化のせめぎ合いとも言えますねぇ。
これだけ色んな国の選手がダンゴになって走ることって、めったにないでしょうし(笑)

選手たちは、それぞれ9人編成のチームに所属しており、
そのチーム自体も、色んな国の選手で成り立っています。
言葉の壁だけでもスゴイだろうなぁ・・・と想像しますが、
そのチームの中で作戦を立て、協力し合ってパリを目指すわけです。

しかし、単純に協力といっても、なかなかうまくいきません。
ツールで獲得できる賞には個人と団体があるし、
一つのチームの中で、同じ個人タイトルを争うライバルがいないとも限らないし。
個人総合優勝のマイヨ・ジョーヌを与えられるのは一人だけだし、
とりあえず、優勝候補を抱えたチームでは、誰を優勝させるのか、コンセンサスが必要。
優勝を狙う選手以外は、全てアシストとして、その選手を支えるということになります。
でも、アシストの一人が当日裏切って、優勝候補をぶっちぎってゴール、
なんてことも「可能性として」は、ありますよね(笑)
まぁ、総合優勝に関しては最終までの累積タイムが関係してますから、
そう簡単には行きませんが。

そんなわけで、個人とチームと、色々な観点からの思惑が錯綜していて、
違うチーム同士が協力したり、チームメイト同士でも争ったり、
なんてことがステージごとに起こるわけです。
目の前を通り過ぎる選手を一瞬だけ見てもわかりませんが、
テレビでじっくり観戦してると、そんな人間ドラマが展開しているのがよくわかります。
選手たちはただ速く走ってるのではなくて、
そういうフクザツな思いを抱えながら、長いレースをこなしてるんだなぁ、と。
精神的にもかなり強くないと、なかなか挑めないスポーツですね。

今回は、新城、別府という二人の日本人選手が出ているので、
マスコミでも話題になりましたが、
こちらのレポートにもありますが、これがなかなか、現地では大変らしいです。
なんたってヨーロッパ。
選手はほぼ全員白人。
ヨーロッパに滞在したことのある人なら実感していらっしゃると思いますが、
ココでの差別はすごいものがあるらしいです。
日本人のステータスは、かなり低いんだとか(^_^;)
二人の日本人選手も、毎日そんな差別的な言葉や態度を浴びせられながら、
レース以外の部分でも闘っているんだなぁ・・・と、なんだか誇らしくなりますよ。

「日本人である」というアイデンティティーをしっかり持っていなければ、
日本以外の国では相手にされない、と、あるアーティストが言っていましたが、
周りに媚びず、そして実力を発揮すれば、きっとどこの国でも認められる。
その「文化の壁」にも、二人の日本人はチャレンジしてるんだなぁ、とつくづく思いました。
[PR]
by nasuka99 | 2009-07-25 18:15 | curiosity
今週から子どもたちもいよいよ夏休みに突入。
それぞれ野球やバスケットボールをしてるので、
家篭りせずに済んでいるようですが、
なんと、聞いてびっくり!
今年から、あの「夏の友」がなくなったんですって!

昨年の夏は、小学生たちが夏の友を広げていたのを覚えています。
今年は、学校から配られたプリントだけらしいです。
コレって、全国的な現象なんでしょうか??

そもそも、「夏の友」って、皆さんの地域でもありましたか??
主要4教科だけでなく、
音楽や図画工作、自由研究なども盛り込まれていて、
私たちは「夏の悪友」と揶揄していたいわゆる夏休みの宿題集です。
さっさとやっておけば楽なのに、
いつも新学期間際になってから、
友だちと一緒に写しっこしてましたよねぇ(^_^;)
きちんと製本されてたので、全国区だと思っていましたが・・・
なくなったということは、
教育費削減の一環なのかなぁ??などとも思ったり。

