「ほっ」と。キャンペーン

ルーペつき方位磁石

鳥取県西部地区は、
どこに行っても大山が見えるので、
方向を見失うことはめったにありません。
私が大学時代を過ごした京都も、
比叡山を目印にすれば、自分がどこにいるのかすぐにわかります。
また、神戸も、背後に六甲山を控えているので、
すごく方向がわかりやすい。

ところが、東京と大阪はそういうわけにはいかないんですよねぇ・・・
大阪にはよく行くんですが、
それこそ「イタチの道」、いつも通る道しかわかりません。
地下鉄に乗って出口を誤ると、
「ココはどこ??ワタシはダレ??」状態(^_^;)
日本橋で全く方角がわからず、
結局もう一度地下鉄に入り直した記憶も(笑)

東京も、周りはビルばっかりで見通しが利かず、
全く方向がわかりません。
地元の人間ではないので、通りの名前を見てもどこに続くやらさっぱりです。
(その点京都は"あねさんろっかくたこにしき"とわかりやすい)

というわけで、散策には力強い見方!
方位磁石をげっとぉ~~!!!

f0007926_2158210.jpg


アルペンで物色したんですが、
方位磁石って結構高いですねぇ。
時計のリストバンドにつけるタイプのがよかったんですが、
あいにく私の時計はベルトで止めるタイプじゃないからボツ。
でもね、コレ、ホラ、ルーペつき!
野宿するとき火も起こせそうですよ~~♪
くるくる回しても、必ず同じj方向を指すので感動してます~~♪♪
[PR]
by nasuka99 | 2007-09-18 22:03 | trip