「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

f0007926_20494457.jpg


今日は月末&年度末で、朝からバタバタと仕事をしておりましたが、
お昼までに片付いたので、久々に近所をポタリング。
2週間前にめまい発作で倒れたあと、
あまりにもフラつくのでコワくてしばらく乗れなかったんです。
今日はリハビリを兼ねて、近場を20キロほど走ってきました。
う~ん、いいお天気だったし、やっぱり自転車は爽快!

f0007926_20574796.jpg


でも、ここしばらく冷え込んだせいか、
桜にはまだ早いようですね。
桜がきれいそうな場所を数箇所通ってみたんですが、せいぜい3分咲き程度。
こりゃ週末には楽しめそうです。

f0007926_20594455.jpg


おや??
こんな木造の橋を発見しましたよ。
どこに続くのでしょう??

f0007926_2105660.jpg


おやおや??
このBirdy、どこか違うような・・・??(爆)
足元がキリッとしましたね。
ホワイトベースから逆物資投下を受けたマチルダ部隊でした(大爆)
[PR]
by nasuka99 | 2009-03-31 21:04 | photo
ネタがなくなると庭の花です(笑)
わが家も、なんとなく春めいてきました。

スノーフレーク。
f0007926_10274944.jpg


山茶花。
f0007926_1028167.jpg


馬酔木。
f0007926_10284276.jpg


ハナニラの芽も膨らんできました。
花はちゃんと季節を知ってるんですねぇ。

そろそろ、inariwan家にもムスカリが咲くかな??
[PR]
by nasuka99 | 2009-03-30 10:31 | photo
毎月月末の土曜に、中心市街地商店街で「笑い市」というイベントが開催されます。
コーヒー屋の身内は、このイベントでカフェをさせてもらってるのですが、
昨日のこと。

ヘルメットを被った小学生くらいの男の子が、MTBで商店街を行ったりきたり。
何してるんだろう??と思っていたら、突然店に入ってきて、
「この辺に、お地蔵さまはないですか??」と尋ねるんだそう。
それなら、あそこにあるヤツじゃない??と教えてあげたらお礼を言って出て行き、
そのうちまたやって来て、あれこれ聞くんだとか。
そうこうしているうちに打ち解けて、話を聞いてると、どうやら大山町からやって来たそうで。
朝、おじいちゃんに車で送ってもらい、
それから一人で米子市を探検してるんだとのこと。
聞けば、小学校1年生なんだそうです。

「今日は遊ぶ友達がいないから、一人で探検してるんだ~」
あっけらかんとそういう少年に、大人たちはこりゃスゴイ、と地図をあげたりボタモチを振舞ったり。
彼は彼なりに、色々と計画しているらしく、
その辺りにあるお地蔵さまをひとしきり巡って、
折り紙名人のおじさんに恐竜を折ってもらい、
満足した顔で、冒険を終えて帰って行ったそうです。

自転車で巡ってたと聞いて、こりゃ是非山陰ポタリング倶楽部に入部してもらわなければ!(笑)
と思ったくらいです。いやぁ~、子どもは逞しい。
友人もいない知らない街で、年端も行かない子が一人自転車を駆って冒険なんて、
なんとすばらしいじゃないですか。
ご両親や親族の方も、きっとおおらかに育てておられるんでしょうなぁ。
聞けば、まったく物怖じしない態度だったし、
さぞ愉快な大人に成長することと思いますよ。

子どもって、コレくらいの逞しさはきっと皆が持ってると思います。
でも、心配性のオトナが、アレはダメ、コレも危ないからダメ、
知らない人と口きいちゃダメ・・・などと先回りしてどんどんその活動範囲を狭めてしまう。
確かに、事故に遭わないとも限らないし、目の届くところに置きたいのはわかります。
だけど、
いつか大人になったら、守ってくれる人はいなくなるわけだし、
自分の頭で考えて、動く訓練は幼い頃からしておくにこしたことはないですよね。
きっとこの少年も、
事前にあれこれ地図見て準備したんでしょう。
自分で計画したことを実行できたあとの達成感って、大人でも大きいですもんね。

