「ほっ」と。キャンペーン

虎の子ギア(笑)

先日、上の台の坂を無理やり(爆)登ったのは、
新兵器、虎の子27Tギアを試すためでもありました。

f0007926_954685.jpg


ぴかぴかでしょ(笑)
私が持ってるロードバイクは、
デフォルトでは後スプロケットには12-25Tのギアがセットされています。
その、大きい側のギアを3枚ほど交換して、12-27Tにしたのです。
この2枚の歯数差が、結構大きいらしい。

変速付きの自転車に乗る時は、
このギアチェンジのタイミングと選び方というのが、
その日の走りや体調を決めるキモになったりするんです。
私も、割と重いギアをガンガン踏む方なんですが、
これって初心者のすることで(笑)、
本来は、軽いギアでペダルをクルクル回す方が疲れないし、
有酸素運動にも最適です。
「軽いギアだと運動した気にならないし、
なかなか先に進まないからまどろっこしい」
と言われる方が結構多いんですが、
実は、軽いギアで軽快に走るほうが脂肪は燃えやすいし、体も楽。
足腰を痛めにくいです。

有酸素運動の目安は、
「鼻歌が歌える」程度の心拍数だそうです。
おしゃべりしながら走れるくらいのしんどさがちょうどいいというわけですね。
というわけで、
私も近頃は心を入れ替えて(笑)、
坂道には差し掛かる前にフロントをインナーに入れ、
後ろも早めに軽いギアに入れるよう心がけています。

で、肝心の27Tの威力は・・・???
・・・正直言って、わかりませんでした(^_^;)
だって、坂登るの久しぶりだったし、
しかもあんな激坂初めてだったから、比較のしようがありません(笑)
でも、私でも最後まで登りきったと言うことは(しかもほぼシッティングで)、
やはり27Tがよかったのかも・・・とも思います。

ギア比については、
こちらの丹羽隆志さんのブログでわかりやすく解説されていますので、
どうぞご覧下さい。

で。
何故ここまで坂登り仕様にこだわるかといいますと。
今年の目標は”チャレンジ”ということもありますから、
こんなコースを走ることを考えています。
でも、先日の上の台よりもキビシイ感じです・・・(^_^;)
急な坂でも短ければダンシングで結構楽に克服できますが、
(大山観光道路からシャトー尾高に上がるところの坂のように)
7%くらいで5キロも6キロも続く坂は、はっきり言って気分が萎えます(^_^;)
でも、登り切ったときの達成感と爽快感はまさに「天にも昇る」キモチですよ♪

私と一緒にチャレンジしたい人、是非名乗りをあげてください!(爆)
[PR]
by nasuka99 | 2010-02-26 10:12 | bike