<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

首相まで務めたことのある某有名代議士2名が、
国会の最中にダイエット議論に夢中になってしまい、
採決場面で野党の法案に思わず賛成してしまった・・・
というニュースを読んで、
大事な法律を決める国会でもこうなんだから、
学校の生徒に私語は止めろと言っても無理だよなぁ・・・などと
この国のモラルの低下をひそかに嘆いていたんですが、
ここしばらくそういう話がボロボロ出ますね。

まずは赤星選手が贈った車椅子がオークションに出てた話。
そして、ガイナックスの取締役がmixiで暴言はいて辞任した話。
BBSへの誹謗中傷の書き込みに、対策を怠ったとして訴訟を起こされた管理人とか。

どうも、「相手不在のコミュニケーション場面」で、
こういったモラルの低下が加速しているような気がします。
国会での私語の件にしても、
法律の対象となる一般国民は目の前にいないわけだし、
ネットの世界ではなおさらです。

自分が「いま」対峙している相手が、どんな人物なのかわからないとき、
その相手の立場や気持ちになるというのは、とても難しいですよね。
人間は、コミュニケーションをとりながら進化してきた動物で、
相手の表情や声色から今の気持ちや感情を読み取ることにはとても長けているらしいです。
言葉の使用はそれよりもっと後になりますから、
進化的に見ても、現在の私たちにとって「非言語」部分のコミュニケーションって、
とても重要だと思うんです。

相手がリアルだろうがテレビ画面の中にいようが、
目に見えるところにいる場合、ほとんど無意識に人間は相手のまねをします。
ドラマの中の人物が哀しそうにしているとこっちも哀しい顔になるし、
楽しそうだと、こっちもいつの間にか笑っています。
人間の脳には「ミラーニューロン」というのがあって、
実際に自分は行動を起こしてなくても、同じニューロンが反応することがわかっています。
そんな風にして、
相手の行動を自分の行動として置き換えながら、
相手の立場や気持ちを考えて、人間は行動するわけです。

だから、
相手の顔が見えないPC画面を目の前にして、
オンラインでコミュニケーションしている(であろう)相手の立場になって考えろ、
と言っても、これはなかなか難しいことなのかもしれません。
コミュニケーション相手の気持ちを害したり、迷惑をかけたとしても、
それを感じる相手の声も、表情もわからない世界ですから・・・

でも、だからこそもっとモラルを考えなければならないと思うんです。
日常生活でのモラルは直感的に持つことができますが、
ネットの世界では、表現の唯一の手段である「言語」を通して考えないと、と思います。
対面以上に言葉を選んだり、
自分が書き込んだ言葉たちが人に与える影響を想像しながらやりとりしないと。
もちろん、全ての人に気に入ってもらえる言葉は使えないかもしれないけど、
少なくとも、「場」を乱すような行為をしたくないし、されたくないですよね。

目の前にあるのは立った一台のパソコンで、たった一つの画面ですが、
そこを見ている人は、対面と比較できないくらい大勢いるわけですから。

代議士の私語も、赤星選手の車椅子も、
ちょっと想像力を広げれば、いかにモラルに反するかわかるのにね。
どんどん広がる「相手不在のコミュニケーション」、
人間の知性は、まだまだ追いついていないんですね。
[PR]
by nasuka99 | 2007-04-30 09:15 | psychology
大山の見える河川敷にて。

f0007926_15193270.jpg


今回は、結構大きな大会だったようです。参加チームも多かったし。
こういうのって、大抵日曜日にあるから、私は観に行ったことがないんですが、
今日はGW中日で、おそらく来店客も少ないだろう・・・と思い、ちょっとだけ観戦。
小6の甥っ子は、今年でチームも最後だし。

先発で登板したんですが・・・

f0007926_15222559.jpg


なんだかフォアボールばっかり(^_^;)

f0007926_15225038.jpg


押し出しで2点取られたりして(爆)
途中でエースピッチャーと交代して、持ち場のショートに収まっていました(笑)
まぁ、よく投げたぞ!

f0007926_15235855.jpg


こういう大会って、制限時間が決まってて、何回だろうが1時間半でタイムリミットなんです。
要領が悪いと、3回くらいで時間が来ちゃう。
甥っ子の試合も、4回でタイムオーバー。
取ったり取られたりの同点だったので、プレイオフです。
1回ずつ満塁の状態からはじめ、点を多く取ったほうが勝ちのサドンデス(笑)。
結局、サドンデス4-5で、負けてしまいました(^_^;)

でも、ま、よく投げてたしそれなりに打ってたし、
本日は80点くらいの出来でしょうか(笑)

甥っ子のバッティングはコチラ↓


[PR]
by nasuka99 | 2007-04-29 15:30 | photo
キャンプにはいい季節になりましたからねぇ・・・

f0007926_22181813.jpg


でも、ココって・・・

f0007926_22191357.jpg


お寺なんですよねぇ・・・(^_^;)

f0007926_22193396.jpg


小3の甥っ子が、どうしても欲しい!!とねだって買ってもらったらしい・・・
先日、3歳の姪を送って来たら、
真っ暗なテントの中で、懐中電灯点けてスパゲッティ食べてる双子っちを発見(笑)
子どもって、穴ぐら好きですからねぇ。
夕食も変わった所でとると、食が進むのかも・・・(^_^;)
[PR]
一足早い端午の節句の贈り物♪

f0007926_1830274.jpg


越後名物といえば、あの方かな~~??みたいな(笑)
早速ひとついただきました。
甘すぎず、しっとりしたつぶあんが、草もちの香りとよく合ってて絶品でした~~♪♪

故郷の名物を、
遠く離れた友人に味わってもらうのって、私も大好き。
でも・・・こっちの名物ってなんだろう・・・???