子どもにとっては嬉しいことでしょうが、
なんとなく、夏の風物詩がひとつまたなくなってしまったようで、
寂しいような気もします(笑)
[PR]
7月20日に放映されたNHKの「気ままに寄り道バイク旅」
ちょうど私がしまなみ海道に行ったときに撮影が行われていて、
亀老山の展望台で、清水国明さんたちクルーにばったり出会い、
その後、今治の焼き鳥屋さんでも出くわすという出来事がありました。

もしかして映ってるかな~~??
などと思いながら番組を見たんですが、
一番濃厚な接触をした亀老山では、足の先も出ておらず(笑)、
ところが、その後、来島海峡大橋を渡っているときに、どうやら映ってたようでした。

コチラです↓
f0007926_14113362.jpg

赤丸の中のシミみたいなの(爆)
左側の二人連れバイカーが清水さんたちです。

まぁ、映る映らんはどうでもいいんですが(笑)、
番組の中では、結構興味深い場所が紹介されていましたよ~
その中の一つ、成羽町の「羽山の穴小屋」
コレはかなりスゴイ。
なんたって、横が県道なんです。
ホントにこの下を車が通れるの??みたいな(^_^;)
だいたい、岡山って走ってると急に道が細くなって、
そのまま山の中に突入!みたいな県道(酷道とも言う)が多いのに、
今度は洞窟に突入かよ~~、と興味津々です(笑)
でも、あまり車では行きたくないですね。
清水さんたちのように、バイクがいいかも・・・自転車ではちょっと辛そうだし(笑)

ところで、昨日は出張で関西方面に行ったんですが、
山口県の大雨で、朝は新幹線が不通になり、1時間遅れで新大阪に到着。
帰りも遅れて特急に間に合わず・・・1時間後の電車で帰る羽目になってしまいました。

新幹線や電車の中から、川が何本も見えるんですが、
どの川も大荒れで増水しててすごかったです。
日野川も中州が沈んで、木なんて海草みたいに水中を泳いでるし。
被害も出たようで、心配ですね。

今日はやっと穏やかになりましたが、
ちょっとお天気が悪かったおかげで、雲がフィルターの役目をしてくれて、
部分日食がよく見えました。
結構欠けていましたねぇ~。三日月みたいだった!
[PR]
なんだかんだとドタバタが続いている断末魔の麻生政権ですが、
明後日は、いよいよ「解散しちゃうぞ~」宣言が聞けそうです。
麻生太郎、プライドを貫くための最後のあがき!というところでしょうか。
都議選のありさまを見ても、
来月30日にありそうな選挙では、どうやら政権交代か??というところまできてますが、
勢いづいてる民主党も、決してこの情勢にあぐらをかかないで欲しいものです。
国民的には、
積極的に民主党を選択するのではなく、
「とりあえず自民党には政権を降りてもらおう」という手段が、
野党の最大勢力である民主党を選ぶ、ということになるだけですし。
実際、マニフェストを見ても、
自民と民主にさほど目立った差があるわけではありません。
私を含めた国民の多くが望んでることは、
「悪代官」ばりに私腹を肥やし続ける霞ヶ関と、なんとか縁を切って欲しい、ということでしょうし。
自民党に、そのための確固たる意思があるなら、
わざわざ同じような目標を掲げる、しかし政権の実績のない民主党を選ぶ必要もないですが、
次から次へとまるで人気取りみたいな、くだらない政策を実行に移し、
それでも支持率が戻らないと知るや、なんとタレント知事のご威光を借りようと言う体たらく。
定額給付金とエコポイントを「恵んでやった」という態度にムカついていた国民にとって、
そこまで我々をバカにするか!!??と怒り心頭のトドメだったのではないか、と推測します。
東さんを担ぐくらいなら、いっそキムタクにした方が潔かったのでは??(笑)

ワタクシ的には、東国原騒動と国営漫画喫茶がツボだったなぁ、と思っているのですが、
それでもまだあがき続ける自民党と霞ヶ関は、
マニフェストそっちのけで「鳩山故人献金」に的を絞ったようです。
ココまで来ると、もう見苦しいと言うしかないですね(^_^;)

