<   2009年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

喫煙しないのであまり関心がなかったのですが、
新聞等によれば、5月31日は「世界禁煙デー」だということですね。
個人的に、禁煙が広がるのはいいことだと思っていますが、
タバコを吸う人は、だんだんと肩身が狭くなるようですね。

私はタバコがかなり苦手で、
あの煙で喉は苦しくなるし目はしょぼしょぼするし、
鼻の奥は痛くなるし、たまりません。
レストラン等では禁煙席を選ぶようにしていますが、
いわゆる安い中華のチェーン店などでは禁煙席が作ってないことも多いので、
近くにタバコを吸う人が来ると、もう居たたまれなくなります。
喫煙者には周りで誰もタバコを吸ってなくても害になりませんが、
嫌いな人にとっては、いくら禁煙じゃない場所でもやっぱり苦になります。
タバコを吸いたい人は、
もしもそこが喫煙スペースでなければ、
周りの人に吸ってもいいかどうか聞くくらいの配慮は欲しいな、と思います。

その昔、今ほど喫煙が忌み嫌われなかった頃は、
タバコを吸ってる人の方が態度がデカかったですよね。
周りにお構いなしで吸いまくって、それが当然みたいな顔でしたが、
そういうマナーの悪さに腹を立てた人たちが、
科学武装をして世論を禁煙方向に持っていったのかもしれませんね。
実際、タバコが本当に病気の原因になっているのかどうか、
その因果関係は明らかではないと思います。
タバコを吸う人はストレスをためやすい人で、
その性質が病気の要因なのかもしれないし。
でも、とにかく私をはじめタバコが嫌いな人はその煙に辟易するわけで、
煙といえば、いかにも体に悪そうだから、
身の回りから煙を排除するために、
「病気の原因」説をあっさり受け入れるわけです(笑)
そこにWHOが絡み、国際運動にまでなって、
いまや喫煙者はワルモノ扱い(^_^;)

病気を根拠にする以前に、
おいしい食事を食べてるときにあの臭いはかぎたくないし、
歩きタバコをポイ捨てされると火事の恐れもあるし、
家の壁紙を黄色く染められたくもないし。

これだけ喫煙が嫌われるのは、
本をただせば喫煙者のマナーの悪さが撒いた種なのではないでしょうか。
タバコを吸いたくなったら、周りの人に一言お伺いをたてる、
レストランで食事をするときは吸わないように気をつける、
乗り物でも遠慮する、
歩きながら喫煙をしない・・・

タバコを吸わない人の立場になって考えていたら、
世界禁煙デーまでできるような事態にはならなかったかもなぁ、
などと考えます。

まぁ、いずれにせよ、私の周りには喫煙習慣のある人が全くいないので、
日常生活は煙の心配がなくて心地いいんですけどね。
[PR]
f0007926_10455068.jpg


この時期、街中ですごくいい声でさえずる鳥です。
ウグイスとトンビを混ぜたような澄み切った声で、
ヒーヨヒーヨ、ヒヨロロロロロ・・・みたいにながぁく鳴きます。
思わずうっとりと聞惚れてしまうような鳴き声。
一体、何ていう鳥だろう・・・と、以前から撮影チャンスを狙ってましたが、
電線の上とか、高い屋根の上とかに止まってるので逆光でうまく写りません。

コレって、何ていう名前の鳥ですか??
ご存知の方、あります??
色とか形状で調べると、ヒヨドリっぽいので、イソヒヨドリあたりかなぁ??
と思ったんですが・・・
(リンク先で鳴き声が聴けます。こんな感じだと思います)

最近田んぼの横を通ると、
姿は見えませんがすごく特徴のある鳴き声をする鳥がいます。
「ゲッ、ゲッ、ゲッ、ガガガガガ」みたいな。
虫みたいなカエルみたいな鳴き声(笑)
アレは何ていう鳥なんでしょうかね??ヨシキリの仲間かな??
[PR]
by nasuka99 | 2009-05-30 10:53 | curiosity
f0007926_15443038.jpg