鬼太郎グッズ
どじょう掬いまんじゅう
ふろしきまんじゅう
打吹公園だんご
白ネギ
・・・・・う~むα~ (ー.ー")
やっぱり、二十世紀梨??
マニアックなものだと、木の根まんじゅうとか天女のわすれもの・・・とか(笑)
意外とおいしい豆腐ちくわなどもいいかもです。

アナタは何がいいですか??
(回答してくれても送ってあげないかも/爆)
[PR]
ってことで、
昨日出張で大阪まで出かけたので、行ってきました。

「うまい屋」さん

f0007926_12424124.jpg


地下鉄谷町線か堺筋線に乗って、天神橋筋6丁目で下車、
13番出口を上がって高速道路方面に歩いてすぐ、
「天五中崎商店街」を入ってすぐのところにあります。
2時ごろだったのですが、次々とお客さんが訪れていました。

f0007926_1245214.jpg


生地にしっかり味がついているので、そのままでもおいしくいただけます。

f0007926_1245556.jpg


ガッテンでやってた通り、外はサクッとしてて、中には空洞がありました。
そんなにトロっとしてる感じはなかったので、
ガイジンが食べても生焼けだとは思わないかも(笑)
生地もタコもコシがあっておいしかったです。

ソースをかけてもグッド。

f0007926_12474422.jpg


大阪は、どこに行ってもたこ焼きはおいしいんでしょうなぁ・・・
[PR]
読めんぞ!(爆)

毎年この時期になると咲いてるよなぁ・・・
と思いつつ、裏庭の、茫々に生えてる竹の陰に行ってみると、
咲いてました咲いてました!

シャガ

f0007926_2043263.jpg


アヤメの仲間で、暗くてじめじめしたところが好きなようです。
ワタクシみたいに控えめな花??

今日は、いい香りをさせてる藤も見つけました。
ちょっと車を走らせると、藤で有名なお寺があるんですが、
何といっても藤ってそれに群がるハチがすごくて(^_^;)
クマンバチがブンブンうなってますからねぇ・・・
害はなくても、やっぱ近寄れません。
遠巻きに見てる感じですかね(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2007-04-24 20:07 | photo
いつぞや新聞で見つけた言葉、「半農半X(エックス)」。
「LOHAS」よりはわかりやすい言葉ですね(笑)
新聞の記事では、ある女性アーティストの「半農半X」暮しを紹介していました。

本職にあたる部分が"X"なんですかね??
生活の半分農業をして、あとの半分で自分の得意分野の仕事をする。
なかなか粋な生き方だと思います。

先日も、クロ現で特集していましたが、
環境にいいと言う「バイオエタノール」の原料になるトウモロコシなどの値段が高騰して、
しかも、原料用の遺伝子組み換え作物に切り替える農家も多いようで、
今後の食糧需給への影響が懸念されるとのことでした。
何事も合理性を求めるアメリカ式大規模農場では、
「売れる」と踏んだバイオエタノール原料への参入が相次いでいるそうです。

こうなってくると、自分で食べる分は自分で作ったほうが安心だし、安上がりじゃない??
なんて思ってしまいますよね。
とりあえず、金銀パールで着飾らなくても、食べ物さえあれば生きて行けるわけだし。
日本は大きな食糧輸入国でもありますが、
周りを見ると、手入れをされていない農地が山ほどあります。
ああいうところをうまく使って、輸入に頼らず安全な食生活が出来ないかなぁ・・・
なんて考えてしまいます。
そのひとつの方法として、「半農半X」というのはいい試みかも。

確かに、一日中PCの前に座って、株のレート見ながら売買してれば楽して儲かるかもしれない。
でも、いくら儲かるって言われても、私にはあんな生活はできません(^_^;)
体動かしていた方が気持ちいいし、ストレスも解消できるし、
自然の中にいると、毎日色々な変化も感じられて楽しいし。
豊かな食材と、適度な便利さと、一緒に人生を楽しむ家族や仲間の笑顔があれば、
お金なんてたっぷりなくても幸せだよねぇ~~(笑)