ホント、彼のご両親には感服いたします。
そして、この少年のように逞しい心を持った子どもたちの成長の芽を、
大人の都合で摘まないように願いたいものです。

f0007926_13315083.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2009-03-29 13:30 | think
2週間ほど前になりますが、
以前から走ってみたかった「吉備路自転車道」に行って来ました。
まるで初夏みたいに暖かい一日でした。
ただし、風が強く、東に向かって走っていると追い風で漕がなくてもスイスイ進み、
西向きに行くとギアを2段階くらい落としてもまだしんどい、みたいな感じ。
自転車にとって、雨よりも風の方がキツイですからねぇ・・・(^_^;)
まぁ、まずまずのポタリング日和というところだったでしょうか。

GARMINでのトラックデータです。
f0007926_1035957.jpg


岡山市街に程近い総合運動公園から、総社運動公園までのおよそ20キロ。
今回は、備中国分寺前の県営駐車場にデポしました。

国分寺前から岡山方面に向かい、運動公園で折り返して総社市運動公園まで走り、
更に折り返してスタート地点に戻る、というコース。
寄り道含めておよそ45キロでした。

備中国分寺前からスタート。
f0007926_10163282.jpg

この辺りは、春は梅に菜の花、レンゲが咲き、秋にはコスモス畑になるという景勝地です。
f0007926_10184397.jpg

菜の花がきれいですね~~
f0007926_10193039.jpg

三脚につけたカメラを構えた人たちもたくさん。
f0007926_10214442.jpg


国分寺から吉備津彦神社までは、気持ちよい田園風景の中を走ります。
f0007926_10243068.jpg

案内板も立っているし、道路上にも矢印が描いてあるので、比較的わかりやすいです。
f0007926_10252761.jpg


途中、ローディー数名とすれ違いました。
田園以外何にもないのどかな道ですので、
どちらかと言うと、ロードで軽快に走る方が楽しいかも。

この辺りは古墳や史跡も多くて、ゆっくりポタるなら、史跡めぐりを絡めた方がいいかもしれません。
とりあえず、吉備津神社と吉備津彦神社に立ち寄ってみました。
f0007926_10282100.jpg

写真は、吉備津彦神社です。
サイクリングロードは、実質この辺りまでがメインでしょうね。
この後、岡山の運動公園まで6キロほど続きますが、
見るものもないし、市内に入ると国道と合流して歩道を走ることになるし、
あまり面白くないです。

というわけで、運動公園で折り返し、向かい風の中を本日の目的、農マルカフェへ(笑)
ココのいちごソフトが食べたかったんですよぉ~~♪
f0007926_10325631.jpg


ね、おいしそうでしょ??
ソフトクリームの上に、デッカイあきひめがまるごとのっかっており、
更にコーンの底にもカットされたいちごが入ってます。
まさにいちご三昧ソフト!少々お高いですが、コレはおススメ。
この農園ではいちご狩りも体験できます。
次回は是非、いちご狩りポタといきたいところです(笑)

たっぷりいちごソフトで糖分補給をした後は、再びサイクリングロードに戻って総社運動公園へ。
ここがゴールです。
こちらにも駐車場があるので、ここからスタートしてもいいかもしれませんね。

岡山のサイクリングロードも、これで3つ制覇しましたね(笑)
吉備路自転車道は、途中で吉備高原自転車道と分かれているのですが、
吉備高原のほうに向かうと、最上稲荷や備中高松城を訪れることが出来ます。

久々のポタで満足して帰宅した後、次の日めまい発作が起こり(^_^;)
遊びすぎですかね??(爆)
[PR]
by nasuka99 | 2009-03-28 10:41 | bike
わが自治体でも今月末から「定額給付(還付??)金」の支給が始まります。
それに合わせて、各自治体では「プレミア商品券」を発行するところが多いようですね。

米子市でも、31日から「がいな米子商品券」というのが発売されるようですが、
1万円で1万2千円分、つまり、2割アップの商品券が手に入ります。
使えるお店は、事前に市に登録したところに限られ、
使用期限も6月末、8月末など区切ってありますが、
それでも、モノが2割引で買えるのと同じことですから、使わない手はないですよね。

