a friend in need...

「まさかの友は真の友」と言いますが、
果たしてコイツは、私の"a friend indeed"になってくれるでしょうか・・・(笑)
f0007926_1685822.jpg

トピーク レースロケットHP・マスターブラスター

「なんじゃコレ??」
と思われた方もあると思いますが(笑)、
実はコレ、携帯用の自転車空気入れなんです。
ロングツーリングに出る場合、
先日みたいに途中でパンクしたとき、街中なら自転車屋さんに持っていけるかもしれませんが、
山の中だと自力で何とかしないといけません。
予備チューブとタイヤレバー、そしてこの空気入れがあれば、
何とかふもとまでは下りれるでしょう・・・(^_^;)

大きさは、これくらい。
f0007926_1685177.jpg

長さは18cmです。
写真上のほうに着いてるフタを開けると、中からホースが延びてきます。
f0007926_1684930.jpg


このホースには弾力性があるので、空気を入れる時は自由が利いていいかも知れません。
先端がバルブにつけるノズル部分ですが、コレ一つで仏式と米式両方に対応します。
f0007926_1684190.jpg

図にあるように、ノズル部分をくるくると回すと・・・
f0007926_1684728.jpg

仏式バルブ用になります。
そして、コレを自転車のバルブに入れ、またくるくる回してネジで固定します。
f0007926_1684551.jpg

外れなくていいですね。

しかし、モンダイは入れやすさです。
小型のポンプは、高圧タイヤだとポンピング回数も多くなるし、力も必要です。
試しに、クロスバイクのチューブに入れてみましたが、
ちょっと重くなってきたな~、と言うところで止めて、40psi(約3bar)くらいでした(^_^;)
ロードのタイヤだと、7barくらいは入れないといけないので、かなり時間がかかりそう・・・

今まで使っていた空気入れとの比較。こちらもトピーク、ミニマスターブラスターです。
f0007926_1684380.jpg


ミニマスターブラスターのほうが、大きい分入れやすいんですが(圧力計も着いてるし)、
26cmくらいあるので、サドルバッグには入りません。
ボトルホルダーに着けてるんですが、自転車を換えた時にいちいち面倒だし。
まぁ、3~4barまでは楽に入ることがわかったので、
ガソリンスタンドくらいまでの緊急避難にはOKでしょう。

使う機会がないのにこしたことはないんですが、
お守り代わりと言うことで(^_^;)
[PR]
by nasuka99 | 2011-09-21 16:31 | bike