先日中海一周したとき、
ちょうど夕方に安来の干拓地を通って、
夕日をたたえた田んぼの美しさに思わず見とれてしまいました。
ぽん太さんみたいにきれいに写せなくて、
このすばらしい情景が半分も伝えられず残念!
自分の目をパノラマカメラにして、PCに接続したい気分でしたわ(笑)

稲が育っていく姿は、
色、音、匂い・・・五感の全てを通して四季折々に楽しめますが、
とりわけ、田植えが終わった後の水田と言うのは美しいですね。
水を張った田んぼはまるで鏡みたいに周りの景色を映しこみ、
夕暮れ時になると、一面オレンジに輝いて。

f0007926_15553792.jpg


水田の中に、また別の世界があるかのような映りこみ。
信州の棚田に映る山々をテレビで見たことがありますが、
そりゃぁきれいでした~~
きっと、大山もきれいだろうな。
稲が伸びないうちに、写真撮りに行かなくては!!(今年こそ!)
[PR]
by nasuka99 | 2009-05-29 15:59 | photo
私の職場の周りにも、春になるとツバメがやって来て巣を作ります。
子どもが4羽~5羽くらいいるので、親ツバメはエサを集めるのがタイヘンです。

1日中エサを探して飛び回ってるツバメたち、
時々、勢いあまって店の中に飛び込んでくるんです。
しかも、ウチの店って全面ガラス張り。
外と中の区別がつかないみたいです。

f0007926_1015750.jpg


先日迷い込んできたツバメ。
外に出ようとして、ガラスにぶつかって落ちてしまいました。

f0007926_1015568.jpg


外では、おそらくこのツバメの相方(夫か妻)が、心配そうに旋回しています。
どうしても出口がわからないようなので、
近くまで行って、誘導してあげることにしました。
ついでに写真を撮ったり(笑)

正面のドアを全開にして、そちらの方に追い立て、無事脱出成功。
ツバメに入られたままだと、商品に糞を落としたりするので、こっちも困るんですよね(^_^;)

いつぞや、ウチのガラスに真正面からぶつかって、
脳しんとうを起こして倒れたツバメがいたんですが、
車に轢かれないよう近くまで行って様子を見てたら相方が飛んできて、
しばらく倒れたツバメをつついたりして元気づけ、
目を覚ましたツバメは、相方と一緒に無事復活して飛び去りました。
鳥の絆ってスゴイですね。

夏になると、今度はトンボが入ってくるようになります。
虫捕り網は、職場には必須アイテムです(笑)
[PR]
先週に引き続き、一周シリーズです(笑)

f0007926_10554878.jpg


先週は、中央にある大根島止まりでしたが、
大根島から15キロほど走ると松江に着くということで、
それならいっそのこと行ってみようかと(笑)
漕ぎコギ生活さんのこのエントリを参考に、
中海ライドコースをたどって中海一周してきました。

先週と同じく、弓ヶ浜CRを走って江島大橋を渡りましたが、
自転車を押して歩道を渡ってるとき、
対向車線を走ってきた軽自動車が、脇見運転をしてたのか、ガードに接触。
ものすごい音と共にサイドミラーを落っことして走り去っていきました。
もう、ビックリです。
あんなのに突っ込まれたらひとたまりもありませんゾゾッッ
やっぱり、江島大橋は難所です(^_^;)

大根島を通り抜けて、西側の大海崎橋を渡ったところ。
f0007926_110615.jpg


この道も、結構車がよく通りますが、
広めの歩道が作ってあるので割と安心して走れます。
対岸に渡る中海大橋が見えてきました。
f0007926_1155527.jpg

多賀神社の前を通って、朝酌方面へ。
大橋川沿いを走る気持ちのいい道です。
自転車でもなければ、通らない道ですね~~
こんなところに出るのか!と改めて気づいたり(笑)

