カテゴリ:hobby( 46 )

f0007926_13285512.jpg

昨年よりも11日遅れて、大山がついに初冠雪!
これから冬支度まっしぐらですね~~
本格的に寒くなってしまう前に、
以前から気になっていた「彼女たち」に出会いに行ってきました。

そう、気になる彼女は、ニホンミツバチです!
f0007926_13283453.jpg

伯耆町に、ニホンミツバチの養蜂をされてる方がいらっしゃると聞き、
早速連絡をとって訪ねてみました。
なんと、いつも私が自転車で散歩するそば畑の近所でした。
もしかして、あのそば畑にも、こちらのミツバチが採蜜に来てたかも。
f0007926_13284440.jpg

ニホンミツバチの巣箱は、このような「重箱式」になってます。
ミツバチたちの巣は、上から下へと延びていくため、
群れが大きくなるとどんどん背が高くなります。
蜜はこの重箱の上の方に貯められるので、上部を切り取って採蜜するということです。

あいにくこの日は朝ぱらぱらと雨が降り寒かったので、
ミツバチたちはあまり活動的ではありませんでした。
f0007926_13282119.jpg

それでも午後近くなると出たり入ったりする子たちも。
ニホンミツバチは、10℃を下回るようになると採蜜活動を停止し、
蓄えたハチミツを使って、越冬準備に入ります。
巣の中でこのような蜂球を作って羽を震わせて発熱し、巣の温度を32℃に保つんだそうです。
f0007926_13280459.jpg

写真ではちょっとキモイかも知れませんが(笑)、実物は波打って、すごくきれいでした。
思わず触りたくなるくらい(笑)
30℃以下になると、女王と幼虫が冬を越せないんだそうです。
それと、15℃以下になるとエサであるハチミツも結晶してしまって食べられなくなるため、
やはりある程度高温を保たなければなりません。
集団で発熱して温度を上げ、越冬する昆虫はミツバチだけだそうですよ。
スズメバチは、女王は越冬しますが、ハタラキバチやオスバチは全部死んでしまいます。

私も、ニホンミツバチを間近でじっくり見たのは初めてでしたが、
言われてみれば、時々店の中に迷い込んでくるちょっとハエに似た昆虫がそうだったのかも。
小さいし、黄色くないのでミツバチだとは思わなかったのですが、
案外、目にしてるのかも知れません。
私たちが普通に「ミツバチ」として認識してるのは西洋ミツバチです。
黄色と黒の縞々がはっきりしてるいかにもミツバチハッチ、みたいな(笑)
で、今、絶滅が危惧されてるのも西洋ミツバチ。
ミツバチは、農産物や果物の受粉に欠かせない昆虫ですが、
オーストラリアなどでの群れの減少はかなり深刻なんだとか。
ミツバチは「環境指標動物」ということで、農薬や除草剤にとても弱く、
周囲の環境に敏感に反応します。
ミツバチが平和に暮らせる環境が、人間にとっても豊かであることの指標になるんです。

ハチミツを大量に集めてくるのは西洋ミツバチでプロの養蜂向きですが、
私が興味があるのはニホンミツバチで、
なんと、彼女たちは「言葉」を持つらしいです。
お互いに会話して相談しながら色々と決めてるらしく、
巣の居心地が悪かったりすると、申し合わせて一斉に逃亡したりするみたい(笑)
で、養蜂家の間では、「逃げるから飼いにくい」ってことになってるようですが、
西洋ミツバチとは違い、ダニやスズメバチにも強いので、
逆に素人には飼いやすいかも。
話を聞きに行った養蜂家の方がおっしゃってましたが、
慣れると手に乗って来るし、
スズメバチが襲ってきたりしたら助けを求めに人間の所まで飛んでくるらしいです。
賢いですよねぇ~~

で、今回の訪問では、ほとんど市場には出ないニホンミツバチのハチミツを分けていただきました。
f0007926_13271217.jpg

味見してみましたが、サラッとしてるけど味が濃くて臭みもなく、
スッキリとした酸味もあったりして、すごくおいしかったです。
市販のハチミツ(と言っても、安いのは半分くらいが水飴らしい)とは大違い!
ニホンミツバチは色々な花の蜜を集めてくるので、「百花蜜」と呼ばれてるらしいですよ。
こちらが絞る前のスミツ。
f0007926_13272527.jpg

