「ほっ」と。キャンペーン

ジテンシャの町・備中高梁

f0007926_14282425.jpg


岡山県の中ほどにある高梁市で、
昨年から、
「ヒルクライムチャレンジシリーズ」という自転車の全国規模の大会が開催されています。
コース上にある一般道を通行止めにして、
プロ選手も参加するという本格的な大会です。
この大会を契機に、
高梁市は、「自転車の町」としての歩みを進めているようです。

↑の写真は、高梁市にあるベンガラで有名な町、吹屋。
4年ほど前に、ミニベロを持って出かけたのですが、
当時は、自転車で走ってるのは私と連れくらいなもんで、
まぁ、その頃は私もヒルクライマーとして目覚めてはいませんでしたので(爆)、
吹屋までの山道を、自転車で登るなんて全く考えられなかったですからね~~
町自体も、自転車を想定したものではもちろんありませんでした。

ところが、
やはりこのような大きな規模の自転車レースを開催しようと思うと、
自然と町中を挙げてそれっぽくしようと言うことになるようです。
現在、高梁市のあちこちに、自転車駐輪用のハンガーや休憩所
ロードマップなどが設置されているということでした。

あまりの山陰のお天気の悪さに、
そろそろ岡山にでも走りに行こうかと思っていたところだったので、
そんなことなら、是非行ってみたい!
というわけで、次の県外遠征は、備中高梁ということになりそうです(笑)
ちなみに、こんなコースを考えてみました。
コース上には、吹屋の町並みのほか、羽山渓の岩石トンネル等、結構見所もありそう。
スタート地点の「ゆらら」には、サイクリングターミナルと、温泉もあるし♪

自転車をまちづくりの要に置いてくれるというのは、
自転車ファンとしては大変嬉しいですね~~
このヒルクライムコースも、距離は15キロほどで、勾配もそんなにきつくないみたいなので、
楽しみながら走れそうです。
鳥取県も、自転車王国を標榜してるらしいですが、
その割には、主な施設に駐輪場もないし、案内看板も作り渋ってるらしいし、
「町を挙げて」って感じはあまりないですよね。

昨年のレースに出た方がブログ等でも書いておられますが、
試走の段階から町は歓迎ムードで、
当日も、多くの方の応援があって、すごく楽しい大会だったということでした。
なんだか楽しそうなので、私も今年は参加してみようかな~、なんて思ったり(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2012-02-16 14:58 | bike