朝酌を過ぎると、松江市街までは使い慣れた道に入ります。
同じ日の朝も車で走ったばかりでしたが、そのときはネズミ捕りやってました(笑)
県道260号は、よくやってるんです。私も、捕まったことがあります(^_^;)

一度写真を撮りたいと思っていたバス停。
f0007926_11134221.jpg


コレって、「むかでばし」と読むんでしょうか??
バスの車内アナウンスを聴いてみたい気も。

午後3時前、目的地の松江に到着。
午後1時前に家を出たので、2時間くらいですかね。
学園通り付近のマックで補給休憩。
f0007926_11163544.jpg


これだけ走ると糖分が不足してハンガーノックをおこしますから、
こまめに補給が必要です(言い訳??(笑)

3時のおやつが終わって、帰途に着きます。
今度は9号線側を走ります。
kogikogiさんのサイトで予習はしたものの、なんだかよくわからず迷いながら走る(爆)
JRの線路に沿った感じだったし、まぁ、東に向かって走れば着くでしょう。

手間天神でサギを見つけました!
f0007926_11202457.jpg

やっぱり、このサギはこの神社の主なのでは??

揖屋付近の干拓地を抜ける道。
f0007926_1121414.jpg

広々として気持ちがいいです。

意東付近の海岸沿いから大山を望みます。
f0007926_11225024.jpg


ゆるポタさんのブログによく出てくる論田地区付近です。
f0007926_11253466.jpg

気持ちのいいところですねぇ~~
着いたのは5時ちょっと前くらいでしたが、
太陽が中海に傾きつつある時間で、夕日を映した田んぼがとてもきれいでした。

この時期、溝口方面では田んぼに映る「さかさ大山」も楽しめるようですね。

安来に到着した所でゆるポタさんを呼び出し、
中海ライドに向けてハッパをかけておきました(笑)
50キロ以上は未体験と言うことでしたが、一度走っておいたほうがよくね??

GARMINによる走行データ
走行距離:72.93km(ただし、安来で2キロほどロストしたので、75キロくらいかな)
走行時間:4時間22分
平均速度:16.6km/h
最高速度:67.6km/h(コレはウソだろ)
消費カロリー:1742kcal(すごっっ)
[PR]
by nasuka99 | 2009-05-27 11:36 | bike
f0007926_21504433.jpg


フルサイズロードバイクを颯爽と乗りこなすゆるポタ氏(笑)
今シーズン最大のイベントに挑もうとしている彼は、
もう、「ゆるゆる」なんて言ってられないようである(爆)

午後5時を過ぎた頃でしたが、まだまだ陽が高いです。
随分日が長くなりましたね~
夕暮れ時の風は気持ちいいし、
住宅街を抜けると夕餉の匂いが食欲をそそるし(笑)、
この時間のポタリングもなかなかいいですね。
[PR]
by nasuka99 | 2009-05-26 21:55 | bike
一昨年、大山登山に行ったとき、
登りはいいけど、降りでは足が笑ってしまって、次の日から筋肉痛で大変なことに(笑)
その愚を繰り返さないよう、登山用のストックは懸案事項の一つでしたが、
シーズンにもなったことだし、この度思い切って購入しました。

f0007926_14265123.jpg


モンベルのTグリップポールです。
これで、ぎっくり腰キツイ坂道でも大丈夫!!
傾斜が急で、何も掴むものがないとき、このストックは大変役に立ちます。
本当は、両手に持つスキーのストックみたいなの方がよりらくちんなんでしょうけど、
値段も倍ですからねぇ(^_^;)

滑りやすい道でも支えになるし、
危険な動物(含人間)と出くわしたときも、威嚇をするのに役立つかも??