このまま食べてみましたが、こちらも濃くておいしい~~♪
とても高くて、ひとかけ3000円くらいする代物らしいです。

飼うためには、
西洋ミツバチは普通に売ってるので、買って手に入れることができますが、
ニホンミツバチは自分で捕獲しなくてはなりません(笑)
越冬を終えて春になると、
古い女王と、巣の中で生まれた新しい女王たちが群れを連れて巣立ちます。
これを「分蜂」と言いますが、この群れを見つけて巣箱に取り込む作業が必要になります。
いつぞや京都の信号機に分蜂群がとりついて騒ぎになり、駆除されたという報道がありましたが、
分蜂中の群れは大変おとなしく、手を突っ込んでも刺すことはない安全な集団です。
知識がないと駆除に走ってしまうことになりますが、
養蜂家にとっては宝物です。
もしも、春になってこのような蜂の群れを見つけたら、
是非ご一報ください!
カワイイみつばちを、無駄に殺すのは止めましょう~~~

伯耆町の田んぼでも農薬が使われているそうで、
散布時期には、こちらの養蜂家さんのハチもずいぶん死滅してしまったそうです。
ハチに悪いものが、人間にいいはずはないので、
知恵を絞って無農薬、低農薬にシフトしていくことも大切ですよね。
私たち消費者が、そういった商品を積極的に買うことが重要ですね。
奇しくも産地やブランド偽造が続出している昨今、
生産者と消費者の「顔の見える」つながりが必要になって来てるのかも知れません。

というわけで、春からナンチャッテ養蜂家になっちゃうかも・・・???
とりあえず、お庭の手入れをしなければ(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2013-11-14 14:40 | hobby
まんが王国とっとりと、古事記1300年に因んだ企画の一つとして、8月から開催されていた
『建国のレジェンド』スタンプラリー。
私も参戦していたんですが、なんとこのたび、景品が当たった!との連絡が!!??

このスタンプラリー、サイトに示された「聖地」に行って位置情報を送ると、
その場所に因んだ”萌え”神さまが描かれたカードが配信されるという仕組み。
f0007926_13473857.jpg

聖地は県内全土に散らばってるので、
地元の西部地区以外はなかなか行けなかったんですが、
とりあえず、こんな感じに集めました。
f0007926_1350247.jpg

虫食いだらけですね(^_^;)
私の場合、ポタリングの目的地に設定して回ってみたんですが、
なかなか楽しかったです。
神社めぐりは自転車に限りますね(笑)

11月25日までの期間中に、集めたカードの数で確率の変わる抽選もやってまして、
私の手数だと当選確率5倍までいったので、まぁ良しとするか、って感じで終了。
すると、昨日のこと、
なんと「厳正なる抽選の結果当選しました」とのメールが!!!???
まさにハッピーエンドを迎えましたよ~~♪
何が当たったのかはわかりませんが(ハワイだといいんだけどな~~(笑)、
いいクリスマスプレゼントになりそうです。
大山王国の皆さま、ありがとうございました!!

サイトでは、引き続き「ケータイ・スマホDE写真コンテスト」もやってます!
特産品のプレゼントもあるそうなので、
皆さまも是非応募してみてください~~
(携帯端末だけでなく、デジイチとかで撮ったのでもいいそうです。ただし、県内で撮ったものに限る)

GoogleMapで、訪ねた聖地をクリップしてみました
出現した萌え神もメモしてますので、どうぞご覧ください!
[PR]
by nasuka99 | 2012-12-13 14:02 | hobby
今朝は、早朝より部分日食。
しかも日本では広い地域で金環食になるということで、
テレビでもネットでも盛り上がっていました。
山陰地方では、残念ながらリングになった太陽を見ることはできなかったんですが、
それでも、食分91%ということで、かなり深く欠けました。

昨夕の予報では曇りだったので、見れるかどうか心配でしたが、
朝起きたら、なんとすっきりとした晴れ。
こりゃいけるぞ!ということで、某Amazonでゲットしておいた日食グラスをそそくさと準備します。
f0007926_14243310.jpg

このグラスもピンキリで、
こちらは2枚セットで1200円ほどとまぁそこそこなお値段。
中には、事前に色々とクレームのついた商品もありましたからね~
Amazonからも、日食の日が近づいたとき、くれぐれも使用の仕方を間違えないように、
と注意書きメールが届いてました。
目のトラブルには要注意です。

このグラスが届いたとき、早速覗いてみると、ありゃ真っ暗、何も見えない・・・状態。
屋内の蛍光灯くらいじゃ光が入ってこないような作りです。
これで本当に太陽が見れるのか??みたいな感じでしたが、
実際に太陽に向けると、まさに太陽の部分だけが光って見えます。
これくらい濃くないと、網膜に影響が出るんでしょうねぇ・・・
子供の頃は、感光フィルムなどを使ってましたが、アレじゃ全然ダメってことですね(^_^;)