確かに、政治とカネ問題は、水戸黄門の時代からながぁく続いている悪癖です。
政治家と名のつく人は、ほぼ100%、大なり小なりスネに傷を持っているはずです。
学歴の高いお役人は、その他の国民を見下してバカにしてるかもしれないけど、
机上の空論より地に足が着いてる我々生活者は、そんなことはとっくにお見通し。
カネモチがいかにカネを増やすかという問題を暴くよりも、
私たちにとって重要なのは、
将来、この国で生活していくメリットがあるかどうか??ということなんですよね。
そんな私たちにはカネはないかもしれないけど、選挙権だけはあるんです。
そこを忘れてる。

「景気は底を打った」と政府方はキャンペーンしてますが、
本当にそう思ってる人が何%いると思います??
統計データは、いくらでも都合よく収集することができますし、
重要なのは、実感があるかどうか、ということなんです。
年金問題も宙に浮いたまま、消費税の増税をちらつかされては、
故人献金なんかに頓着していられませんよねぇ。

人気取り政策に驚くほどの大金を遣ってしまったわけですが、
そんな目先のことより、私たちは将来どうなるかが知りたいんです。
別に贅沢したいわけではなく、
日々の生活に安らぎと安心感があって、
好きな趣味割ける時間とお金がちょっとだけあればいいんです。
こんなささやかな未来を作り上げることが、そんなに難しいことですか??

政治は、未来を作っていくものだし、
そのための投資である私たちの税金は、決して無駄に支払うものではない。
政治と行政の原点は、そこにあるんだと思います。
[PR]
by nasuka99 | 2009-07-19 17:15 | weird
自転車つながりでリンクさせていただいてるなのださんのブログに、
興味深い記事がありましたのでご紹介。

現在、仕事で欧州に滞在中のなのださんですが、
休日を利用して、人もうらやむヨーロッパ街道ポタリングを楽しんでおられるようです。
そのヨーロッパですが、ツール・ド・フランス真っ只中。
なのださんも、先日その20ステージ難所にあたるモン・ヴァントゥー山頂に、
なんとステージ1位で(爆)ゴールして来られたようです。
しかも、フレッタで!
・・・ということは、私のBD-1でもマイヨ・ジョーヌ獲得に向かえそうですな(爆)

その登坂道すがら、なんだかミョーなおっちゃんに写真を撮られたとのことで、
何だろう??と思っていると、その先に待ち構えていたおにーちゃんから、
どうやら先ほど撮った写真を保存してあるサイトのURLのメモを手渡されたんだとか。
なるほど、観光客?の写真を撮って、サイトに保存して、
気に入ったのがあったらお金を払って購入してください、ということだったようです。

なのださんのブログでその写真を拝見しましたが、
なかなかカッコよく撮影してあります(モデルもいいんですけど(笑)
こういう自然な姿の写真って、自分ではなかなか撮れませんから、
ツボをおさえた商売だなぁ~~、と感心しました。

日本でも、観光地に行くと必ず撮影ポイントがあって、
観光が終わるとその写真が出口に貼ってあったりしますよね。
たいてい集合写真で、自分も小さくしか写ってないから買ったことないですが(高いし)、
その進化バージョン、というところでしょうか。

妹がタイ旅行に行ったときも、
水路をめぐる舟に乗った後、舟を降りるとき、
いきなり肩にサルを乗せられて、写真を撮られるところだったとか。
観光地で気が大きくなっていれば、
多少ぼったくりでも、買う人だって結構いますもんねぇ~。

そういえば、ずいぶん昔、
京都の映画村で、時代劇の衣装を着て写真を撮ってもらえるコーナーがあって、
一度だけ試したことがあります。
タダのポラロイドだったのに、1000円くらいとられましたよ~~
東京のビーナス・フォートでは、
女優メイクをしてもらって写真を撮ってもらえるコーナーもありました。
売り出し中の頃なら、お見合い写真にしたところですが、
高かったし、化けてもすぐ元に戻るので、やめたんですけどね(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2009-07-18 09:14 | curiosity