フロアポンプ選び

自転車の必需品の一つが空気入れ。
空気入れなんて、どこの家庭にでもあるでしょ、
と思ってしまいますが、実は結構奥が深いんですよねぇ。
空気入れのバルブタイプには英式、仏式、米式とあって、
いわゆるママチャリのバルブはほとんど英式、
スポーツ車のタイヤチューブのバルブは仏式になってることが多いです。
ホームセンターの安売りで、500円くらいで売ってるのは大抵英式ポンプなので、
仏式を英式に換えるアダプタか、仏式専用の空気入れが必要になります。

私が最初に買ったクロスバイクは英式バルブだったので問題なかったんですが、
BD-1になってから、仏式が必要になりました。
しばらくは、アダプタを使って英式ポンプで入れていましたが、
やっぱり、英式だとどのくらい入ってるかわからないし、空気圧も低い気がして、
楽天で溜まっていたポイントで、安い仏式対応のポンプをGET。
クロスバイクやミニベロだと、そのBBBのエアブーストでよかったんですが、
なんと、ロードバイクのタイヤのように、
高圧が求められるものには使えないことが判明。
ハンドルに上から飛び乗っても、全然空気が入らないんです(^_^;)

自転車にとって、空気圧の調節はある意味命ですからねぇ。
あまり空気圧が低いと、パンクの原因になりますし。
でも、いい空気入れというのは結構高いんです。
トピークのジョーブローシリーズでも、高圧対応のものは7000円くらいします。
色々と検索して、迷った挙句に購入を決めたのがコレ。

TNI ハイプレッシャーフロアポンプ
f0007926_1350282.jpg


お値段も4000円台で、
その割にはかなり高圧まで対応してるし、評価もなかなかでした。
空気圧を調節できるエアリリースボタンもついてます。
f0007926_13521652.jpg


260psiまで対応。
f0007926_13525295.jpg


そこそこのお値段のフロアポンプでも、対応する圧力は160psiというのが多いです。
私が使っていたBBBのも一応160psiまでメモリがついていますが、
実際入れることが出来るのはせいぜい90psiくらいまで。
クロスやMTBなら十分ですが、
ロードだと100とか120psiくらいは入れないといけません。
スポーツ用品店によく売ってるサーファスのポンプも考えたんですが、
これもMAXが160だったので、もしも入らなかったら損だよなぁ・・・と思い、
最初から高圧対応のにしたわけです。

これが正解。
100psi=7barを超えると、女性の力では体重かけても重くてタイヘンなんですが、
このポンプだと、結構楽です。
一気にたくさん入れるのは無理だけど、少しずつなら楽に入ります。
たかが空気入れ、されど空気入れ。
買うときは、気をつけないといけませんね。
[PR]
by nasuka99 | 2010-05-22 14:15 | bike