伯耆サイクリングロード

私の活動拠点である鳥取県は、
西と東で「伯耆」(ほうき)と「因幡」(いなば)という地方に分かれます。
私は伯耆地方に住んでいますが、
地元の山「大山(だいせん)」を、「伯耆富士」と呼ぶのはこのため。
大黒さま(大国主命)で有名な「因幡の白うさぎ」は、故に東側の因幡地方の伝説です。
鳥取市付近には「因幡自転車道」もあるので、いつかは走ってみたいです。

とはいうものの、この「伯耆自転車道」まではウチから車で1時間ほどかかります。
ガソリン代が高騰している昨今はキツイわぁ~~(^_^;)

倉吉市の中心部は、件の無料レンタサイクルステーションや、
昔の町並みが保存してある地区があり、ぶらぶら歩くのもまた一興。
レンタサイクルステーションには、こんな可愛い道案内版がありました。
f0007926_16383020.jpg


伯耆自転車道の南側の終点はこの「ロードステーションかみおがも」
f0007926_16405933.jpg

1985年に廃止されたJR倉吉線の上小鴨駅だったところらしいです。
倉吉線は、この後関金町まで走っていたんだとか。
そして、関金町を走る国道313号線を、山に向かって更に20キロ程度走ると、
私のお気に入り、「蒜山サイクリングロード」に到達します。
でも、もちろん自走はしません(笑)

昨日のコメントに、koroさんがお書きのように、
ガソリン代、どんどん高くなりますね~
まさに天井知らず・・・
先日も取引先の営業の人と話してたんですが、
リッター300円までは上がるんじゃないだろうかと。
そうなれば、公共交通が不便な地方では、
マジで通勤は自転車で、って人が増えるでしょうなぁ・・・
こういう自転車道をちゃんとつなげて、きっちり周回できるようにして欲しいものです。

伯耆自転車道はこんな感じ。
f0007926_16512436.jpg


車道を通るのは危なっかしいし、
歩行者と一緒だとこれまた危険。
ヨーロッパみたいに、自転車専用の区分けが欲しいですね。
自転車ユーザーが増えてくれば、そいういう願いも叶うかも・・・

大規模自転車道の紹介はコチラ
[PR]
by nasuka99 | 2008-07-02 16:53 | bike