午前6時過ぎ、早速見てみると、既に右上から欠け始めてました。
7時を過ぎると太陽はみるみる三日月状態に。
「すげ~~!」を連発しつつ、日食はクライマックスへ。
太陽が、薄い三日月状態になると、辺りはまるで夕暮れ時。
風も涼しくなったりして、
いやはや、太陽のエネルギーのすごさを思い知らされました。
日食についての科学的知識のない昔の人は、きっとコレ、オソロシかったでしょうねぇ。

写真を撮りたくても、そんな準備もしてないので、
日食グラスに無理やりレンズを当てて撮影したのがコレ。
f0007926_14374100.jpg

スゴイ手ブレ状態ですが、とりあえず、日食記念と言うことで(笑)

次にこのグラスを使うのは・・・2016年??
[PR]
by nasuka99 | 2012-05-21 14:37 | hobby
というわけで、古事記編纂1300年、ゆかりの地がブレイクしつつあるようです。
神話ゆかりの地は、多くは山の中とか人里離れた場所にあるので、
歴史好きの「歴女」と、山登り好きの「山ガール」が合体して「古事記ガール」になる人が増えてるとも(笑)

島根県で神話博が開催されるという話はこのブログでも取り上げましたが、
先日調べたら、こんなサイトもできていました。

神々の国しまね~古事記1300年~スペシャルサイト

サイト内では、神話ゆかりの地なども紹介していますので、
興味のある方はどうぞご覧下さい。

古事記、とりわけスサノオとヤマタノオロチ、オオクニヌシにまつわる神話は、
島根県だけでなく、鳥取県にも点在しています。
これらゆかりの地をつないで、「スサノオロード」と呼んだりするらしいです。

奥出雲の雲南市あたりには、スサノオとオロチ神話にまつわる史跡が多く残っています。
こちらのページによくまとまってますので、どうぞご覧下さい。
私は、密かにこれらの地をたどるポタリングを計画しているのですが、
走行距離が120キロくらいになりそう・・・

そして、鳥取県にはオオクニヌシがらみの史跡が多いような気がします。
代表的な南部町の赤猪神社。
f0007926_11522477.jpg

オオクニヌシが兄たちにだまされ、焼けた岩を落とされて焼死したといわれる地。
まぁ、もちろん蘇るんですけどね。
同じ神話が、伯耆町の赤岩神社にも残っています。
f0007926_11533442.jpg

こちらは、市内にある阿陀萱神社。
f0007926_11543058.jpg

オオクニヌシの妻と娘が、国に帰るときに立ち寄ったとされる地。

神話の足跡をたどるのも楽しいものです。
今年は、古事記巡りのポタリングが増えそうな予感・・・
あちこちでイベントも開催されるようですので、
皆さまも、是非古代のロマンにひたりにお出かけください!
[PR]
by nasuka99 | 2012-02-24 11:56 | hobby
先日訪れた須我神社の夫婦岩のような巨石は、
神様が降りてくる場所である「磐座(いわくら)」として信仰を集めたようです。
f0007926_14354368.jpg

日本人は巨石が大好きですが(庭に置いてあったりするし)、
信仰に基づくメンタリティーがそうさせるのかもしれません(笑)。
f0007926_14385378.jpg

この夫婦岩は、何となく自然岩っぽいですが、
明日香の石舞台古墳や亀石、酒船石などは明らかに人為的だし。
一見自然に見えても、
積まれている岩の下に潜って特定の時間(例えば春分、秋分の日とか)に下から見ると、
太陽が真上に来たときに、一定の形が浮かび上がるようになってたりするものもあるそうです。
そう考えると、
磐座というのは、古代人の天文台、カレンダーのようなものだったのかも。

神さまの来るところには、サカキもある。
f0007926_14474120.jpg


近頃、こういう巨石をパワースポットとして巡るのも流行ってるようですね~~
山陰地方にも、いい岩がたくさんあるので、巡ってみるのも面白いかもですね。
(たいてい登山になりますけどね(^_^;)

パワースポットめぐりといえば、
今年も、因幡伯耆開運八社巡りの手ぬぐいが販売されています。
この手ぬぐいにご朱印をもらいがてら、サイクリングするのも楽しいかも♪
[PR]
by nasuka99 | 2012-01-15 14:52 | hobby
思わぬ大雪のクリスマスも終わり、
いよいよ年末に向けてカウントダウンですね。
ウチは、棚卸しやら大掃除やらで、年末ギリギリまで忙しいので、
このまま、あっという間に新年になりそうです(^_^;)

