「ほっ」と。キャンペーン

付けた!

懸案だったハンドルバーバッグ。
ついに導入っす。
先般めまいを起こしたとき、前日に、重い一眼レフをナナメ掛けして数時間走ってたので、
もしかして、その疲れも一因になってるのかなぁ・・・と反省しまして。
それでなくても、いくら小さいバックパック(私が常用してるのは10リットル)といえども、
長時間背負ってると結構肩が凝るんです。
でも、ハンドル周りにゴチャゴチャ付けるのイヤだったので、導入を迷ってたんですが、
リクセンのアダプタは割としっくりくるようだし、
先のことも考えて付けることにしました。

こちらがアダプタ。
f0007926_1055618.jpg

ハンドルにしっかり固定するので、
アダプタ自体は簡単に取り外すことは出来ません。
でもまぁ、サイコンもベルもライトも一応納まってるし、
このアダプタひとつで様々なバッグに対応するので(他メーカーのバッグOKの場合もあり)、
使い勝手はいいと思います。
真ん中にある赤いボタンを押すだけで、簡単に着脱できます。
今回は、合わせてバッグを2つ購入しました。

まず、ポタリングのお供用に、RIXEN&KAULのスマイル。

f0007926_9553527.jpg

小径車には定番ですよね。
見かけは小さそうですが、マチも広いし、結構入りそうです。
3.5リットル。
緩衝材も入ってるので、カメラなど、貴重品でも安心して入れられます。
ショルダーベルトつき。

そしてもう一つ。
f0007926_95924100.jpg

同じくRIXEN&KAULのショッパーコンフォートミニです。

私にとって自転車と言うのは、
遊びに行くのとトレーニングに使うのと、
そしてなんと言っても毎日の通勤の足となります。
勤め帰りに夕飯のおかずも買って帰らないといけないわけでして、
今までは、timbuk2のリュックに、パンパンに食材を詰めて背負って走っていたのですが、
さすがにコレも辛い・・・(^_^;)
バイトが始まると、本とか印刷物とかも一緒に持って帰らないといけないし、
せっかくのBD-1がまるでママチャリのようになってしまいますが、
背に腹は換えられないという感じで(笑)

でもまぁ、そんなにカッコ悪くはないでしょ??(笑)
[PR]
by nasuka99 | 2009-04-12 10:16 | bike