トレッキングといえば、
自然の中に入るわけですから、ヘビや毒草、クマなど危険なものもいっぱいです。
特に秋、気が立ってるスズメバチはすごくコワイ存在です。
私はまだ出会ったことはないですが、
秋の登山では、必ずと言っていいほど刺される人が続出してます。
だから、やっぱりトレッキングは春から秋の初めくらいまでだよね~、
なんて思っていたら、なんと、こんなキモチワルイものがいるんですねぇ~(″ロ゛)ヤメテー

ヤマビル

ヒルは沼や池にいるものというイメージがありましたが、
なんと、山林の中にも生息してるんですねぇ。
しかも、エサ(主に哺乳類)が通ると、上から一斉に降ってくるらしい・・・ヾ(>y<;)ノ うわぁぁ!!
吸い付かれているという感覚がないらしく、
気がついたら首とか足からダラダラと血が流れてるんですってギョギョ!!
一度吸い付くと、ちょっとやそっと払ったくらいでは取れないようで、
下に落として踏んづけてもなかなか死なず、
逆に踏んづけた靴の裏からまた這い上がってくるらしい・・・

そういえば、「スタンドバイミー」で、そういうシーンがありましたねぇ(^_^;)
血を吸われたあとは、数時間血が止まらないそうですよ。

うう・・・・・ヤマビルはノーマークでした。
今まで被害に遭わなかったのは幸運だということでしょうか・・・
これからも遭いたくないです・・・
せっかくトレッキングポール買ったのに、なんだか一気に登山熱が冷めてしまいました(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2009-05-25 14:48 | hobby
実は今週半ば、大阪と神戸に出張の予定でした。
火曜日の午後から出て三宮に1泊し、関西方面の会社を数ヶ所回る予定だったのですが、
17日の日曜日、神戸での発病者が100人を超えたと報道され、
こりゃ、潜在感染者はもっと多いだろうなぁ、と判断し、
仕事にはかなり差し支えるんですが、急遽、取りやめることにしたわけです。

今回のウイルスは、新型とはいえ、症状的には季節性のインフルと変わらないとのこと。
感染力は、通常のインフルと比べてかなり強いようです。

罹ったことある人ならわかるでしょうけど、
普通のインフルエンザでも、熱は出るわ体は痛いわで結構しんどい思いをしますよね。
それでも、命に別状がなければ、仕事に差し支えるリスクまで犯して取りやめなくても、
とは考えましたが、
なんせ、国を挙げての対策立ててますから、今罹ると確実に入院です。

こちらの表が、つい先日出された政府の新しい対応策です。
既に蔓延してしまっている地域では、軽症の人は自宅療養OKとなってますが、
山陰地方のように、まだ感染者が報告されてない地域などは、
罹ったら即刻入院、隔離されます。
潜伏期間があるし、ウチもサービス業ですから、
もしも感染してしまったら、お客さまにも迷惑がかかりそうです。
これは避けたいところです。

日本はこれから梅雨に入りますが、
この時期は、ウイルスが一番嫌う時期ですからいったん治まるでしょうけど、
秋冬に第2波が来るのは必至でしょう。
その前に、なんとかワクチンを開発して欲しいものですねぇ~

新型は弱毒性ということですが、
これは、ウイルスが弱いわけではなくて、
感染経路が喉などの粘膜細胞に限られるということらしいです。
強毒性になると、体のありとあらゆる細胞に入り込むんだとか。コワイですねぇ(^_^;)
ただし、多くの死者が出たスペイン風邪も弱毒性ウイルスだったということで、
油断はできませんよね。

ただ、過剰な反応はパニックの元だから禁物だと今朝のニュースでも言ってました。
ただ今売り切れ御免のマスクですが、
普通に外を出歩く程度なら、かける必要はないとのことです。
インフルエンザウイルスは空気感染ではなく飛沫感染なので、
人と人とが1メートルくらいの距離で常に密着しているような状態では、
マスクを着用した方がいいとのこと(電車の中とか、満員のデパートとか)。
つり革や手すりに触るのは問題ないけど、
触った手で目や鼻をこするのは止めること。
外から、職場や自宅に着いた時点でまず手洗いをして、それからうがいをすること。

特に過剰な対応をする必要はないけど、
あまりナメてもいけない、ということですかね。

罹らないように気をつけつつ、ワクチンの登場を待ちましょう。
鳥取県第一号には、あまりなりたくないですからねぇ(^_^;)
[PR]
f0007926_11323461.jpg