年末年始は紅白を始め特別番組が多いですが、
NHKBS1で放映されてる「地球テレビ エル・ムンド」でも、
特別な放映があるらしいですよ~~
先般、「男コルナゴひとり旅」のD☆さんからコメントがあった、
「あけまして エル・ムンドまつり」
今まで放映された自転車探検部の旅の模様が、一挙放映されます!
完全愛蔵版ですよ~~
自転車を愛する皆さま、是非ご覧下さい!
[PR]
by nasuka99 | 2011-12-26 16:47 | hobby
本日は、朝から晩まで倉吉でとあるイベントのお手伝いをしていました。
その名も
「おかしの家はあまくない」(笑)
ヘンゼルとグレーテルの物語を軸に、
子どもたちにゲームで楽しんでもらおうと言うワークショップです。
私は、魔女になって子どもたちを脅かすという役どころ(笑)
久々に芝居をして楽しかったですが、
やはりトシですねぇ・・・(^_^;)
1日中ほぼ立ちっぱなしで、さすがにクタクタです(笑)

ところでこのイベント、入場料は500円で、お土産付き!
そのお土産と言うのが、なんとコレなんです!
f0007926_2123017.jpg

なんとホンモノのおかしの家!
このイベントのために特別に作ってもらったものだということです。
f0007926_21241375.jpg

ちょっといいですよねぇ~、コレ!
インテリアにもなりそう・・・(笑)
食べるの、モッタイナイ気がしますよねぇ~~

他のスイーツも売ってましたよ。
f0007926_2125992.jpg


鳥取市で活動するボランティアのお菓子屋さん「工房バクバク」
お菓子も、お昼ご飯のグリーンカレーもすごくおいしかったですよ♪
[PR]
by nasuka99 | 2011-11-27 21:29 | hobby
今朝は出勤前に、富益のみんぱた農園に行って来ました。
f0007926_954815.jpg

5月の半ばに苗を植えて、近頃は余計な芽を摘む「芽かき」というのを行っているそうです。
おいしいトマトを食べるためには、日頃の手入れも重要なんですね~~

こちらがトマトの花。
f0007926_9543079.jpg

なんと黄色なんですね!
トマトの実は赤いので、赤い花が咲くのだとばかり思っていました世間シラズです(^_^;)
既に生ってるものもありましたよ~~
f0007926_9563383.jpg


トマト以外にも、茄子が植えてあったり。
f0007926_9571956.jpg

茄子の花はやっぱり紫ですね。わかりやすい(笑)
こちらの花は何だと思います??
f0007926_958493.jpg


正解はコレ!
f0007926_9582669.jpg

なんと小さくてカワイイ実!
でも、立派にピーマンに見えますよね~~
豆の花も咲いていました!
f0007926_9591224.jpg


畑は花盛りですね~~
お弁当持って、花見をしたい気分です(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2011-06-09 09:59 | hobby
米子のNPO主催の休耕地プロジェクト、「みんなで畑」ですが、
本日、いよいよ野菜の定植作業が行われます。
私は仕事があるので参加できないんですが、
早朝、ちょっとだけ様子を見に行ってきました。

弓ヶ浜CRを走って富益農園へ。
今朝も北西の風が強くて、すごい向かい風。
弓浜半島にズラッと風車を並べたら、さぞ大量に発電できるだろうなぁ・・・(^_^;)

先月の半ばに耕された畑です。
f0007926_10344884.jpg

わかるでしょうか??
草が生えてるところと生えてないところがありますよね。
雑草のない部分が、前回土を起こして肥料と石灰を撒いた場所だそうです。
どうしてこちら側は雑草が生えないんだろう??不思議~~

8時を過ぎた辺りから続々メンバーの皆さんが集まって来られ、
講師から作業の手順の説明が始まります。
f0007926_10371361.jpg

写真の右側にあるのがお手本。
土起こしをしたところにビニールを被せ、ポールを立てて苗を植えるんだそうです。
説明が終わると、早速作業開始。
f0007926_10391624.jpg


それなりに広い土地なんですが、
さすがに20名の手にかかるとあっという間に耕されてしまいます。
f0007926_104097.jpg

10分ほどで土が起こされました!
f0007926_10404967.jpg


というところで、私はタイムリミット。
この後、トマトの苗が植えられるんですよね~~

畑作業も、人数がいると早いし楽しいですね。
このプロジェクト、次の収穫の時は「畑でコスプレ!」しようじゃないか!
・・・な~んて話も出てますが・・・(^_^;)
楽しく作業して、休耕地が減り、おいしい野菜が食べられるのは一石三鳥くらいですね!(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2011-05-14 10:38 | hobby
別に私がスタッフ等をしているわけではないんですが、
面白そうなイベントを紹介していただきましたので、
番宣ボランティアです。

全国・鏝絵なまこ壁サミット in とっとり2010

11月6日(土)・7日(日)の二日間、倉吉未来中心で開催されます。
7日は、鏝絵なまこ壁を巡るバスツアーもあるようです(申し込み必要)
こういうところから鳥取を再発見してみるのもいいかも!

より詳細な情報はこちらでも。
[PR]
by nasuka99 | 2010-10-25 18:29 | hobby