明日からツール・ド・フランス

f0007926_10452553.jpg

国内外で開催されている自転車ロードレースも最高潮、
先月末からジロ、ドーフィネ、スイスとビッグレースが続いて、
明日からはいよいよツール・ド・フランスがスタート。
ホント、1年って早いですなぁ・・・(そこかよ)
ロードレースの醍醐味は、
200キロ近くある道中をのどかに(と言っても時速40キロくらいは出てるんだけど)走る集団と、
周りに広がるヨーロッパのすばらしい景色を楽しめること、
そして、険しく長いヒルクライムや、ゴール前で見せる選手の駆け引きの面白さです。
今年は、コンタドールがドーピング違反で出場禁止になってるのと、
アンディ・シュレクがドーフィネでの落車による骨折で欠場ということで、
この2人の闘いが見られないのはなんとなく物足りないですが、
カンチェラーラさまが復活したし、
ジロでがんばったカヴェンディッシュと、ウィギンズのエース争いも面白いかも。

200キロ近く走った後で、
激坂を猛スピードでアタックするプロ選手の体力と持久力にはいつも驚かされますが、
上記のコンタドールの件でもあるように、
自転車レース業界は、特にドーピング問題が深刻でもあります。
先般も、ツール7連勝して2年ほど前に引退し、トライアスロンに転向したランス・アームストロングが、
ドーピング問題で告発されてたばかりです。
ランス本人は、「500回以上ドーピング検査を受けてるが、一度もクロとは言われてない」
というような反論を発表してたと思いますが、
ツールで連勝してたときの、
落車した後でも前方の選手をぶっちぎって優勝するような驚異的な走りを見てると、
オマエ絶対何かやってるだろう!とツッコミ入れたくなりますよね(笑)

スポーツとドーピングは切っても切れないらしく、
個人的には、相当な選手が何かを使ってると思うんですが、
(使わないと勝てないんだろうし)
要は、検査でバレるかバレないかという点が肝心なんだと思います。
どんどん新しいドラッグが開発されているようだし、検査薬とのまさにイタチゴッコです。
検査の精度は、上げれば上げるほどシロの人をクロだと誤まって判定しやすくなりますし、
大会関係者が最も恐れるのが、
ある程度名前の知れた選手をクロだと誤認することだそうです。
まぁ、確率的にそういうことはめったにないと思いますが、
そういう弱みと言うか、人情につけこんで、選手達は検査逃れをしているという話も。
件のコンタドールも、検査で引っかかったとき「豚肉についてた物質が体に入ったんだ」
と言い訳してたし、
他の選手も、やれ風邪薬に入ってたとか輸入食品に混ざってたとか、
故意に摂取したのではないと言うことをアピールしようとします。
でも、検査でクロと「出た」のだから、これらの事例は誤認ではなく、正しい判定だったわけですよね。
スポーツは健全なものと思いたいですが、
名声や生活がかかってる選手達にしてみたら、
ドーピングしてでも勝ちたいと考えるんでしょうかねぇ・・・

こうなったらいっそドーピングOKにして、皆で使った上で競争すれば??なんて思ったり(笑)
いくらドラッグを使ったって、人間の運動能力には限界ってもんがあるんだろうし、
使う使わないを自由にすれば、個人の選択だから後腐れもないんじゃない??
と、思いたいところですが、
問題は、ドラッグが人間の健康を蝕んでしまうというところですよね。

自転車レースや水泳などのように、持久力が必要な競技には、
テストステロンのような筋肉増強剤よりも、
赤血球を増やして酸素のめぐりをよくするような貧血薬系のものが使われるようです。
(自己血輸血なんてものもあるらしい)
もともと身体の中にある受容体を活性化させるために見つかりにくいんだとか。
(高所に住んでる人などは、遺伝的な要素もあるしね)
ただ、こういうドラッグを常用すると血圧が上昇することによって、心不全傾向が強まるとのこと。
常用者の中には、寝ている間に心拍が落ちてしまうので、
夜中にローラー台に飛び乗って自転車を漕いでる人もいるらしい・・・
今年の春にもありましたが、
オリンピックで金メダルをとるような選手が、心不全で亡くなる話をききますよね。
でも、その若さで、健康管理もしてるのに、心不全??って思うと、
やっぱり、何かの薬の影響かも・・・と(高地練習の影響だと言ってるようですけどね)。

ただ、自転車にしても、長い期間、長い距離をほぼ毎日走り続けるわけですから、
ドーピングしないと身体がついていかない、というのもあるかも。
(私達がリポD飲むみたいに)
だけど、人生は自転車だけじゃないんだから、
選手の皆さんには、くれぐれも身体を大事にして欲しいです。

それともう1つ。
ロードレースといえば、自転車上で飲んだり食べたりしたものの処理。
選手は飲み終わったボトルや、補給食の包みを投げ捨てたりしますが、
アレって事後処理どうしてるんだろう??といつも考えちゃいます。
エコなはずの自転車で、ゴミ出すってどうよ、と思うので、
今年のツールでは、その辺りの事情も解説してくれないかな~、と期待してます(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2012-06-29 12:56 | bike