2008年 02月 07日 ( 2 )

ってことで、
「餃子手作り器」に注文が殺到しているようです。

具と皮を入れて箱の扉部分を閉めると餃子の形になるんでしょうか・・・
初めて見ました(笑)

捨てる神あれば拾う神も・・・
この会社の株を買っとけばよかったかな(笑)
ほんっと、商売って何がチャンスになるのかわかりましぇ~ん。
[PR]
昨日から風邪声だった母親が、ついに熱が出たと言って寝込んでしまいました。
こちらでは、今シーズンはまだインフルエンザの流行がありませんが、
お隣の市では学校閉鎖も出たようなので、そろそろかなぁ・・・という感じです。
全く、受験シーズンに合わせたように流行りますからね。
外国みたいに秋の入学にすればいいのに・・・などと時々思いますが・・・
(かく言うワタクシも、大学受験のとき風邪ひいて鼻水じゅるじゅるで試験受けました)

今日もそぼそぼみぞれのような雪のようなものが降ってるし、
休日もお天気が悪くて自転車にも乗れないので、
近頃の読書量がすごいワタクシです。
鹿男、J・ディーヴァーのミステリ4冊、新書数冊を片っ端から読破。
中でも、期待が高かったのがこちら、

エピデミック 川端裕人 著 (角川書店 1900円)
f0007926_15523715.jpg


東京近郊の港町で発生した謎の集団感染。
その原因を突き止めるために、疫学のプロフェッショナルたちが派遣される
と言うような内容です(フィクションです)。
謎の殺人ウイルスに挑む話では、リチャード・プレストンの「ホット・ゾーン」もかなり面白くて、
一気に読んだのを覚えています。
しかも、ノンフィクションだというところがコワイ。
ウィルスは人類を進化させて来ましたが、それを滅ぼす力を持ったものでもあるわけです。

先日、NHKでも新型インフルエンザのパンデミックを描いたドラマがやってましたが、
マジコワイっすねぇ・・・
新型インフルエンザでは、推定60万人が犠牲になるらしい・・・
しかも、免疫力の強い若い世代が危ないそうです。
その理由は、この本にも書いてありましたが、
わたしゃとても逃れられそうもない・・・(ーー;)

あまり神経質にならなくてもいいとは思うんですが、
万が一新型の流行が起こったときに、どこの病院で治療してもらえるのか、
どんな予防をしたらいいのか、というような知識はあった方がいいかもしれません。
ちなみに、病院関係者に聞いたところ、
今のところ、こちら地域では境港にある総合病院1軒でしか対処できないそうです。

とりあえず、手洗いうがいを習慣にしておかないといけませんね。
皆さんも、風邪にはくれぐれもお気をつけて・・・

ところで、
さっき見たらこの本、Amazonでも楽天でも売り切れ状態でした。
私はタイミングよく楽天で頼んで手に入れましたが・・・
今の時代の関心とマッチしてるのかもしれませんな。
筆者のブログはこちら
[PR]
by nasuka99 | 2008-02-07 16:05 | books