個人的には、
ヘタな給付金より、こっちの方が地域経済の活性化には効果があるような気がします。
今頃は、店で買うよりネットで買った方が安かったりするでしょ。
だから、現物を店で見ておいて、楽天やAmazonで購入、なんてことが結構あるんですよね。
それでも、2割引で買えるってのはめったにないことですから、
じゃあ、商品券買って、地元で使おう、ってことになる。
しかも、
2割増し分として充てられるのは私たちが払った税金。
商品券を買うことイコール減税、ってことじゃないですか(笑)

とりあえず、
私はこの春ちょっと高額商品を買う予定があるので、こちらの商品券を手に入れるつもりでいます。
5万円払えば、6万円の商品が買えますからねぇ~~うしし。

ところで、使ってもらうお店の方ですが、
米子市では全額自治体がカバーしますが、鳥取市では店が5%分負担しないといけないようです。
でも、コレっておかしくないですか??
だって、補填に使われるのは税金なわけで、
お店だって、ちゃんと税金払ってるんだから、なんだか自分の尻尾を食う蛇みたいな感じですよね。
地域の商業を活性化しようと思うんだったら、
こんなところで手数料取るのは現実にそぐわないんじゃないかと思ったりするんですが。
まぁ、ウチの自治体は、その辺の話がわかるところでよかったです(笑)
お店の方も、期限付きとはいえいい機会ですから、
この商品券を販促に使って盛り上げる努力をしないといけませんね(ウチもね)。
[PR]
4月上旬に高速道路に入ると、
いつもこの土手の桜が目に入ります。
車の中からだとじっくり見ることが出来ないので、
昨日、めまいのリハビリを兼ねて下見に出かけてきました。

f0007926_10151545.jpg


所々開いてはいるものの、ほとんどの桜は、まだまだ固いつぼみでした。
吹きさらしの土手だし、他よりも寒くて意外と持つかも。
f0007926_10164747.jpg


川沿いの土手は、歩行者専用道ではないのですが、
交通量も少なく、自転車で走るには持って来いです。
このまま南下すると、岸本に出ます。
桜と大山を眺めながらゆるゆると走り、岸本で菜の花畑を堪能し、
そのまま西に向かって法勝寺の桜を見に行く、というのが、この春の目標です。
真似する場合は許可を取るように(爆)

f0007926_10234145.jpg

[PR]
by nasuka99 | 2009-03-25 10:25 | photo
f0007926_21494081.jpg


色々な方から、メール等でお見舞いのメッセージをいただきました。
ホント、ご心配おかけしてスミマセンでした。
なんせ、パソコンはおろか、テレビすら辛くて観られない状態が続いていましたので、
お返事が遅くなりましたことをお詫び申し上げます <(_ _)>

原因は、やっぱ「トシ」でしょうか(爆)

それとは別に、
ここ数日、妹の子どもたちも次々とインフルエンザに感染し、
しかも、その感染した奴らを実家に送り込んでくるもので、
逃げ場のないワタクシは、マジ感染の恐怖におびえておりました(^_^;)
予防接種が効いたのか、なんとか感染せずに済んだようです。
ホント、店にバイオハザードマークを貼らないといけないかと思いましたわ(笑)
インフルエンザの予防には、麻黄湯がいいようですよ(豆知識)

というわけで、
まだ本調子じゃないのですが、ボチボチ復活していきます。
自転車の季節にもなったしね(笑)
[PR]
近頃、トイカメラが気になってます(笑)
k-mには、デジタルフィルタ機能があって、
トイカメラをはじめ、イラストとかスリム!?なんてフィルタも付いてるんです。
色々いじってると面白いです(笑)

本日出かけた先の菜の花畑で撮った写真をトイカメラ風にしてみました。

f0007926_21281035.jpg


なかなかいいでしょ??(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2009-03-17 21:28 | photo
昨夜、NASAによる有人飛行の歴史についての番組を放映していました。
題して「人類は宇宙を目指した!」
なかなかユニークで楽しかったです。

