こがね色の穂波

f0007926_1214913.jpg


早朝ポタで田園を走ると、
朝露を含んだ稲穂から立ち上がる香りが鼻孔をくすぐります。
私はこの香りが好き♪
遠くまで続く稲穂は、まるで黄金色の波みたいですね~~

既にハサガケが始まってるんですね!
f0007926_1251895.jpg

朝早くから、稲架(はさ、はで)に稲を干す作業をしておられました。
f0007926_1283654.jpg

この稲架も、地方によって色々と呼び名が違うようで。
こちらでは、「ハデ」と呼ぶところが多いようです。
干し方も、色々あって面白いですよね。
稲文化の奥深さを感じます。

いつもは走らない道を通ってみると、「坂中廃寺跡」なんてものがありました。
標識も出ていたので立ち寄ってみました。
f0007926_12103027.jpg

平安時代のものだそうです。
この辺りにも紀氏という豪族がいたそうで、その一族につながるものだとされています。
日野川の豊かな流れに抱かれ、お米も育つよい土地ですから、
その昔はきっと栄えた土地なんでしょうね~~

帰り道、法勝寺川の支流を眺めると、やはり台風12号の爪あとが残っていました。
f0007926_12171142.jpg

日野川の中洲も、生えていた草が削り取られていましたが、
そろそろ新しい植物が伸び始めているようです。
自然の回復力はすごいですね。
[PR]
by nasuka99 | 2011-09-10 12:18 | bike