サイクリングロードは走りやすいですが、
ロードバイクで歩道を走るのは、やっぱり難儀ですなぁ。
段差はあるし、時々整備中で舗装されておらず、砂利になってるところもあるし、
溝蓋が浮いてたり、急に狭くなっていたり。
タイヤの細いバイクだと、リム打ちパンクの恐れもあるので、
あまり頻繁に段差を超えたくないですよね。

それで、昨日はなるべく車道を走ることにしました。
路肩に車が止まって前方をふさいでいる場合は、
安全と後続車の迷惑にならないよう歩道に緊急避難しながらですが、
それでも、車道のほうが歩道よりも断然快適でした。
ロードバイクは、ロードを走るように出来てるんですねぇ~(笑)

f0007926_1140012.jpg


歩道を走ってると、横から出てきた車にビックリされたりすることもありますが、
車道だとその心配もないし、信号にも素直に従えばいいし、
車のルールで割り切って走れるので、返って安全かもしれません。

もう一つ思ったのが、
小径車とは、運動量が違うなぁ、ということ。
スピードも上がるし、その分走る距離も伸びるし、汗もいっぱい出てきます。
普通の綿の素材だと、汗が発散せず、溜まってしまって不快ですが、
機能素材だと違いますね。
先日購入したお尻パッドつきニッカー、なかなかよかったですよ。
一度使うと、お尻パッドは病み付きになるかも(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2009-05-20 11:46 | bike
淡路島1周150km~~!!

・・・ではなく。
前座と言うか練習というか、事前準備と言うことで、近所の島を1周してきました。

その名は、『大根島』
我が家からは20キロちょっとです。
以前は、大根島に渡るには中浦水門という跳ね橋を通っていましたが、
平成16年から、PCラーメン橋の江島大橋が供用開始され、
交通量もなんだか多くなったような気がします。
申し訳程度に歩道が作ってありますが、もちろん歩行者専用ですので、
自転車で渡る場合は、車道を走るか、歩道を押して歩くか、どちらかになります。
いずれにせよ、海抜44メートルらしいですから、結構なヒルクライム(笑)
f0007926_1813813.jpg

この橋を徒歩で超えたのは初めてですが(今朝も、車で渡ったばかり)、
すっげ~~こぇ~~~\(〇_o)/コワイヨー
今日は向かい風もかなりきつかったし、車が横をビュンビュン走って行くし、
自転車ごと飛ばされるかと思いましたよ(笑)

でも、こんな景色、徒歩か自転車じゃないと見られませんもんねぇ~
f0007926_18162050.jpg

頂上付近には、地図も作ってあります。
f0007926_1817023.jpg

なるべく下を見ないようにしながら向こう側へ。
いよいよ大根島を走ります。

車では何度も通ってるこの島。
でも、自転車で来るのは初めてです。

まずは、和菓子屋さんが経営していると言うおしゃれなカフェを目指したんですが・・・
f0007926_18205968.jpg

あいにくお休み・・・o( _ _ )o ショボーン
気を取り直して島1週ライドへ(笑)

名物のボタンを愛でつつ・・・
f0007926_18195658.jpg

有名な黄金観音を拝み・・・
f0007926_182437.jpg

マーガレットに癒され・・・
f0007926_182675.jpg

キラキラ光る海を見ながら走りました~~
f0007926_18274562.jpg


また、大根島には、天然記念物の「溶岩トンネル」という洞窟があります。
f0007926_18283114.jpg

お願いすれば、中を見学できるようです。
中はこんな感じ。
f0007926_18291644.jpg


適度なアップダウンがあり、潮の香りがして、とても開放的なサイクリングコースです。
特に春から夏にかけては、桜、菜の花やボタン、紫陽花など色んな花が咲いて、
とってもきれいな島ですよ。
米子からだと距離的にも手ごろで、ポタリングにはもってこいかも。


[PR]
by nasuka99 | 2009-05-19 18:32 | bike