行政が行う地域の活性化って、
一点に補助金出す、みたいなのが多いですよね。
商店街の屋根や看板を直したり、農地を買い上げて巨大スーパーを誘致したり。
でも、田舎であるほど本当に必要なのは、ヨコのつながりです。
地域の中で、お金が循環しないとね。
農家が作ったものを地域の商店が商品化したり売ったり、
そういう連携を作るためにもっと補助金使えばいいのに。
半農半Xで暮らしても、充分生活が成り立つようなら、
きっと田舎であるほど暮らしやすくなって、人も集まるだろうし。

そんなことを考えると、この単語、これからもっと注目されるかもですよ。
こういうのって「スピリチュアル」と同一化しやすいからちょっと注意が必要だと思うけど(笑)、
あくまでも現実的に、現代を生き抜いて、そして次の世代が豊かに暮らせるように、
そんな生活のキーワードになって欲しいですね。

塩見直樹さんホームページに結構詳しく書いてあります。
[PR]
by nasuka99 | 2007-04-23 17:09 | curiosity
先日松江を通りかかったとき、
松江城の周りに中学生と思しき子どもたちがたむろしてました。
どうやら修学旅行のようです。
数名ずつグループを作って、エクスカージョン形式で散策するらしいですね。
事前に近場でグループ行動の練習をしたりもするんだとか。
私たちの頃と、ずいぶんおもむきが変わったようです。

昨日お見えになったお客さまの一人が中学校の先生で、
今日から修学旅行の引率で関西に出かけるんだとおっしゃってました。
USJにも行くのかな??
市内の他の中学校は、沖縄に行くところや、東京ってところもあるようです。
東京コースではTDLに行ったあと、遊覧船やらなにやら、超豪華なオプションを選べるようで。
修学旅行費用の積み立ても、結構な金額なんでしょうなぁ・・・(^_^;)

小学6年の甥も、来月修学旅行で広島に行くようです。
帰りにチボリ公園に寄るんだとか。
近頃は、お子さまが楽しめるようなツアーも準備してあるんですね。

私たちの時は、小学校が岡山、中学校では九州に行きました。
小学校の時には、特急列車に乗る練習なんてのも事前にありましたが(笑)、
岡山で行ったのは、後楽園と池田動物園。
どちらもほとんど記憶ナシ(^_^;)
昨年小学校以来始めて後楽園を訪れましたが、
ありゃ小学生には面白くないわ(爆)
九州は長崎と熊本でしたかねぇ・・・
草千里が馬の糞だらけで、「クソ千里だ~~!」と叫んだことを覚えています。
平和記念公園の平和記念像の前で、集合写真を撮ったなぁ・・・
グラバー邸にも行ったような・・・
意外と覚えていないもんですね(^_^;)

高校のときは修学旅行ってなかったんですが、
海外に行く学校などもあるようで。
私は、団体行動キライなので、修学旅行って若干苦痛でしたねぇ・・・

今の時期、観光地は修学旅行生でいっぱいでしょうから、
メジャーなところは避けて通りたいような気もします(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2007-04-22 12:57 | curiosity
どうだんツツジも満開!・・・ってか、もう終わりのようで(^_^;)

f0007926_1046315.jpg


あちこちで、今度はオオヤマツツジがチラホラ咲いています。

春になると、いつの間にか咲いているハナニラ。

f0007926_10492936.jpg


手入れをしているわけじゃないのに、毎年ちゃんと咲いてくれます。

私も、花の名前はほとんど知らないんですが(^_^;)、
こちらの「季節の花300」というサイトでよく検索させていただいてます。
季節ごと、色ごと、特徴ごとにインデックスがあるので、とてもわかりやすいです。
名前がわかると、花を探すのも楽しくなりますよね♪
[PR]
by nasuka99 | 2007-04-22 10:52 | photo
先日の「ためしてガッテン」がたこ焼き特集で、
見てたらとてつもなく食べたくなった・・・

たこ焼きとかお好み焼きとか焼きそばとかのソース味、
何故だか無性に食べたくなる瞬間ってありません??
友人が妊娠してたとき、
あのソース味がたまらなく食べたい!!と叫んでましたが、
ヒトの食欲を刺激してたまらないアミノ酸がたっぷり含まれているのでしょうか・・・

たこ焼きといえば本場大阪、
その辺のモノとは全然違うそうです。
関西出身の友人が、こっちでたこ焼き食べて、
「こんなのたこ焼きじゃねぇ~~!!!」と怒っていましたが、
ガッテンを見てたらその友人の言ってた通り。
大阪のたこ焼きは、外はサクサク、中はとろぉ~~り!だそうです。
そのヒミツは、焼くときに皮の中に作られる空洞。
空気を包み込むことによって中に蒸気が溜まり、
そのために程よい「糊化(こか)」が起こってとろぉっとするらしい。

そういえば、こっちで売ってるたこ焼きは、
おまんじゅうのように中身がぎっしり詰まってるもんなぁ・・・

ちなみに、
番組中紹介されてた大阪のたこ焼きの鉄人のお店は
おそらく一軒はこちらだと思います。
今度出張で行ったら是非立ち寄ってみなくてはっっっ!!!

ところで、
大阪出身の女性は、
嫁入り道具にたこ焼き器を持っていくって、本当ですか??
[PR]