NASAによる有人宇宙飛行の歴史は、
1961年のアラン・シェパード氏が乗るマーキュリー3号から始まったようです。
冷戦状態だったソ連(当時)が、犬を宇宙に送り込んだということで、
出し抜かれて地団駄を踏んだアメリカは、
すぐさま、「それじゃあこっちは人間だいっっ!」とばかりに有人宇宙飛行を模索し始めました。
色々なロケットを作って飛ばそうとするのですが、
爆発したり、何故だか脱出ボートだけが飛び出したり、失敗の連続。
ビデオを見ながらこりゃコメディ映画か!?と思ったほど。
4回に1回しか成功しなかったそうです。

そんなキケンなミッションに抜擢されたのが、コワイモノ知らずで鳴らしていた件のアラン氏。
苦難に満ちた訓練を経て、やっと飛べると思ったら、
NASAが最初の宇宙飛行に選んだ生き物はなんとチンパンジー。
自分より先にサルが!!??と出鼻をくじかれたアランは、
「行ける、行かせてくれ!!」
とずいぶん食い下がったらしいですが、残念ながら希望は叶わず。
無事に帰還したチンパンジーを見て安心したNASAは、
いよいよアラン氏を乗せたロケットを打ち上げることになったようです。
そして1961年5月、意気揚々とマーキュリー3号に乗り込むアラン・シェパード宇宙飛行士。
轟音を上げて打ち上げられてロケットは、そのまま大気圏外へ・・・
出た!と思ったら続いて落下。
わずか15分の弾道旅行だったらしいです。

そんなこんなで、若田さんが乗るスペースシャトルが打ち上げられた今日まで、
数多くの人類が「宇宙(ソラ)」へ飛び立ったわけです。
文字通り犬猿の仲(爆)だったロシアとも、協同で宇宙ステーションを作るまでになりました。
人類の、宇宙への挑戦はこれからも続きそうです・・・が。

個人的に思うに、
何で人間を宇宙に送らないといけないんでしょうねぇ??
今までの宇宙飛行を見てると、
どうも、計算しつくされたものじゃないような気がするんですよ。
防熱タイルが破損して、コロンビアが爆発した事故は記憶に新しいですが、
あのタイルも、結構ポロポロとれるみたいだし、
宇宙には、宇宙線とか太陽のバーストとか、危険な電磁波もいっぱいあるでしょ。
今まで行った人が無事だったのは、偶然の産物だったような気がしないでもなく。
なんだかアメリカの思考って、
合理的に見えて、結構「やっちゃえやっちゃえ」みたいな場当たり的なところもあるような気がして。
宇宙に出ても、どうせ指示通りにしか動けないんだから、
ロボットで充分な気もするんですが。
人間を行かせるってところに、何か人類が持つ美学みたいなものがあるんでしょうか・・・

それに、
衛星とおなじように地球の周りを回るのが「宇宙旅行??」って気もするんですよね。
なんか、月くらいまでは地球の延長のような。
せめて火星くらいに行けるんなら、宇宙に出たって感じになるんでしょうけど。

いずれ地球に生物が住めなくなる日が来ますから、
その時に、どこか別の星に非難することは考えておかないといけないと思いますが、
その前に、色んな理由で人類が滅びないといいですけど(^_^;)
[PR]
by nasuka99 | 2009-03-16 15:10 | curiosity
昭和60年といえば、今からもう24年前になりますか・・・
大阪はミナミの道頓堀川で、あの悲劇が起こったのは・・・

21年ぶりの阪神優勝!に舞い上がったファンが、
道頓堀川に、カーネル・サンダースの人形をダイブさせたという事件。
以来、「カーネルの呪い」によって、阪神は日本一になれなかったんだとか。
公式戦前に流れたこの幸先のいいニュースで、
今年こそ、阪神は日本一の座を射止めることが出来るのでしょうか(笑)

「ノロイ」といえば、
スポーツにジンクスはつきものと言うことで、
本場大リーグにもいくつか有名なものがありますね。

レッドソックスにまつわる「バンビーノの呪い」、
そしてカブスの「ヤギの呪い」。

まぁ、負けても呪いのせいにしておけば、多少気持ちが軽くなるかもしれません(^_^;)

ちなみに、ノロイがかかった場所はコチラ。
エキサイトの新機能、「地図の貼り付け」を試してみました(笑)


[PR]
by nasuka99 | 2009-03-14 11:05 | fun